Watson OpenScaleとは?

Watson OpenScaleは、AIがどのように構築されたか、あるいはどこで実行されているかに関係なく、企業が大規模にAIを操作し、自動化することを可能にします。今年の後半にIBM CloudとIBM Cloud Privateで利用可能となる予定で、AIに信頼性と透明性をもたらし、判定結果を説明し、バイアスを自動的に排除します。

3つの特長

オープンデザイン

一般的なAIツール、フレームワークと統合します。パブリック、プライベート、オンプレミスのどの環境とも統合できます。

信頼性・透明性・説明可能性

AIの判定がどのように行われているかを説明します。また、バイアスを自動的に検出して軽減し、公正で信頼できる結果を生み出します。

AIの自動化

データやワークロードに合わせたAI生成のニューラルネットワークから実行時のバイアスを軽減するデバイアス技術まで、AIアプリケーションのライフサイクルを自動化します。

関連製品

今すぐ使う

IBM Cloudライト・アカウント

これらのAPIを使ったコグニティブ・アプリ構築ができます。組み合わせたり、単体でも活用いただける製品・サービスも記載しています。

その他のAPI/サービス一覧

コグニティブ・アプリケーションを開発するための、機械学習(ディープ・ラーニング)を活用したサービスが準備されています。