ホーム ケーススタディ Sutherland Global Services社 グローバルなソリューション環境のセキュリティーを確保
Sutherland Global Services社 + IBM
夜遅くにWebサイトの設計や開発に取り組み、ノートPCの画面に向かって入力、検索、情報確認を行っているコンピューター・エンジニア
機密データと重要な機能を保護

Sutherland Global Services社は、顧客企業が優れた顧客体験を提供できるよう支援する企業です。世界有数の人気を誇るコンテンツ・ストリーミング・サービス企業を支援して、リアルタイム翻訳のパイロットを構築する場合もあれば、世界的なロジスティクス企業のデジタル・エンゲージメントを強化して、収益性向上を支援する場合もあります。あるいは、世界的大手のフィンテック企業を支援して、データ・セキュリティーを強化するためのAIの導入をはじめ、プロセス全体の最適化に携わる場合もあります。Sutherland社はこうした成果を達成するために、コンサルティング、サービス、独自のソフトウェア・ソリューションやサード・パーティーのソフトウェア・ソリューションの導入、SaaSとPaaSのサービスを組み合わせて活用しています。

Sutherland社は機密性の高い顧客データを扱うことが多く、顧客企業のために重要な業務機能を実行することがよくあります。同社は、企業が最適なデジタル・エクスペリエンスを提供できるよう支援する面ではオートメーションとAIを取り入れていましたが、サイバーセキュリティーの脅威の検知と排除のプロセスを迅速化する面に関しても、オートメーションとAIのテクノロジーを活用したいと考えました。

同社が以前利用していた手動の脅威検知のプロセスは、ツール、技法、人間の専門知識を組み合わせることで、サイバーセキュリティー・インシデントへの検知と対応を実現していました。この手動の脅威検知のプロセスは、ある程度のカスタマイズの余地や、人間の直感を取り入れる余地があったものの、拡張性、速度、一貫性の面で限界がありました。

脅威の上を行く防御

IBM Security QRadar Suiteの詳細はこちら

SutherlandはオートメーションとAIを活用して、企業が最高のデジタル・エクスペリエンスを顧客に提供できるよう支援しています。当社は同じテクノロジーをサイバーセキュリティーにも活用したいと考えていました。IBMのQRadar SuiteのオートメーションとAIを利用することによって、脅威への対応のスピード、的確さ、効果を向上させることができます。 Pradnya Manwar氏 情報およびサイバーセキュリティー担当シニア・ディレクター Sutherland Global Services社
AIを活用して、より強力で柔軟なセキュリティーを支援

Sutherland社は、IBM Security QRadar Suiteの脅威検知と対応の高度な機能を、既存のセキュリティーのプロセスとツールセットに加えました。

Sutherland社はQRadarのソリューションを使用して、ログ・データ、ネットワーク・トラフィック、セキュリティー・イベントをリアルタイムで分析し、AIベースの異常検知、ユーザー行動分析(UBA)、予測分析を適用して、従来のルールベースのアプローチでは検知できない可能性があるゼロデイ攻撃やその他の高度な脅威を特定しています。また同社のアナリストはデータのクエリーや探索にもこのソリューションを使用し、潜在的な脅威や侵害の兆候がないか探っています。こうして、セキュリティーの事前対応が強化されました。

Sutherland社はIBM Security QRadar SIEMコンポーネントを特に活用しています。これは、統合されたセキュリティー・エコシステムの確立に役立ちました。アナリストはQRadar SIEMを使用して、IT環境全体のさまざまなソースからデータを収集し、関連付けて、セキュリティー・イベントの全体像を把握しています。また、脅威インテリジェンスのさまざまなフィードと統合して、プロアクティブな防御をサポートしています。

Sutherland社はQRadar Suiteも使用し、組織固有のセキュリティー・ニーズやコンプライアンス要件に合わせてルール、アラート、レポートを柔軟に調整することで、セキュリティーをカスタマイズしています。

 

200+

 

Sutherland社は自動アラートを200以上作成

数週間から数時間に

MTTDを数日または数週間からわずか数時間に短縮

セキュリティーのスピード、的確さ、コスト効率が向上

Sutherland社はQRadarで200以上の自動アラートを作成し、次のような重要な成果を達成しました。

  • セキュリティー脅威の平均検知時間(MTTD)を短縮:数日または数週間からわずか数時間に

  • 平均対応時間(MTTR)を短縮し、損害の可能性を最小限に抑制

  • アラート・ノイズを最小限に抑え、真の脅威を正確に識別することで、誤検知を低減

  • 新たな脅威や脆弱性に関する情報をタイムリーに把握し、脅威インテリジェンスを強化

  • QRadarのレポート機能と監視機能を利用して、よりシームレスなコンプライアンス管理を実現

  • 人間による監視と介入への依存度を抑えることでコストを削減
Sutherland Global Services logo
Sutherland Global Services社について

Sutherland社(ibm.com外部へのリンク)は、企業が完成度の高いエクスペリエンスを顧客や従業員に提供できるよう支援するデジタル・トランスフォーメーション企業です。本社はニューヨーク州ロチェスターにあります。25カ国以上で事業を展開し、65,000人以上の従業員を擁しています。

接続された最新のセキュリティー・スイート

セキュリティー担当者が迅速かつ正確、さらに効率的に脅威から企業を守ることに特化した脅威検知・対応スイート製品です。

IBM Security QRadar Suiteの詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2023.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒105-5531 東京都港区虎ノ門二丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

2023年10月米国で作成。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Security、QRader は、米国およびその他の国々におけるIBMの商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM の商標の最新リストは、 ibm.com/legal/copyright-trademarkでご覧いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストやパフォーマンスの特性はお客様ごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって結果が異なりますので、ご期待通りの結果にならない場合があります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティー慣行に関する声明:どのようなITシステムや製品も完全に安全とみなすべきではなく、不適切な使用やアクセスを、完全に実効性のある形で防止できる単一の製品、サービス、セキュリティー対策もありません。いずれかの当事者による不正行為または違法行為の影響がシステム、製品またはサービスに及ばないという保証、またはこうした影響がお客様企業に及ばないようにするという保証をIBMが提供することはありません。