ビジネス・ルールとは?
黒と青の背景
ビジネス・ルール

ビジネス・ルールが、企業の業務をどのように効率化するか学びましょう。

注目の製品

Business Automation Workflow

Operational Decision Manager


ビジネス・ルールとは?

ビジネス・ルールは、顧客名とそれに対応する注文などのオブジェクト間の関係を示すことで、ビジネスにおける日々の意思決定を導くものです。 組織のビジネス 活動を具体的なビジネスロジックに変換することで、ソフトウェアエンジニアやビジネスアナリストは、ワークフローツールやその他のアプリケーションにルールを適用し、プロセスの自動化を実現することができます。 このルールがないと、更新作業に手間と時間がかかり、書類にヒューマン・エラーや不整合が発生する可能性があります。 ビジネス・ルールを組織全体に導入することで、ビジネスは、適切な関係者への業務の効率化や解約の減少により、時間とコストを削減することができます。 

ビジネス・ルール対ビジネス要件 
 

ビジネス・ルールとビジネス要件という用語を混同する人がいますが、これらの二つの用語には 明確な違いがあります。 そのため、ビジネスの現場でこの二つがどのように使われているのか、注目してみましょう。

ビジネスルールは、文書化された、あるいはされていない情報を様々な条件文に変換し、自動化システムの基盤を提供します。 例えば、発注を行う場合、コストによって承認プロセスが異なる場合があります。 5千ドル以下のツールやサービスであれば、マネージャーの承認だけで済むかもしれませんが、コストが高くなれば、C-suiteの承認が必要になるかもしれません。 ビジネス・ルールは、請求書を上層部に送るか、自分の上司に送るかを決定する際のしきい値を設定することで、このプロセスを正式なものにします。 このような条件文は、多くのビジネスプロセスで適用されています。

ビジネス要件は、あるプロジェクトの成功基準を確立するものです。 プロジェクトを完了するために必要なタスクとリソースを特定することで、チームは目標達成のためのギャップや障害をより明確に把握することができます。 この作業は通常、ビジネス プロジェクトの開始時に行われ、利害関係者の期待値を設定し、プロジェクト完了のための追加的なニーズに対応するために行われます。


ビジネス・ルールの種類

ビジネス・ルールにはいくつかの分類があり、情報源によってその分類が異なることがあります。 しかし、どのような分類であっても、ビジネスルールは通常、「IF-THEN", "IF-ELSE", "ONLY IF", "WHEN "などの正式な論理式を用いて表現されます。 この構文は、次のようなさまざまな種類のビジネス・ルールで使用されています。:

  • 制約ルール は、オブジェクトの構造に制約を加える条件を設定します。 これはさらに、刺激と応答、操作の制約、構造の制約の3つのルールのサブセットに分けることができます。 刺激と反応のルールは、行動を起こす前に条件が成立していることを要求し、操作制約のルールは、与えられた操作の前後に制約を設けます。 最後に、構造制約ルールは、クラス、オブジェクト、およびそれらの間の無視できない関係に対するポリシーを確立します。
  • 派生ルール は、他の情報から事実を推測するための条件を定義します。 派生ルールは、推論ルールと計算ルールの2種類に分けられます。 推論ルールは、ある事実が真であれば、ある結論が得られることを規定し、計算ルールは、その推論を行うためのアルゴリズムを利用したものです。 

これらのルールは、ルール・エンジンの基礎であり、企業がビジネス上の決定を自動化し、顧客の注文や出荷などのさまざまなプロセスを迅速化することを可能にします。 このようなルールは、ビジネス全体に一貫したポリシーを適用するために、これらのプロセスをいつ開始、停止、または変更すべきかのガイダンスを提供することで、ビジネスプロセスを強化します。


ビジネス・ルールの例

ビジネス・ルールは様々なユースケースで使用され、内部または外部の制約に基づく場合があります。 懸念には次のようなものがあります。

  • コンプライアンス: 金融、保険、医療、マーケティングなど、さまざまな分野で規制当局が厳しいルールを適用する場合があります。 ビジネス・ルールは、規制当局が審査する文書がそれぞれの要件を満たしていることを確認するのに役立ちます。 
  • アプリケーションの承認: 銀行や不動産市場では、住宅ローンや賃貸物件の申請プロセスにビジネス・ルールが活用されています。 例えば、申込者のクレジットスコアが特定の閾値以下である場合、申込者を拒否することができます。 
  • サブスクリプションサービス: 企業は、ビジネス・ルールを活用して、設定した日数以内に支払いがない場合、特定の顧客に対するサービスを終了させることができます。 これにより、企業は収益を生まない顧客に対してリソースを浪費することがなくなります。 
  • 発注書や返品: ビジネス・ルールは、小売業にも適用できます。 例えば、ある商品の返品が30日の期間外に行われた場合、その返品を拒否することができます。
  • パーソナライズ: マーケティング・オートメーション・ツールでは、訪問者の属性に基づいてウェブサイトをカスタマイズできるため、マーケティング担当者は一連のビジネス・ルールを活用して、さまざまな視聴者層に向けてメッセージを発信することができます。 例えば、あるWebサイトのリピーターには前回見た商品カテゴリーの写真を、新規訪問者にはその会社の人気商品の写真を表示させることができます。

ビジネス・ルールの利点

ビジネス・ルールは企業にとって多くの利益をもたらし、業務の効率化、ひいてはオーバーヘッドの削減を実現します。 

  • 効率の向上: アプリケーションやワークフローにビジネス・ルールをプログラミングすることで、長期的に時間を節約できます。 法規制や社内基準の変更によりビジネス・ルールを更新する必要がある場合、ソフトウェア・アプリケーション全体を手動で更新するのではなく、プログラムのこの部分のみを更新すればよいのです。 このような更新は、通常、ビジネス・アナリストのような、それほど技術的でないリソースで処理することができ、より複雑なビジネス問題のために技術的なリソースをとっておくことができます。 
  • 一貫性の向上: ビジネス・ルールは、特定のタスクを 実行するために特定の条件を満たす必要があるため、一貫してタスクを実行することを保証します。 たとえば、規制当局は特定の文書の完了を要求する場合があります。 企業は、すべての必須フィールドが満たされるまで完了としてマークされないカスタム・テンプレートを作成することができます。 その結果、人為的なミスが減り、すべてのビジネス・ルールが正確に実行されていれば、リーダーは安心してコンプライアンス要件を満たすことができ、不必要な費用や罰則を避けることができます。 
  • 複雑性の軽減: ビジネス・ルールの文書化は、他のビジネスラインにも転用できる可能性があり、チームは他のワークストリームに文書を再利用できる可能性があり、組織全体として複雑さを軽減します。  

プロセスマイニングやその他のビジネス分析により、社内でビジネスルールを適用できる領域を特定し、これらの利点を活用できます。 


ビジネス・ルール・エンジンとビジネス・ルール管理システム(BRMS)

企業が迅速な対応を維持することを支援するために、意思決定プロセス自動化ソフトウェアは、他のビジネス・コンピューティング・プロセスから独立してビジネス・ルールを管理することを可能にします。 特に、ビジネス ルール管理システム(BRMS)は、他のアプリケーションやプロセスに依存することなく、ビジネスロジックの作成と実装をリアルタイムで自動化できるため、単一の決定ロジックのリポジトリを企業全体で容易に共有することができます。

意思決定ロジックを定義・管理するための共通ツールと共通のランタイム環境により、開発者と技術的背景の弱い関係者の両方が、自動意思決定プロセスの実装と変更を効率的に行うことができます。 また、複雑なルールセットを大規模な環境下で一貫して適用することも可能です。

ビジネスルールエンジンは、1つまたは複数のビジネス・ルールを、ランタイムの本番環境で機能するビジネスロジックに変換します。 今日、ほとんどのビジネス・ルール・エンジンは、サービス指向または マイクロサービス・ベースのアーキテクチャに統合可能な本格的なBRMSソリューションに統合されています。 最新のBRMSは、しばしば 機械学習 やルールベースのエキスパートシステムを採用し、意思決定の最適化、顧客体験の向上、より円滑な業務の推進を図っています。


ビジネス・ルールとIBM

包括的なデジタルビジネス自動化プラットフォームにより、企業は今日のパブリック、プライベート、ハイブリッド、マルチクラウド環境において、よりスマートで一貫した意思決定を行うことができるようになります。 IBM は、以下のようなビジネス・プロセス管理およびルール・ベースの意思決定自動化ツールおよびプラットフォームの完全なスイートを提供します。

  •  IBM Business Automation Workflow は、開発、テスト、本番機能を含むフルライフサイクル・ビジネスプロセス管理プラットフォームを提供します。 IBM Business Automation Workflow は、誰もが適切な情報に適切なタイミングでアクセスできる統一されたモデル主導の環境を提供することで、チームの意思決定を強化し、コラボレーションを向上できます。
  •  IBM Operational Decision Manager は、今日の複雑なコンピューティング環境において、ビジネス・ルールを正確に発見、把握、分析、自動化、管理することを可能にする包括的な意思決定管理ソリューションです。

IBM のソリューションがビジネス・ルールの発見と自動化にどのように役立つかの詳細については、IBMid にサインアップして、 無料の IBM Cloud アカウントを今すぐ作成 してください。


関連ソリューション

Business Automation Workflow

オンプレミスあるいはクラウドで、生産性、効率性、洞察を向上させるためのデジタル・ワークフローの自動化を支援します。


Operational Decision Manager

オンプレミスまたはクラウド上で、ルール・ベースのビジネス上の意思決定を検出、取り込み、分析、自動化、管理します。


ビジネス・オートメーション・ソリューション

プロセスの高速化と顧客の待ち時間の短縮 - それがAIを活用したオートメーションの素晴らしさです。