概要

セキュリティー情報とイベント管理(SIEM)は進化し、ユーザー行動分析(UBA)、ネットワーク・フローの洞察、人工知能(AI)などの高度な分析機能を活用して脅威を迅速に検知できるようになりました。また、SOAR(Security Orchestration, Automation and Response)プラットフォームとシームレスに連携して、インシデントの対応と解決を行えるようになりました。脅威管理プログラム、ポリシー管理、セキュリティー・スタッフの強化に役立つコンサルティング・サービスとマネージド・サービスによって、SIEMを強化できます。

メリット

社内の脅威

認証情報の漏えいや社内の脅威を示す疑わしいユーザー・アクティビティーを発見します。

巧妙な脅威

一見低リスクな複数のイベントをまとめることで、進行中の極めてリスクの高いサイバー攻撃を発見できます。

クラウドの保護

ハイブリッド・マルチクラウド環境とコンテナ化されたワークロードに潜むリスクを発見します。

データの漏えい

情報漏えいイベント(USBの挿入、個人用メール・サービスの使用、無許可のクラウド・ストレージ、大量の印刷など)を関連付けることができます。

コンプライアンスの管理

GDPR、PCI、SOX、HIPAAなどのさまざまなコンプライアンス要件に関する規制リスクを管理できます。

OTとIoTのセキュリティー

OTソリューションとIoTソリューションを一元的に監視することで、異常なアクティビティーと潜在的な脅威を特定できます。

SIEMソリューション

SIEMプラットフォーム

セキュリティー・データに関する実用的な洞察を獲得し、最も重要な脅威を速やかに特定し、アラートの総数を削減します。

脅威管理サービス

コグニティブ・ツール、自動化、オーケストレーション、人間の頭脳を連携させたプログラムによって、脅威のライフサイクル全体を管理します。

セキュリティー・インテリジェンスの運用サービスとコンサルティング・サービス

脅威戦略を評価し、セキュリティーの運用と対応を結び付け、セキュリティー体制を改善し、確実にクラウドに移行できます。

Weather CompanyがSIEMによって安全なエンド・ユーザー・エクスペリエンスを提供

世界最大の民間気象サービス会社は、複雑なハイブリッドクラウド環境とクラウドネイティブのアプリケーションとデータに対応するために、包括的なセキュリティーを必要としていました。同社にとって重要なのは、あらゆる脅威に対応しながら、パフォーマンス、保護、可用性を提供することでした。

サイバー攻撃に対するインシデント対応をゲームで体験

ひときわ賑わいを見せる年末に、ある国際空港でその事件は起こった…!

刻々と迫るタイムリミットと求められる瞬時の判断。あなたは、ハッカーの攻撃から空港を守り抜き、社会的責任も果たせるか?

次のステップ