SAPサポート期限「2027年問題」への対応

すべてのSAP ERP Central Component(ECC)インスタンスは、2027年末までにSAP S/4HANAに移行することが要求されており、対応を余儀なくされます。
IBM Cloudオファリングには、お客様のワークロード要件に合わせて、ベアメタルから、VMware、仮想プライベートクラウド(VPC)など、SAP認定インフラストラクチャーの幅広いポートフォリオが含まれています。
さらに、IBM Services®やグローバル・パートナー・エコシステムにより提供されるサービス・オファリングによって、"計画"と"移行"から"変革"と"最適化"に至るまでの行程を簡素化することができます。

SAPロゴ

IBM Cloudが選ばれる理由

IBMはSAPに関して46年以上の実績を持つGlobal Platinumパートナーであり、SAPからの受賞が最も多い提携企業の1つです。
SAP認定VMware環境など、多様なポートフォリオ

IBM Cloudはクラウドで最も高いパフォーマンスを誇っており、SAPのベンチマーク・ランキングのトップ5のうち4つを保持して、競合他社を圧倒しています。

IBMは37,000人以上のSAP認定エキスパートへのアクセスを提供し、お客様が変革のどの段階であってもサポートします。

SAP on IBM Cloudの実行

IBMパブリッククラウドは、ビジネス用の最もオープンで安全な、エンタープライズ対応のパブリッククラウドとして設計されています。これにより、グローバル企業がビジネスとそのお客様の進化するニーズに対応するために、クラウドでのビジネス・アプリケーションのモダナイズおよび新規構築が、これまで以上に容易になります。IBM Cloudオファリングには、お客様のワークロード要件に合わせて、ベアメタルから、VMware、仮想プライベートクラウド(VPC)など、SAP認定インフラストラクチャーの幅広いポートフォリオが含まれています。

  • 実動レベルのSAP認定VMware環境を提供する唯一のクラウド
  • 「Keep-your-own-key」(KYOK)セキュリティーによる業界最高レベルのデータ・セキュリティー認証

その他のお客様の成功事例 (英語)

コンピュート、ネットワーク、ストレージ、セキュリティーの各リソースをオンデマンドで割り振ります。

あらゆるワークロードのニーズに対応する多数の実装オプションによって、お客様に安全でスムーズなクラウド体験を提供します。

認証、ネットワーク・セキュリティー、監視のためのツールを使用して、アプリケーション、サービス、インフラストラクチャーにセキュリティーを組み込みます。

ハイブリッドかつオープンなマネージド・クラウド・サービスが、複数のクラウドにわたって安全に提供されます。

中断することなく容量を拡張し、グローバルに展開して、アプリケーションのパフォーマンスを向上させます。

IBM Cloudビジネス・パートナー

IBM Cloudのパートナーのエコシステムを利用して、SAPのエンタープライズ・ワークロードをより速くかつ安全にクラウドに取り込みます。

使ってみる

最も人気の高いIBM Cloudサービスがお客様をお手伝いします。

お客様向けご相談窓口

お客様向けご相談窓口

  • SAP認定モデルのスペックを知りたい?
  • 検証に使える試使用または無償環境はある?

など、お気軽にお問い合わせください。

 

IBM Cloudアカウントについて

  • アカウントの作成方法は?
  • ログインできない

など、よくいただく質問と回答をまとめました。