職種紹介

ISOLには、IT業務全般に従事する「ITスペシャリスト」と、主として開発工程に従事する「アプリケーション・プログラマー(札幌勤務地限定)」の二つの職種があり、求められる役割、ミッション、キャリアパスなどはそれぞれ違います。いずれも高度な専門性を持つプロフェッショナルです。ISOLでは職種別採用を行っていますので、ご自身の希望や適性にあう職種はどちらなのか、理解を深めてください。

ITスペシャリスト

  • アプリケーション開発・保守、インフラ構築・運用、製品開発を行います
  • 要件定義からテスト、運用・保守のフェーズに参画します(提案・計画も一部実施)
  • 日本IBMの技術者と一体となって開発・保守を行います
  • お客様と直接会話をしてニーズをヒアリングすると共に、開発・構築作業全体を管理・推進します
  • 主に全国のお客様サイトで作業します

アプリケーション・プログラマー

  • アプリケーション開発・保守を行います
  • 設計からテスト、運用・保守のフェーズに参画します (要件定義も一部実施)
  • ITスペシャリストと共に開発・保守を行います
  • 札幌開発センターにおいて、プログラムの開発・テストを中心に行います
  • 勤務地限定の職種です(短期出張のケースは有)

研修体系

日本IBMグループでは、グループ共通で新入社員研修を行っています。 ビジネス・パーソンとして必要な共通研修を職種の枠を越えて協同で行い、その後に職 種別の専門性を考慮した研修を行います。 研修形態は「集合研修」、「e-Learning」、「ITツールを活用したバーチャル・クラス」、「合宿研 修」など、それぞれの内容に適した形式で研修を行います。また、全世界のIBM社員と協力して仕事ができるよう、グローバル共通の教材を使用して学習する コースもあります。

ISOL新入社員研修全体図

キャリアパス

ITスペシャリストのキャリアパス

ITスペシャリスト

 まずはITスペシャリストとして現場経験を積んで頂き、その後ご自身のキャリア設計に基づき プロジェクトマネージャー、ITアーキテクト、  ITスペシャリストとして専門性を高めていただきます。

アプリケーション・プログラマーのキャリアパス

アプリケーション・プログラマー

 最初にプロジェクトでアプリケーション開発の経験を積んでいただきます。入社後のキャリア設計を通じてアプリケーション・プログラマーとしての 専門的能力を高めていくことも、さらに専門領域を広げることによってITスペシャリストへ職種を変更することも、ご自身で選択していくことが できます。

ISOLの2つの職種の社員インタビューをご紹介します

ITスペシャリスト

  • 現在の担当
  • これまでのキャリア
  • ISOLの魅力
  • 今後のキャリア

アプリケーション・プログラマー

  • 現在の担当
  • これまでのキャリア
  • ISOLの魅力
  • 今後のキャリア

社員の声

谷本 知砂

「金融×IT」を理念に掲げる会社

吉田 圭太

人のため、社会のために役立つ仕事

中城 有梨

基盤技術を支える仕事ができる

畑中 祥平

積極的にチャレンジできる環境が整っている

ISOLの福利厚生、女性の能力活用への取り組み、ワークライフバランスについてご紹介します

【福利厚生】

社員とその家族がより豊かな生活を送るため、また心身の健康の維持・増進を図るために、さまざまな福利厚生制度を設けています。

■社会保険
厚生年金保険、健康保険、雇用保険、介護保険、労災保険

■財産形成
退職給付制度(「確定拠出年金制度」適用)、財形貯蓄、提携住宅ローン

■不時の際の保障
IBM団体生命保険、出張中の事故保険、特別弔慰金・見舞金

■健康管理
定期健康診断、健康相談、ほか

■日本アイ・ビー・エム健康保険組合
医療給付、健康診断/保健指導/疾病予防、保養施設ほか

■その他
通勤費、クラブ活動補助、慶弔見舞

【女性の能力活用への取り組み】

■女性コミュニティ「Switch!」

ISOLでは女性社員の活躍推進を目的として、2012年に社内に社長直属の女性コミュニティ「Switch!」を立ち上げ、女性社員の活躍を支える様々な活動を展開しています。

これまでに、「育児と仕事の両立」についての情報交換会やワークショップなどを毎年開催するとともに、女性社員が育児休職から復職する際に育児休 職経験のある社員に気軽に相談できる環境づくり(育児メンター制度)や休職から復職までのテンプレートを作成するなどして育児休職社員の職場復帰をサポー トしています。

このほかにも、IBM内外で活躍する女性をゲストに招いたフォーラム開催などを通じて、具体的なキャリア像、ロールモデルの提示を行ってきたほか、女性社員の「キャリア」について考えるワークショップや情報交換会を開催しています。

■多様な働き方の推進

ISOLでは結婚、出産、介護などのライフステージの変化を柔軟にサポートする制度として「在宅勤務制度(eワーク制度)」や「短時間勤務制度」などを導入し、社員のより良いワーク・ライフ・バランスを促進してきました。

長年のこうした取り組みに対して、厚生労働省より「子育てをサポートしている企業」に対して与えられる認定マーク(くるみん)を、2008年、2012年に続いて2015年に3期連続で取得しました。

ISOLは女性社員がより一層活躍できる企業を目指して、さらなる活動を推進しています。

 

【ワーク/ライフ・バランス】

社員が個々の能力を最大限に発揮し、より豊かな生活を実現するには、仕事と生活のバランスをとることが大切です。ISOLでは、勤務場所に柔軟性を認める e-ワーク制度や、結婚、出産、介護などのライフステージの変化を柔軟にサポートするさまざまな制度を通じて、社員のより良いワーク/ライフ・バランスを 促進しています。

■在宅勤務の取り組み 「e-ワーク制度」

e-ワーク制度は、個々の社員がそれぞれの事情により、自宅で勤務を行うことができる制度です。

午後に外出の予定がある日には、午前はe-ワークにして直行するなど、通勤時間などの無駄を省き、場所にとらわれないワーク/ライフ・バランスのとれた効率的な働き方を実現するものです。

自宅からは、高度のセキュリティーを保持し、会社のネットワーク環境に接続し、オフィスにいるのと全く同じ環境で仕事ができます。

<e-ワーク制度の活用例>

・例1(自宅作業)
午後のお客様先ご訪問に備え、プレゼン資料の最終校正を自宅で行う。午後、最寄り駅でチームメンバーと合流しそのままお客様先へ。

・例2(育児)
夕方、帰社途中で子供を保育園に迎えに行き、帰宅してからメールチェックや資料作成を再開。

■ライフステージの変化への対応 「短時間勤務制度」

ライフステージの変化によって、仕事と生活の配分はその時々で微妙に変わってきます。フルに働きたくても働けないとき、あなたならどうしますか? 一度退職して、時期を見てどこかで仕事を探しますか? そのような方法もありますが、せっかく培ってきたキャリアや社内外の人脈、これが途切れるのは非常にもったいないことです。

ISOLでは皆さんのキャリアが途切れないよう、フルに働けないときでも、通常の80%、60%の勤務をすることができます。そしてフルに働ける状況になったとき、再びキャリアを高めることができるのです。

<短時間勤務の活用例>

・例1(育児)
夫婦共働きで2歳の子供は日中は保育所。朝30分、夕方約1時間の時間短縮できる短時間勤務を使って、楽に送り迎えが可能。来年からは両親のサポートが得られるのでフル勤務に復帰の予定。

・例2(介護)
毎週火曜と木曜は親の介護Day。週3日勤務の短時間勤務を使い、一緒に親のリハビリを。最近少し調子が良さそうで嬉しい。

さらに、社員の経験者や社外の専門家から両立の実例やノウハウについて学ぶワーク/ライフ・セミナーも実施しています。

全社編

Q1)ISOLの社風を教えてください

A)社長であっても「さん」づけで呼び合う、風通しの良い社風です。先輩が後輩の面倒をよくみるなど、「和」を大切にする日本企業のよさと、社員の自律や積極性を求める外資系の風土を持ち合わせている会社です。新入社員でも意見を求められ、その意見が登用されることもよくあります。

Q2)ITスペシャリスト、アプリケーション・プログラマー共にコミュニケーション能力が求められます。なぜですか?

A)ISOLのITエンジニアの仕事は、お客様のご要望に即したシステム構築であるため、お客様のご要望を汲み取る「コミュニケーション能力」が必須であり、お客様のご要望を適切に理解し、提案をしていくという「聞く力」「発信する力」の両方が求められます。

Q3)ITスペシャリスト、アプリケーション・プログラマー共に知的好奇心、チャレンジ精神が求められます。なぜですか?

A)変化の激しいIT業界では、新しいことを学び習得していきたいという思い、新しいことにチャレンジしていく気持ちが重要です。一方で、金融システムという社会的インフラに携わるビジネスを行うため、地道に着実に業務をこなしていくという忍耐力も求められます。

Q4)社員のワークライフバランスを推進する施策はありますか?

A)さまざまな施策がありますが、主な制度として、e-work(在宅勤務)制度、短時間勤務制度、育児休職制度、介護休職制度といったものがあり、一部法律を上回る充実した制度を整えています。また、ISOLは厚生労働省の「子育て支援企業」の認定マークである「くるみんマーク」も取得し、制度の存在だけでなく、社員がこれらを活用しているという実績もあります。男性の育児休職取得者もいます。

Q5)ISOLが金融分野以外の会社の仕事をする予定はありますか?

A)今後もこれまでに培ってきた金融分野のシステムスキルおよび業務スキルに一段と磨きをかけ、金融分野のシステム構築に強みのある会社としてお客様のお役に立ちたいと考えています。ただし、数は少ないですが金融分野以外のお客様のシステム開発も保有スキルを発揮できる場合は実施させていただくことがあります。

Q6)海外で仕事をする機会はありますか?

A)中国など海外のIBM開発センターと協業してシステム開発を行う場合は出張することがあります。

Q7)日本IBMグループの会社間の人事異動はありますか?

A)業務上の必要性がある場合、日本IBMとの間の出向はありえます。他のIBMグループ会社との出向は非常に稀です。

ITスペシャリスト編

Q1)文系でプログラミングの経験がまったくないのですが、ITスペシャリストとして仕事はできますか?

A)入社後、ITの基礎を学ぶ研修期間をしっかり設けており、プログラミング経験がまったくない文系の方でも、ITスペシャリストとしての基礎スキルを習得できます。ISOLでは社員一人ひとりのスキルアップがビジネスの成長に欠かせないものであると考えています。さまざまな研修プログラムにより、在籍年数にかかわらず、常にビジネスに必要となる新しいスキルを身につけ続けられるような環境が整っています。

Q2)仕事でどのくらい英語を使う機会がありますか?

A)ISOLのお客様は、日本の金融業界の企業様のため、日常的にビジネスで英語のコミュニケーションを求められることはありません。ですが、外資系企業なので、海外のIBMからのメールは英語、また、システムのマニュアルが英語である場合もあるため、英語にふれる機会は多くあります。英語が苦手な方も、入社後TOEIC600点以上を目指していただきたいと思います。一方、英語が得意な方は、それだけ自分の活躍の場をひろげることができます。

Q3)勤務する場所は、ISOLのオフィスですか?

A)プロジェクトにアサインされると、多くのケースではお客様先のシステムセンターなどで勤務することになります。

Q4)どのようにキャリアアップをしていけるのですか?

A)ISOLでは、システム設計から運用・保守・管理まで、幅広く携わることができます。入社をしたら、まずプログラミングのスキルを身につけ、プロジェクトの中で実務経験をつみながら、たとえば、自分がプロジェクトを管理するPM(Project Manager)の道に進みたいのか、システム設計のプロフェッショナルであるITA(IT Architect)の道に進みたいのか、といったことを上司と相談しながら、自分のキャリアを自分で決めていくことができます。

Q5)ITスペシャリストはリーダーシップを求められます。なぜですか?

A)ISOLでは、オフショア開発センター(海外の開発拠点)の社員や、協力会社の社員と一緒にプロジェクトを行うことが多く、ISOLの社員は、そういった方々を取りまとめる役割を求められます。

アプリケーション・プログラマー編

Q1)文系でプログラミングの経験がまったくないのですが、アプリケーション・プログラマーとして仕事はできますか?

A)アプリケーション・プログラマー向けの新入社員研修では、プログラミングを基礎からしっかり学習するカリキュラムを用意しています。文系でプログラミングの経験のない方でも論理的な思考をお持ちの方であれば、新入社員研修を通じてアプリケーション・プログラマーとしての基礎スキルを習得することが可能です。また、新入社員研修終了後もさまざまな研修プログラムにより、ビジネスに必要となる新しいスキルを身につけられる環境を用意しています。

Q2)仕事でどのくらい英語を使う機会がありますか?

A)ISOLのお客様は、日本の金融業界の企業様のため、日常的にビジネスで英語のコミュニケーションを求められることはありません。ですが、外資系企業なので、海外のIBMからのメールは英語、また、システムのマニュアルが英語である場合もあるため、英語にふれる機会は多くあります。英語が苦手な方も、英語の勉強(特にリーディング)をされることをお勧めします。

Q3)勤務する場所は、ISOLのオフィスですか?

A)札幌にあるISOLのオフィスで勤務していただくことになります。ただし、プロジェクトによっては札幌市内のお客様先のシステムセンターで勤務していただくことがあります。

Q4)どのようにキャリアアップをしていけるのですか?

A)入社後は基礎となるプログラミングスキルをしっかりと身につけていただく必要がありますが、経験を重ねるうちにシステム設計などを担当してもらうことになります。また、担当システムも小規模なものから中規模・大規模なものまでさまざまです。入社10年後には、システム設計からテストまでを独力で実施することができ、10名程度の中規模チームのリーダーを担っていただくことを想定しています。

Q5)ITスペシャリストはリーダーシップを求められますが、アプリケーション・プログラマーにはリーダーシップは求められないのですか?

A)システム開発は個人単独ではなくチームを組み行いますので、チームリーダーやサブリーダーといったチームをまとめ牽引して行く立場の人が必要です。アプリケーション・プログラマーであってもチームをまとめ牽引して行く役割を担う人にはリーダーシップが求められることになります。

Q6)アプリケーション・プログラマーとして入社後、ITスペシャリストにキャリアチェンジすることは出来ますか?

A)可能です。ただし、アプリケーション・プログラマーとして経験を積んだのち社内認定資格の取得が必要となります。また、勤務地限定はアプリケーション・プログラマーにのみ適用されますので、転勤できることが条件です。

Q7)資格取得に対して会社の支援はありますか?

A)はい、資格習得は積極的に支援しています。業務に必要な資格を取得した場合は、受験費用を会社が負担します。また、新入社員の方には、新入社員研修の一環で基本情報技術者試験やOracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格を受験していただいています。もちろん費用は会社が負担します。

ISOL会社概要

金融業界に高度なITサービスを提供

  • 事業内容
  • ISOLの魅力・特徴
  • 活躍してほしい人材像