Think 2019

企業は、攻撃状況を把握するため、日々、何十億件ものイベント分析を余儀なくされています

今この瞬間にも、攻撃者は企業の防御を破ろうとしており、その不正侵入の手口はますます巧妙になってきています。脅威を阻止するために不可欠なのが、セキュリティー・インテリジェンスです。

IBM® Security Intelligence Platformは、ビジネスに膨大なリスクをもたらし早急な対処が必要となる脅威を特定し管理できるように支援します。IBMのセキュリティー分析へのインテリジェントなアプローチにより、より迅速な脅威の検出、調査時間の劇的な短縮、コンプライアンスの自動化、問題への対応が可能になります。

  • ほぼリアルタイムの相関分析と異常行動の検出により、危険性の高い脅威を特定します。
  • 膨大な数のデータ・ポイント間で、ぜい弱性の検出、リスクの管理、優先度の高いインシデントの特定を行います。
  • ネットワーク、アプリケーション、ユーザー・アクティビティーを完全に可視化します。

SecurityIntelligence.com

SIEM活用講座3回シリーズ

セキュリティー・インテリジェンス製品およびセキュリティー分析製品

IBM QRadar®ファミリー

様々な機器から情報を収集し、脅威の早期発見を実現する統合インシデント・マネージメント・プラットフォームです。

IBM QRadar Advisor with Watson

Watsonを活用して脅威を検知することで、セキュリティー・アナリストが迅速に分析して脅威に対応するための支援を行います。

IBM zSecure™ Adapters for SIEM

ますます巧妙化するセキュリティーの脅威から保護するため、メインフレームと企業全体のインフラ・セキュリティーをインテリジェンスに統合します。

詳細情報

沖縄科学技術大学院大学

クラウド上のSIEM(Security Information and Event Management)を活用し、 研究活動に制約を生じさせないセキュリティー・コントロールの効率化を実現しています。

三井生命保険

セキュリティーに関する膨大なログをIBM Security QRadar SIEMで統合管理し、急増するサイバー攻撃に迅速に対応しています。

SIEM活用講座3回シリーズ

サイバー犯罪の攻防は「AI vs. AI」、インシデント分析と対応時間を圧倒的に短縮する方法を、わかりやすくご紹介します。

お客様事例

カナダの大学がログ、コンプライアンス、脅威を管理するにあたり、QRadarがどのように役に立ったかをご覧ください。

QRadarユーザー・グループ

技術的資料を発見し、ローカルな人脈を見つけ、セキュリティーの専門家とグローバルにつながるためのグループです。

お問い合わせ電話番号: 0120-550-210 (識別コード: Security)