概要

予知保全に向けたジャーニーの前進

修理や交換の優先順位を付ける戦略を通じて資産の耐用年数を延ばしながら、資産の正常性を最適化し、障害を予測します。

資産データを活用する

IBM Maximo® Predict

保守計画を最適化して資産の信頼性を高める分析駆動型の予知保全モデルに、さまざまな運用データを統合します。

IBM Maximo® Health

データおよび分析から洞察を得て重要なビジネス資産の状況を把握し、管理と保守についてよりスマートな意思決定を行います。

IBM Maximo Predict

資産の故障予測

資産の故障とその対応コストを削減するために機械学習とデータ分析を適用することにより、タイム・スケジュールに入れられた保守を超えて状態ベースの保守を行い、将来の設備故障の可能性を予測します。 統合スイートであるIBM Maximo® Application Suiteの一部となったMaximo Predictは、資産データ、使用状況、および環境におけるパターンを検出し、それらのパターンを既知の問題と相関させ、信頼性向上に取り組む技術者と保守管理者が障害を予測し、データとスコアリングを共有できるようにします。

Maximo Predictの主な機能

  • IoTセンサー、運用部門、IT、およびEAMシステムからのデータを活用
  • 一般的な5種類の予測モデル・テンプレート、および関連する視覚化機能の提供
  • カスタム・モデルを構築できる分析APIの包括的なライブラリーの提供
  • IBM Watson® Machine Learningを使用した予測モデルのスコア計算
  • 状態モニターを強化するためにIBM Maximo Healthと容易に統合できるモデル・スコア

Maximo Predictのメリット

IBM Maximo Health

状態ベースの保守への移行

資産センサーからのIoTデータや、気象、資産記録、作業履歴などのその他のソースを使用して資産の正常性を管理し、資産の可用性を高めてより効率的に交換を計画できるようにします。 統合スイートであるIBM Maximo Application Suiteの一部となったMaximo Healthでは、統合されたグローバル・ビューが実現します。 資産の正常性に関する洞察によって、資産の可用性を向上し、どの資産に注意が必要かを判別することができます。

Maximo Healthの主な機能

  • フリートワイド・ビューと正常性ドリルダウンを含む単一の直観的なダッシュボード
  • センサー・データ統合
  • 正常性に関する通知とアクション
  • タイプ別やグループ別の柔軟な資産の正常性スコア

IBM Maximo Health and Predict Utilities : デモ (日本語字幕、02:00)

Maximo Healthのメリット

次のステップへ

企業資産管理・設備管理保全について、IBMのエキスパートにぜひご相談ください