B2B統合とは
顧客やサプライヤーとの効率の良い業務や取引を実現します。
IDCレポート:IBM Sterlingのビジネス価値
暗い事務所で働いている人
B2B統合とは

企業間(B2B)統合とは、複数の組織間でのプロセスおよびコミュニケーションを自動化することです。 主要なビジネス・プロセスの自動化により、顧客、サプライヤー、およびビジネス・パートナーとの業務や取引を、より効果的に行うことが可能になります。 B2B統合ソフトウェアは、情報を迅速にデジタル化し、それを組織の取引エコシステムを通じてルーティングするために必要なアーキテクチャーを提供します。

 

B2B統合プラットフォームとは
B2B統合プラットフォームは、複雑なB2Bプロセスや電子データ交換(EDI)プロセスを、企業のパートナー・コミュニティー全体で単一のゲートウェイに統合します。 このプラットフォームでは、ソース・アプリケーションからデータを収集し、データを標準化されたフォーマットに変換してから、生成されたドキュメントを適切なトランスポート・プロトコルでビジネス・パートナーに送信します。 B2B統合ソフトウェアは、オンプレミスで使用することも、統合サービスとしてホストされたクラウド・サービスを通じて使用することもできます。

Coastal Pacific社が、どのように350万件のEDIトランザクションをマイグレーションしたかをご覧ください

B2B統合が重要である理由

デジタル化は、パートナーの期待もお客様の期待も押し上げています。 多くの組織は、手動の情報処理は時間がかかり、非効率的で、間違いが起こりやすく、デジタルで接続された世界では持続不可能だと感じています。 また、どのビジネスでも、ファイルやメッセージをパートナーと交換するためのシステムとアプリケーションが独自に混在しています。 異種混合のテクノロジーは、やり取りを困難にします。

収益の増加や製品化までの時間の短縮や効率性の向上などの目標を達成するために組織が必要なのは、ビジネス・ネットワークです。そして、それには最新のB2B統合ソリューションが必要です。1適切なB2Bツールがあれば、組織は迅速かつ確実にデジタル接続を行うことができます。 これにより、新しい製品やサービスのリリースまでの時間を短縮したり、競争に勝つために必要な敏しょうさを得ることができます。

IDC社の資料で、B2B統合のメリットを実現する方法をご覧ください

B2B統合の主要な機能

通信アダプター

オンボーディングの要求に対して決してノーとは言いません。 AS2、SFTP、MQ、HTTP、Connect:Directを含む、高度なセキュリティーを備えたインターネット通信プロトコルをサポートしています。

アプリケーション統合

データベース、SAP、クラウド・オブジェクト・ストレージなどのバックエンド・システムに接続するためのアダプターとAWS S3 Client Adapterが含まれます。

変換エンジン

あらゆる形式からあらゆる形式に変換します。 ドキュメントの形式を別の形式に変換します。

マッピング・ソフトウェア

データ・フィールドを視覚化したり、ドキュメント間の関係を表示したりします。

メッセージのトラッキングとレポート作成

イベント管理やレポート作成、監査を集中管理されたダッシュボードから実行することができ、アクティビティーとステータスに関するリアルタイム情報を、システム管理者やパートナーに提供することができます。

暗号化

保存されたデータも移動中のデータも暗号化できます。 最新の暗号化とアルゴリズムのサポートを含む、堅牢な証明書管理です。

データ検証

ビジネス・プロセスのグラフィカル・モデリングが含まれるビジネス・ルールを送信される情報に適用することで、エラーを識別します。

圧縮

大きなファイルを、より速く送信できるようにします。 特すべてのファイル・サイズに対応し、メッセージ転送機能も含まれます。


B2B統合のお客様事例

サプライチェーン企業が1日で2,900万件を上回るトランザクションを達成

 

Li & Fung社は、中国の「シングルス・デー」の販売イベントで、トランザクションの急激な上昇に対応するために、サプライチェーン・マネジメント・ソリューションを拡張できるようにする必要がありました。 同社は、IBMサービスを利用してIBM Sterling B2B Integratorソリューションの検査と調整を行い、最大1時間あたり100万件トランザクションというピーク値の処理ができるようにしました。


関連ソリューション

B2B統合

パートナーとのコミュニティーに存在するB2BとEDIの複雑な各種プロセスを、この柔軟性の高いプラットフォームで1つのゲートウェイに統合できます。


データの変換

多様なデータ形式や規格の間での、複雑なデータの変換と検証を自動化することができます。


可用性の高いメールボックス

堅固で信頼性の高いデータ・ストレージ・ソリューションにより、可用性の高い運用と冗長性に対応します。


ファイル・ゲートウェイ

すべてのインターネット・ベースのファイル転送を、拡張性が高く安全で常時接続が可能な単一のエッジ・ゲートウェイに統合できます。


パートナーのオンボード

既存のパートナーを管理および維持しながら、新しいパートナーをオンボードするのにかかる時間とリソースを削減します。


サプライチェーンの透明性

B2Bトランザクションのデジタル化と自動化により、サプライチェーン全体でコラボレーションを効率化します。