IBM Maximo Predict: 資産の故障予測

IBM Maximo Predictでは、資産の故障とその対応コストを削減するために機械学習とデータ分析を適用することにより、タイム・スケジュールに入れられた保守を超えて状態ベースの保守を行い、将来の設備故障の可能性を予測します。 統合スイートであるIBM Maximo® Application Suiteの一部となったMaximo Predictは、資産データ、使用状況、および環境におけるパターンを検出し、それらのパターンを既知の問題と相関させ、信頼性向上に取り組む技術者と保全管理者が障害を予測し、データとスコアリングを共有できるようにします。

Maximo Predictの主な機能

  • IoTセンサー、運用部門、IT、およびEAMシステムからのデータを活用
  • 一般的な5種類の予測モデル・テンプレート、および関連する視覚化機能の提供
  • カスタム・モデルを構築できる分析APIの包括的なライブラリーの提供
  • IBM Watson® Machine Learningを使用した予測モデルのスコア計算
  • 状態モニターを強化するためにIBM Maximo Healthと容易に統合できるモデル・スコア

Maximo Predictの主要なメリット

予定外のダウンタイムとリスクの低減

資産の故障を予測し、故障を回避するためのアクションを開始します。

保全コストを削減

早期のアラートに基づいて故障発生前に保全を行うことで、必要以上に保全作業を行わずにすみます。

資産の使用効率の向上

保全問題を予測して作業の失敗を減らすことができると、既存の資産をより効率的に利用できるようになります。

資産の耐用年数の延長

運用パフォーマンス要因を特定し、保全業務を改善して信頼性を向上します。

生産高の増大

製造業、生産プロセス、製品の効率性や信頼性を高めることで、生産性を向上します。

IBM Maximo Health: 状態ベースの保全への移行

Maximo Healthでは、センサーからのIoTデータや、気象、資産記録、作業履歴などのその他のソースを使用して資産の正常性を管理し、資産の可用性を高めてより効率的に交換を計画できるようにします。 統合スイートであるIBM Maximo Application Suiteの一部となったMaximo Healthでは、統合されたグローバル・ビューが実現します。 資産の正常性に関する洞察によって、資産の可用性を向上し、どの資産に注意が必要かを判別することができます。

Maximo Healthの主な機能

  • フリートワイド・ビューと正常性ドリルダウンを含む単一の直観的なダッシュボード
  • センサー・データ統合
  • 正常性に関する通知とアクション
  • タイプ別やグループ別の柔軟な資産の正常性スコア

Maximo Healthの主要なメリット

資産故障のコスト削減と頻度の低減

センサー・データを送信するIoTデバイスにより資産の状態をモニターし、自動化されたアクションを起動することで、コストのかかる故障を減らすことができます。

資産の可用性の向上

状態、コスト、パフォーマンス、残りの耐用年数を追跡することで、資産の故障を減らし、ダウンタイムを最小限に抑えます。

予防保全の最適化

資産レコードとセンサー・データを組み合わせ、不要な予防保全を行う代わりに資産の正常性に関する洞察に基づいた処置を行います。

運用リスクの軽減

資産状態を詳しく確認できるので、注視すべき資産が明確になります。

資産の交換を素早く判断

資産の明確なビューを提供する強力な分析により、交換計画の正確性と効率性を高めます。

製品についてさらに詳しく知る