クラウドのIDおよびアクセス管理(IAM)ソリューション

IBM Security Verifyを使用して、クラウドIAMにリスク・ベース認証のための深いコンテキストを組み込むことで、スムーズで安全なアクセスをサービス利用者や従業員に提供します。

クラウド、指紋、ロケーション、クレジット・カードのデータを表すアイコンで囲まれてノートPCでコンテンツをレビューする人物

概要

自動化、認証、アクセス

企業組織がゼロトラスト戦略を活用してハイブリッド・マルチクラウド環境のモダナイズを進める中、IDおよびアクセス管理をサイロ化のままとしておくことはもはやできません。 クラウド環境では、AI活用による深いコンテキストを使用してリスク保護を自動化し、任意のユーザーを任意のリソースに対して継続的に認証する、クラウドIAM戦略を開発する必要があります。


クラウドIAMの構成要素

お客様のペースでモダナイズ

お客様のクラウド・ジャーニーは、ビジネス要件と一致する必要があります。 既存の投資を維持し、オンプレミスのアプリケーションを保護しながら、適切なクラウドIAMアーキテクチャーを設計およびカスタマイズして、インフラストラクチャーの入れ替え、あるいは補完を行います。

ゼロトラスト戦略を確立

クラウドIAMは、ゼロトラスト実装への理想的なエントリー・ポイントを提供します。これにより、アクセス制御の一元化、顧客のプライバシー保持、内部関係者の脅威の削減,リモート従業員の保護が行えます。

柔軟性の実現

インフラストラクチャーのオーバーホールなしに、お客様のクラウドIAMを何百万ものユーザーやトランザクション向けに拡張します。

2021年のアクセス管理に関するKuppingerCole Leadership CompassがIBM Security Verifyを総合リーダーと評価しました。

次のステップ

クラウドIAMのエキスパートにご相談ください。 トピックを深く掘り下げます。 今すぐ始めましょう。

クラウドIAMの詳細はこちら IAMサービス IAMとは? ゼロトラストとは インサイダー脅威とは クラウドIAM採用の促進 Verify製品ファミリー