固定資産管理とは

固定資産管理には、機器、コンピューター、車両、およびその他の物理的資産の追跡、監視、保守が含まれます。

Technikerin mit Tablet überprüft eine Anlage in einer Technikhalle

固定資産管理とは

固定資産管理は、組織の物理的な資産と設備を追跡および維持するプロセスです。 資産の種類には、車両、コンピューター、家具、機械などが含まれます。

資産管理システムを使用すると、組織は次のことができます。

  • 固定資産の追跡と監視
  • 複数の場所にある機器や機械の監督
  • メンテナンス・コストの削減
  • 運用効率の向上
  • 資産の引退、売却、盗難、または紛失の記録の維持

固定資産管理により、組織は機器や車両を監視し、それらの状態を評価して、正常に機能するように保つことができます。 このようにして、在庫の損失、機器の故障、ダウンタイムを最小限に抑え、資産の生涯価値を向上させます。


固定資産管理が重要な理由

サーバー、輸送トラック、エレベータなどの固定資産には、多額の設備投資が必要です。 それらは会社の純資産の大部分を占める可能性があります。 一部の企業では、投資の40%が機器や車両の購入に費やされています。

企業が資産をより適切かつ効果的に管理するほど、これらの投資からの価値を最大化する可能性が高くなります。 固定資産管理をしていない場合、組織は次のような事態を経験する可能性があります。

  • 計画外のダウンタイム
  • 機器の障害
  • インベントリーの配置間違いまたは紛失
  • 安全上または環境上の違反
  • コンプライアンスまたは規制基準の満たせない

インベントリーが多い企業の場合、結果は生産性の損失、修理、交換、または罰金で数百万ドルに変換される可能性があります。 標準以下の機器は、当面のコストを超えて、組織のサービスや製品の品質に影響を与える可能性があり、その結果、顧客満足度とビジネスの評判に影響を与える可能性があります。

ISO 55000国際標準によれば、資産管理はコスト・パフォーマンスを最大化するものである必要があります。 理想的には、固定資産管理は機器の品質と耐用年数を改善し、最高の投資収益率を保証します。


主な機能

固定資産管理は、特にグローバル企業や、レンタカー事業や多国籍製造業などの大規模な在庫を持つ企業にとっては複雑になる可能性があります。

小規模な組織では、資産の追跡にスプレッドシートまたはエンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)ツールを使用しているかもしれません。 しかし、手動でデータを入力するとエラーが発生しやすくなります。 また、車両の一団が拠点間を移動したり、テクノロジーが複雑な場合は、固定資産のインベントリーを把握するのに時間がかかる可能性があります。

Watson IoTコンテンツ・ディレクターのSarah Dudleyは、彼女の 資産管理ブログの中で、一般的なシナリオの概要を説明しています。「皆さんには500台の車両があります。 おそらく、皆さんはそれぞれ、いつオイル交換や新しいワイパー・ブレード、新しいタイヤのセットが必要になるかを追跡したノートを持ってらっしゃるかもしれません...それが、500台の車両です。 発生し始めている問題が見えてきました。 紛失したり置き忘れたりするリスクなしに、この情報を簡単に追跡できるデータベースがあればいいのです。 これが資産管理システムの目的です。」

資産追跡ソフトウェアと管理ソリューションは、固定資産を監視するための信頼できる方法を提供するものです。 位置追跡、作業指示処理、監査証跡などの機能が含まれています。

資産管理ソフトウェア

小規模な運用では、コンピューター化された保守管理システム (CMMS)の恩恵を受ける可能性があります。 自動化ソフトウェアは、メンテナンス行為のスケジューリング、管理、およびレポート作成を支援します。 機能には、ワークフローの処理、リソースとルーティング、操作と修復のガイダンス、およびレポートと監査が含まれます。

大規模な運用の場合、 IBM Maximo のようなエンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)システムは、すべての固定資産を管理するための中央型のプラットフォームを提供します。 資産ライフサイクル(取得、運用、保守、減価償却、更新、または交換)全体の資産データを統合します。

完全なビューにより、組織は複雑な資産環境についての洞察を得ることができます。 資産の健全性管理のためのより優れた情報が得られます。 機能とワークフローは、管理タスクを最適化し、ダウンタイムを削減するのに役立ちます。 チームはまた、安全と環境管理についての企業の見解を持っており、問題とリスクに対処するのに適しています。

IoTとAI

モノのインターネット(IoT)は、深い洞察を提供し、固定資産のより優れた制御を可能にします。 例えば、IBM Watson IoT ソフトウェアは、センサーとデバイスからのデータを相互に関連付けて、資産の健全性とパフォーマンスをタイムリーに可視化します。 また、ステータスを分析し、価値とリスクを評価し、障害を予測することにより、資産管理を強化します。

AIは機械学習を使用して資産のステータスを測定し、予知保全を可能にします。 このテクノロジーは、資産データ(センサー、テレメトリー、作業指示、さらには気象イベントから)を収集し、アルゴリズムを使用してパターンや傾向を確認し、予測モデルを開発します。 この情報は、予測スコアリングと組み合わされており、システムは先制的な戦術または戦略を規定できるようになります。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、ビジネス・ネットワーク内のすべてのトランザクションを記録する安全な共有元帳です。 固定資産の追跡に関して、このテクノロジーは次のことに役立ちます。

  • 資産サプライチェーン全体で機器とサービスの来歴を確立する
  • 許可証や事件などの安全関連の取引を記録する
  • ネットワーク全体に監査証跡を提供する
  • 損傷および保証関連のクレームを監視します

「ブロックチェーンとは、資産に対して実行されたすべてのアクティビティーが検証され、資産管理者が使用するための正確なレコードを作成することを意味します」と、IBMのリード・プロダクト・アーキテクトであるRussell Beeは自身の 資産管理ブログの中で述べています。 「彼らはこれらの記録を使用して、パフォーマンス、リスクを分析し、計画サイクルの一部として機器に関する戦略的決定を下します。」


固定資産管理ソリューション

IBM Maximo Asset Management

資産の計画、保守、制御を最適化し、調達から契約管理まで、グローバルな運用を合理化します。

IBM Maximo APM - Asset Health Insights

資産が何を言っているか、そして最高のパフォーマンスで動作するために何が必要かを理解します。

IBM Maximo APM – Equipment Maintenance Assistant

継続的な学習のためのIBM Watsonテクノロジーを搭載したAIを使用して、資産保守プログラムを強化します。