データ移行とは
IBM のデータ移行ソリューションはこちら AI関連の最新情報の購読
雲、円グラフ、グラフのピクトグラムをコラージュしたイラスト
データ移行とは

データ移行とは、あるストレージ・システムまたはコンピューティング環境から別のストレージ・システムまたはコンピューティング環境にデータを転送するプロセスです。 データ移行は、オンプレミスのITインフラストラクチャーをクラウド・コンピューティング環境に移行する全体的なプロセスにおいて重要なステップです。

データ移行プロジェクトが必要となる理由は、企業によってさまざまです。たとえば、サーバーやストレージ・デバイスを交換したり、データセンターを統合または廃止したりする場合があります。 

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、またはマルチクラウド環境のいずれに移行する場合でも、データを新しい保管場所に移行するための、安全で、コスト効率が高く、効率的な方法を見つける必要があります。

AIのためのデータ・ストア

データレイクハウス戦略をデータ・アーキテクチャーに統合することで、AIの拡張やコスト最適化の機会など、そのパワーを実感してください。

関連コンテンツ

生成AIに関する電子ブックに登録する

クラウドへのデータ移行

今日、企業は増え続けるデータを生成し、そこから抽出される価値を最大化するというプレッシャーにさらされており、その緊急性はますます高まっています。このような状況では、ワークロードに最適な環境を選択し、データが効率的かつアクセスしやすく保存することが、成功の鍵を握るようになっています。

多くの企業は、ワークロードをクラウドに移行することを選択していますが、それは最もコスト効率が高く、最高のパフォーマンスを発揮するIT環境でアプリケーションをホスティングすることを期待しているからです。適切なデータ移行ソリューションを選択することは、クラウド移行計画プロセスの重要な要素であり、初期段階でも検討する必要があります。

ローカル・データセンターからクラウドにデータを転送するにはいくつかの選択肢がありますが、大きく分けると2つのカテゴリーに分類されます。

  • オンライン移行では、データはインターネットやプライベートまたは専用のWAN接続を介して移動します。

  • オフライン移行では、データは元のデータセンターと移行先のクラウド・ストレージの間で物理的に移送されるストレージ・アプライアンスを介して転送されます。

特定のデータ移行プロジェクトに最適なオプションは、移動が必要なデータの量、移行が完了するまでの時間、関係するワークロードの種類、およびセキュリティー要件によって異なります。

データベースの移行

データベースの移行は、特殊なワークロードの移行の一例です。 多くのパブリッククラウド・プロバイダーやプライベートクラウド・プロバイダーは、データベース移行プロセスの一部を円滑化または自動化できるツールを提供しており、移行中もデータベースの安全性を維持し、データの損失や破損が発生しないようにしています。さらに、ほとんどのクラウド・プロバイダーは、移行後にデータの整合性を検証できる移行サービスを提供しています。

通常、データベース移行プロセスの最初のステップでは、ソース・データベースのスキーマを(必要に応じて)変換して、ターゲット・データベースと互換性を持たせます。データベースのスキーマは、データベースの論理的なアーキテクチャーと構造を制御して、データベースがどのように構成されているかを示す青写真のようなものです。ターゲットのデータベース管理システムが、ソースのデータベース管理システムと互換性のないデータ定義言語(DDL)を使用している場合、スキーマを変換する必要があります。

次のステップは、データの移行と、データ・ウェアハウスの継続的な増分更新の設定です。 必要であれば、この過程で複数の異なるデータベースを1つに統合することもできます。 クラウドに保存されるデータがどのように整理されるかについて詳しくは、「クラウド・ データベースの説明」をご覧ください。

データセンターの移行

データセンター環境全体をクラウドや別の場所に移行することは、大規模で包括的なプロセスです。ダウンタイムや業務の中断を最小限に抑えながら、このような移行プロジェクトを成功させるには、慎重な計画と調整が必要です。

データセンターの移行やその他の大規模なデータ移行プロジェクトを検討する場合、計画段階の早い段階でスケジュールを検討することが重要です。というのは、ペタバイト規模の転送は、比較的高速なネットワーク接続であっても、完了までに数週間かかることがあるからです。

戦略を立てる際に考慮すべき要素

データ移行を慎重に計画すればするほど、予想外のコストや予定外のダウンタイムが発生する可能性は低くなり、移行中や移行後にエンドユーザーが不満を感じたり、不便を感じたりする可能性も低くなります。目標を定め、スケジュールを設定し、遭遇する可能性のある課題を予測する必要があります。

プロジェクトの進め方を決める際に考慮すべき主な要素は次の3つです。

ワークロードの種類。仮想マシン(VM)、バックアップ、データベースなどの特殊なワークロードは 、通常、移行するデータの種類に固有のソフトウェア・ベンダー提供のツールを使用して移動できます。これらのツールにアクセスできない場合は、潜在的なダウンタイムについて慎重に計画する必要があります。 ミッションクリティカルなワークロードのデータを段階的に転送し、プロセス全体を通して間隔を空けてテストし、ソース・システムとターゲット・システムを並行して稼動させ続けることができます。あるいは、稼働時間外に大規模な転送を計画することもできます(利用可能な時間内に実行できる場合)。

データの量。 10テラバイト(TB)未満のデータを移行する場合、クライアントが提供するストレージ・デバイスでデータを新しいストレージに転送するのが、最も簡単でコスト効率の良い方法です。最大でペタバイト(PB)単位の大容量データの転送には、クラウド・プロバイダーが提供する専用のデータ移行装置が最も便利で手頃なオプションです。理論的には、どのような量のデータに対してもオンライン移行を利用することはできますが、時間的な制約があるため、大量のデータでは実行可能性が制限されます。

完了までのスピード。オンライン移行の場合、転送されるデータ量とネットワーク接続の速度によって、データ移行にかかる時間が決まります。オフライン移行の場合は、移送時間を考慮する必要があります。 移行の開始から終了までのスピードが第一の関心事であり、移行に十分な帯域幅が確保できるのであれば、オンライン転送が最良の選択肢と考えられます。しかし、移行期限に融通が利く場合や、帯域幅やその他のネットワーク上の制約がある場合は、オフライン移行が正しい選択である可能性があります。

ベスト・プラクティス

プロジェクトを円滑に進めるために、以下のベスト・プラクティスを遵守してください。

データとその用途を理解する。現在データを使用しているのは誰ですか、将来使用するのは誰ですか、どのように使用されますか。 例えば、分析に活用されるデータは、規制遵守のために保持されるデータとはストレージやフォーマットの要件が大きく異なる場合があります。 移行プロセスを通じて、関係するすべての利害関係者や事業部門から情報を収集するようにしてください。

ソースとターゲットの環境を慎重に評価する。両方の環境で同じオペレーティング・システムが稼働しますか。データベースのスキーマやその他の形式を変更する必要がありますか。移行前に対処すべき問題(冗長性の問題や過剰な「ダーティな」データなど)はありますか。

プロセスの早い段階でビジネス要件と潜在的な影響を確認する。どのような移行スケジュールが必要ですか。データセンターが廃止される場合、リースの期限はいつですか。移行プロセス全体を通じて、どのような種類のデータ・セキュリティーを維持する必要がありますか。データの損失や破損は許容できますか。許容できる場合、どの程度まで許容できますか。遅延や予期せぬ障害は、ビジネスにどのような影響を与えますか。

リスク

ITシステムのモダナイズは、データ移行に関連するリスクを上回るメリットがありますが、特に長期的に見た場合、データ移行にはストレスとリスクが伴う可能性があります。ここでは、考慮すべきリスクをいくつか示します。

  • セキュリティー:移行前にすべてのデータが安全に暗号化されていることを確認してください。 データ・ストレージ・デバイスの移送を伴うオフライン移行については、配送業者の貨物およびロジスティクス・サービスのセキュリティーを確認してください。
  • 長い移送時間:オンライン転送の時間を完全に正確に予測することは難しい場合があります。ネットワークのボトルネックによって接続速度が制限されたり、システムのハードウェアの制限によってデータの読み書きが制限されたりすることがあります。

  • 予想を上回るコスト:予想外コストは、しばしば不適切な計画から生じます。例えば、オンライン送金に予想以上の時間がかかった場合、追加手数料が発生します。ベンダーが提供するストレージ・アプライアンスを、最初に合意した保管期間よりも長く保管する場合(データをアプライアンスに転送したり、出荷が遅れたりすることが原因)にも、追加料金が発生する可能性があります。
ツール

現在、企業のデータ移行を容易にするツールは数多くあります。これには、顧客のパブリッククラウドやプライベートクラウド環境への移行をサポートするためにクラウド・プロバイダーが提供するベンダー固有のソリューションや、ライセンス供与されたオープンソースのツールなどが含まれます。データ移行戦略によって、プロジェクトに最適なツールが決まります。

一般的な選択肢には、次のようなものがあります。

  • Veeamは、 VMware vSphere用のクイック移行ツールを提供し、ストレージ環境とホスト間でのVMベースのワークロードの移行プロセスを高速化および簡素化します。

  • Zertoは、災害復旧、バックアップ、ワークロード・モビリティーを統合したプラットフォームを提供して、単一のアプリケーションからデータセンター全体までさまざまな規模の移行をサポートします。

  • Rcloneはオープンソースのコマンド・ライン・ユーティリティーで、クラウド・オブジェクト・ストレージとの間でデータの移行に使用できます。 大きなオブジェクトを自動的に分割し、その部分を並行してアップロードすることができます。

  • CyberduckはオープンソースのFTPおよびSFTPクライアントで、ホスト間やクラウド環境への個別ファイルやファイル・ボリュームの転送に使用できます。
サービス

データ移行サービスは、社内の機能を補完したり、戦略から完了、テスト、文書化までの移行プロセス全体を管理したりできます。後者のタイプのサービス(しばしば「ホワイト・グローブ・データ移行サービス」と呼ばれる)は、ご想像のとおりより高価ですが、社内のデータ移行の専門知識が限られており、移行するアプリケーションがビジネスクリティカルである場合には、価値があるかもしれません。データベース移行コンサルタントは、ダウンタイムを最小限に抑えるかまたは排除する、コスト効率の高い移行プロセスの計画をお手伝いします。

関連ソリューション
データ移行ソリューション

簡素化されたツールと専門家によるサービスで、ハイブリッドクラウドへの移行を加速します。

IBMのデータ移行ソリューションの詳細はこちら
クラウドへの移行

データベースをオンプレミスのデータセンターからIBM Cloudに迅速、安全、確実に移行します。

IBM Liftの詳細はこちら
IBM® Turbonomicによるクラウド移行の計画

正確で使いやすいクラウド移行計画機能で、クラウドへの移行プロジェクトを加速化します。

IBM Turbonomicの詳細はこちら
参考情報 クラウド移行の一般的な課題

クラウド移行の最も一般的な課題のいくつかを理解し、組織がデータ損失やパフォーマンス低下などの問題を回避するためのクラウド・ソリューションについて説明します。

クラウド移行とは何ですか?

クラウド移行に何が必要かを調べ、クラウド移行計画を策定するメリットについて学び、移行を成功させる方法を学びましょう。

次のステップ

IBM Turbonomicは、アプリケーションをシームレスかつ継続的に、コスト効率よく実行できるため、コストを削減しながら効率的なアプリケーションのパフォーマンスを実現できます。

Turbonomicの詳細はこちら 無料デモを予約する