API管理とは
IBMのIT管理ソリューションの詳細はこちら AI関連の最新情報の購読
IT管理ソリューションを使用してハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク・サービスを効率的に管理する図
API管理とは

IT管理とは、組織の情報技術システム、すなわちハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなどの監視と管理のことです。

IT管理では、情報システムを効率的に運用する方法に焦点を当てます。同じくらい重要なのは、人が働く環境をよくすることです。

ITを戦略の中心に据える組織が増えています。デジタルの世界では、IT部門に求められることがこれまで以上に増えており、IT部門が再発明の支点となりつつあります。

可観測性に関するエンタープライズ・ガイド

可観測性を備えた取り組みをビジネスで開始するには、当社のガイドをお読みください。

関連コンテンツ

インテリジェントな自動化に関するガイドを読む

IT管理に不可欠な要素

IT環境は、コンピューター、サーバー、ルーター、アプリケーション、マイクロサービス、モバイル・テクノロジーなど、多種多彩なハードウェア、ネットワーク、ソフトウェア・コンポーネントで構成されます。ITインフラストラクチャーは、オンプレミス、クラウド、または両方を統合するハイブリッド・プラットフォーム上に配置できます。

ITマネージャーは、常に利用可能であり、高い信頼性で機能するように、ITシステムを監視および管理します。IT管理には、以下のような責任とタスクが伴います。

  • ITシステムのビジネス要件の決定
  • IT予算およびコストの管理
  • 安全性とコンプライアンスの監視
  • システムおよびネットワーク・セキュリティーの制御
  • 新しいソフトウェア、ハードウェア、データ・システムの導入
  • 技術サポートまたはヘルプデスク・サポートの提供

IT部門は一般的に、最高情報責任者(CIO)によって統率されます。CIOは、ビジネスのIT戦略と目標を決定し、それが確実に実装されるよう努めます。

CIOの多くは、自分たちの役割が今後2~3年で大きく変化すると考えています。期待しているのは、保守と管理から、より価値の高い戦略的な活動に移行することです。「新しいツール、ソリューション、ビジネス・モデルの創造を通じて、意味のあるデジタルな変化を実現する」ことを重要な責務としています。

IT管理が重要な理由

ITは、ほとんどあらゆる企業活動を支えています。自動化、データ処理、常時接続によって、これまで想像もできなかった機能と効率性へと続く可能性が切り開かれました。テクノロジーを日常の業務から切り離すことは不可能とも言えそうです。

同時に、システムがパフォーマンス低下を起こしたり停止したりすると、組織は脆弱になります。ネットワークの停止、データの損失、またはマルウェアは、日常の業務に深刻な影響を与える恐れがあります。例えば、米国におけるデータ侵害のコストは平均386万米ドルです1

IT管理を実践すると、情報技術の安全性、高い可用性、そして最高のパフォーマンスが保証されます。

CIOは、新しいシステムを導入して業務を改善するという点でも主導的な役割を果たします。あるIT担当役員は次のように提案しています。「機械学習、アナリティクス、チャットボット、ブロックチェーンといった新しいテクノロジーは、私たちのサービスの提供方法に大きな革命をもたらす可能性があります」

「ITは前例のない変化を迎えています」とCIO誌は述べています。「現在テクノロジーのビジネスに携わっている企業はどこも、さらに大きな変化が到来する兆しを感じています。自動化、テクノロジー予算の分散化、クラウドベース・サービスの急速な導入、さらに最近ではビジネスの必需品となってきた人工知能(AI)などにそれが現れています」2

CIOは、最新のサービスやシステムに投資する以上の業務を担う必要があるかもしれません。デジタル・トランスフォーメーションには、イノベーションと戦略的な実現が必要です。「私たちにとって、CIOはもはや昔ながらのバックオフィス・テクノロジー・マネージャーという役割ではありません。CIOが関与しない役員室での会話はありません」と、あるIT担当役員は指摘しています。

「CIOはもっとビジネスに精通しなければならないと思います」、と別のIT担当役員は指摘します。「テクノロジーをどのように活用すれば、ビジネス上の課題を解決し、業界的な観点から将来を見据えたものにできるかを理解するには、私たちがビジネスと一体化し、なじんでいく必要があるのです」

効果的なIT管理の主な特徴

現在のITプロジェクトとオペレーションを監督することは、常にIT管理の任務の一部です。しかし今日のCIOは、ビジネスが急速な変化にも対応できるように、新しく革新的な方法でテクノロジーを活用する必要があります。

そこで役に立つのがIT管理ソフトウェアとツールです。データとアナリティクス、およびクラウドは、CIOが追求してきた分野の一部です。同時にCIOは、将来に備えるために、AIやモノのインターネット(IoT)などにも目を向けています。

アナリティクス

アナリティクス・ソリューションは、テラバイト単位の運用データを迅速にマイニングして、サービスへの影響の根本原因を見つけることができます。潜在的なボトルネックを特定し、停止を予測して、効率を向上させるのに有効です。組織は、データや処理の問題、ITのネガティブな傾向や異常についてのインサイトを得ることができ、システムの混乱を避けるための措置を講じるのも容易になります。

アナリティクスは、社内の光学機器にとどまらず、企業が顧客をよりよく理解するための洞察を提供し、ひいてはビジネス戦略を推進するのに役立つ。

クラウド・コンピューティング

クラウド・サービスは、拡張性、データ・セキュリティー、データ復旧サービスなどを提供します。クラウドを使用すると、効率が向上し、インフラストラクチャー・コストが削減されます。業務から財務に至るまで、ビジネスのあらゆる側面にメリットをもたらし、将来的に組織を変革するクラウドベースのソリューションにも対応しやすくなります。

多くの企業は、毎日のように何百万というトランザクションを処理するコア・ビジネス・アプリケーションをメインフレーム上でホストしています。クラウドを実現できると、IT部門はメインフレーム・システムをモダナイズでき、CIOは他の優先事項に専念できるようになります。組織は、オーバーヘッドを削減しながら、生産性とパフォーマンスのレベルを上げることができます。

AIとコグニティブ・コンピューティング

AIシステムはデータを分析し、問題を学習して予測し、ITマネージャーがより優れたサービス品質を提供できるよう支援します。同様に、AIベースのチャットボットは仮想エージェントとして機能し、ユーザーと会話して技術的な問題を解決できます。顧客はそれを利用して製品やサービスについて学ぶこともできます。今後、コグニティブ・コンピューティングは、企業がITを管理し、イノベーションを加速させるために不可欠なものになるかもしれません。

IoT(モノのインターネット)

IoTプラットフォームは、デバイスやセンサーからデータを収集して分析し、積極的に問題を解決して生産性を向上させるうえで威力を発揮します。IT管理者は、組織が何を適切に実行しているか、また何が改善されているかに関するインサイトを迅速に導き出すことができます。

コグニティブ・ラーニングは、ビジネスがIoTの価値を解き放つのをさらに加速します。ひとつには、複数のデータ・ストリームを組み合わせてパターンを特定し、他の方法では得られないようなコンテキストを手に入れることができます。インテリジェント・センサーもまた、人間の介入を必要とせずに自己診断して環境に適応する可能性を秘めています。

IT管理ソリューション
IBM Cloud Paks

より迅速に高い信頼性でモダナイズし、クラウドに移行できる手法です。

IBM Cloud Paksを探る
従業員IDおよびアクセス管理(IAM)

クラウド配信のシングル・サインオン、多要素認証、IDガバナンスによってユーザーの生産性を確保します。

IBM Security Verify for Workforce IAM を探索する
サーバーとストレージのインフラストラクチャー

オンプレミスITおよびエンタープライズ・ハイブリッドクラウド用のサーバー、ストレージ、およびソフトウェア。

ITインフラストラクチャー・ソリューションはこちら
Db2® on Cloud

フルマネージドの SQLクラウド・データベース。オンデマンドで簡単にデプロイおよびスケーリングできます。

IBM Db2 クラウドの詳細はこちら
IBM® Z向けITシステム管理

効率的なシステム管理と運用上のインサイトによって、複雑なクラウド環境を最適化します。

IBM Zシステム管理ソリューションの詳細はこちら
参考情報 クラウド移行とアプリのモダナイゼーションにおける戦略の重要な役割

クラウドへの移行が単なる技術的な作業ではない理由をお確かめください。

ITインフラストラクチャーとは

エンタープライズIT環境の運用と管理に必要なコンポーネントの組み合わせについての詳細はこちら。

次のステップ

IBM Instanaは、あらゆるユーザーの利用に適したリアルタイムの可観測性を提供します。可観測性戦略が現在および将来の環境の動的な複雑さに対応できることを検証しながら、価値実現までの時間を短縮します。 モバイルからメインフレームまで、Instanaは250以上のテクノロジーをサポートしており、その数は増え続けています。

IBM Instanaについて詳しく見る デモを予約
出典

"2018 cost of data breach study" Global overview、Ponemon Institute LLC

"9 forces shaping the future of IT"(link resides outside ibm.com) IDGコミュニケーションズ株式会社