脅威インテリジェンス・ソリューション
業界屈指の製品と専門知識によるグローバルな脅威インテリジェンスを提供します。
脅威インテリジェンス・レポートを読む 情報漏えいによる損害コストについてのレポートを読む
二人の従業員が一台のコンピューターを共有して業務に取り組む画像

概要

概要

組織は現在、サイバーセキュリティーが侵害される可能性がある、前例のない重圧に直面しています。 グローバルなスキル不足から脅威の数の増加と巧妙化まで、成長の促進と同じ力(モバイル、クラウド、オープンソース・テクノロジーなど)がセキュリティー喪失の条件を生み出しているのは明確です。

脅威、攻撃者、その仕組み、防御方法などに関する正確で最新の脅威インテリジェンスが必要です。 そして、現在の脅威インテリジェンス・ソリューションは、単なる指標とアラート以上のものを提供する必要があります。 お客様にとって最も関連性の高い脅威を把握するための、戦術的かつ戦略的な運用上のインテリジェンスが必要です。

 

サイバーセキュリティーの問題が発生した際はIBM Security™ X-Force®チームにご相談ください。

米国ホット・ライン 1-888-241-9812

グローバル・ホットライン:(+1) 312-212-8034


メリット

組織をターゲットにする脅威を把握

あなたは自分が何を知らないかを知りません。 脅威インテリジェンスは、あなたの敵が誰であるか、敵は何を狙っているか、どのようにネットワークを侵害できるのかを明確にします。

脅威インテリジェンスの取り込み、使用、共有方法の最適化

脅威インテリジェンスを持つことは大事なことです。 しかし、それをどのように活用すればよいかを知ることは、大きな課題です。 あなたや関連する利害関係者が優先順位を付ける必要があるコンテキストを得て、適切なアクションを取ることができます。

より価値の高い検知と分析のための時間を確保

コンテキストが豊富な、実用的な脅威インテリジェンス・ソリューションは、方程式から手動のプロセスと時間のかかる分析を取り除きます。 チームの運用方法を合理化し、より大きく、より戦略的なビジネスの優先事項に焦点を移動します。

お客様事例

さらに安全な市民と、強固なコミュニティー ロサンゼルス市は、多くのデジタル化された市民サービスを提供していますが、オンラインの公共部門の情報は、セキュリティーの脅威のターゲットとして狙われやすくなっています。 そこで市はIBMと提携し、共有脅威インテリジェンスを活用した、「ロサンゼルス・サイバー・ラボ」を作成しました。これは、安全性の高い、この種のもので初めてとなるオンライン・コミュニティーです。 お客様事例はこちら

脅威インテリジェンスの運用化 Centripetal社は、サイバー犯罪者によるネットワーク侵入やデータ流出から保護するために、CleanINTERNETサービスを作りました。 CleanINTERNETは、X-Force APIソリューションなどの重要なサイバー脅威インテリジェンスのライブ・フィードを活用して、ほぼリアルタイムで最高リスクの脅威に対して防護するものです。 お客様事例はこちら


参考情報

次のステップ
脅威インテリジェンス・ソリューションがお客様のセキュリティー体制の改善にどのように役立つかをIBMの専門家が説明いたします。