IBM Z Virtual Test Platform
ソフトウェア開発ライフサイクルの初期における高度なアプリケーション統合テストと、z/OS を利用したハイブリッド・アプリケーションの詳細な統合テスト
無料評価版
幾何学的形状の抽象的なイラスト

IBM Z Virtual Test Platform (ZVTP) は、完全統合テストを開発サイクルの初期段階にシフト・レフト機能を提供するテスト・ツールです。これは、開発者がレコードおよびプレイバック・モデルを使用してz/OS®アプリケーションを単独でテストできるようにする革新的なテスト・テクノロジーを提供します。これにより、コードが完全な統合テストに渡される前に、より複雑なプログラム・フローをテストする早期のアプリケーション統合テストが可能になります。

ZVTP には、z/OS ハイブリッド・アプリケーションの自動化を開発するためのアーティファクトを備えた自動化フレームワークが含まれています。これらのソリューションを使用すると、組織は継続的で自動化されたテストの利点を実現し、品質を向上させ、クロスプラットフォーム DevOps の可能性を最大限に発揮できるようになります。

はじめる:各環境で開始するために必要なものを参照してください。

テストの自動化:IBM Z Virtual Test Platform が開発チームにどのように役立つかをご覧ください。

ソリューションの概要を読む
メリット シフトレフト・テスト

コードを完全な統合テストに提供する前に、シフト・レフトしてより複雑なプログラム・フローをテストし、コードの品質を向上させます。

自動化テスト

完全なミドルウェア・スタックを必要とせずに、テストを分離して実行します。

より簡単なデバッグ

記録されたテストを個別に再生することで、複雑な問題のデバッグを簡素化します。

リスクの低減

シフトレフト・テストにより問題を早期に発見し、リスクと全体的なコストを削減します。

エンドツーエンドの統合

単一のテスト・フレームワークを使用して、複雑なハイブリッドクラウドの深い統合テストをエンドツーエンドで実行します。

機能
テストを記録し、リプレイのためにキャプチャする

データと情報をキャプチャするトランザクションまたはバッチ・プログラムを記録し、ミドルウェア(CICSDb2など)を使用せずにバッチで再生できる再利用可能なテストを作成する。テストは、オンプレミスまたは任意のクラウド・プラットフォームで実行されているIBM Z Development and Testシステムでも実行できます。

レコーディングの作成方法はこちら レコーディングをリプレイはこちら

最新のユーザーインターフェイス

ZVTP は、テストの結果、収集されたデータ、記録の再生を迅速に表示する最新のユーザー・インターフェイスをユーザーに提供します。

レコーディングを表示する方法を確認する

テストのプログラムフローを視覚化する

テスト・ケースを実行し、実行パス・フローやその他の詳細を視覚化して、テスト対象のプログラムをより深く理解します。


z/OS デバッガーを適用する

失敗したテストの記録を使用してシナリオを簡単に再現できるため、テストで発生した問題のデバッグを迅速に行うことができます。

IBM Debug for z/OS はこちら

単一のテスト・フレームワーク

単一のテスト・フレームワークを使用して、複雑なハイブリッドクラウドの深い統合テストをエンドツーエンドで実行します。


z/OS を利用したハイブリッド・アプリケーションをテストする

単一のテスト・フレームワークを使用して、 z/OSハイブリッド・アプリケーションのテスト・ケースを開発および実行します。IBM Distribution for Galasa は、z/OS 環境要件のインターフェースをサポートするアーティファクトを備えた包括的なフレームワークを提供します。

IBM Distribution for Galasaとの統合
参考情報 z/OS アプリケーションのアジャイル・テスト

組織がシフト・レフトし、z/OS アプリケーションのアジャイル テスト実践を加速するのに役立つテスト ツールを体験してください。

Suman Gopinath (IBM Z DevOps のチーフアーキテクト) 氏は、使用されるアプリケーション・プログラミング言語に関係なく、単一のテスト・パイプラインの重要性を説明します。

z/OS 上で IBM Virtual Test Platform を構成するには、テストケースを正しく実行するためにいくつかの必須タスクを実行する必要があります。このビデオでは、z/OS 上での VTP の基本インストールの構成プロセスの主な手順を説明します。

シフトレフト・テストを適用し、単体テストと初期のアプリケーション統合テストの両方を作成して実行し、両方をパイプラインに正常に追加する方法を段階的に学習します。

ユーザーエクスペリエンスが向上したVTPサーバー拡張機能

テスト・ケースが記録データ・セットを主要なメタデータに抽出し、このメタデータを IBM Z 上のデータベースに保存して永続化する方法を調べます。

IBM z/OS アプリケーションの継続的なテストによりソフトウェアの品質を向上

開発者とテスターがアジャイル・テストの実践を z/OS アプリケーションに適用する方法と、プロセスの高速化に役立つツールをご覧ください。

関連製品 IBM Z and Cloud Modernization Stack

アプリケーションの最新化を迅速に開始または加速し、IBM Z システムでの IT 自動化への標準化されたアプローチを採用します。

IBM Z Development および Test Environment

このプラットフォームは、メインフレーム・アプリケーションの開発、テスト、デモンストレーション、および教育プログラムに使用します。これにより、あらゆる z/OS® ソフトウェアを x86 互換のオンプレミス・システムまたはクラウド・インスタンス上で実行できるようになります。

IBM Debug for z/OS

COBOL、PL/I、C/C++、Assembler で記述された z/OS アプリケーションのデバッグとコード・カバレッジを取得し、レガシー・アプリケーションを広範にサポートします。

IBM Automatic Binary Optimizer for z/OS

再コンパイル、ソース・コードの移行、パフォーマンス・チューニングを行わずに、コンパイル済みのCOBOLプログラム・モジュールのパフォーマンスを向上させます。

IBM Virtual Dev and Test for z/OS

Linux® on IBM Z 環境下でのIBM Z systems for z/OSの仮想化開発およびテスト

IBM Rational テスト

自動テストの作成、実行、分析のための継続的テスト製品のコレクション。

よくある質問

適切なフィット感を選択する

ZUnit は、プログラム・レベルでのテスト機能を提供します。現在、IBM Z Virtual Test Platform を使用したトランザクション・レベルのテストを導入し、Integration Testingの第 1 レベルを可能にしています。

これにより、完全な環境にデプロイする前に、開発者/テスターがトランザクション・テストの最初のフェーズを実行する (またはパイプラインの一部として自動的に実行する) ことができます。

IBM Z Virtual Test Platform は Shopz 製品です。Shopz 製品のトライアルは Techline によって促進されます。

はい。IBM Z Virtual Test Platform は、コンパイラーのアップグレード、ソフトウェア構成管理 (SCM) のアップグレード、または自動バイナリー・オプティマイザー (ABO) の実装などのプロジェクト後の回帰テストに使用できます。

たとえば、次の操作を実行できます。

  • IBM Z Virtual Test Platform を使用してトランザクションを記録します。
  • トランザクションのプログラムに ABO を適用します。
  • テストを再生して、ABO 対応アプリケーションの整合性を確認します。
  • Db2 および DL/I を含むバッチ
  • Db2 および DL/I の呼び出しを使用する CICS
  • IMS TM と BMP
  • 順次 (QSAM) ファイルおよび VSAM (KSDS、ESDS、および RRDS) ファイルの処理のためのファイル I/O サポート
  • IBM IMS MQ with Batch、CICS、IMS
  • CI/CD パイプラインへのシームレスな統合

エンタープライズ・アプリケーションをテストするには、テスターは次のことを行う必要がある場合があります。

1) Selenium を使用して Web アプリケーションを駆動する
2) 3270 画面を操作する
3) JCL バッチ・プロセスを送信して検証する
4) CICS、IMS、または他のサブシステムと対話する

Galasa を使用すると、強力で簡単な API を通じてこれらすべてのテクノロジーを同じテスト・クラスの範囲内で使用できるようになり、テスターは適切なタイミングで適切なテクノロジーを使用できるようになります。テスターは、LPAR、Z 開発およびテスト環境 (ZD&T)、Wazi サンドボックス、またはモックを含むサブシステム上にあるかどうかに関係なく、すべてのテスト環境に対して同じテストを実行することもできます。

開始方法

z/OSシステム、アプリケーション、IBM Z Virtual Test Platform。一度記録すれば、テストを実行するために元のミドルウェア/サブシステムやデータは必要ありません。

必要なセキュリティーとインフラストラクチャーがすべて整備されていれば、たった数時間で完了です。これは完全にホストベースであり、すべてメインフレームです。


IBM Distribution for Galasaをダウンロードするには、こちらをクリックしてださい。(ZIP、384MB)

製品サポート

はい、実際の LPAR または Z Development and Test (ZD&T) プラットフォームが必要です。

これはすべて開発とテストです。

IBM Z Virtual Test Platform では、追加の z/OS またはクライアント・ソフトウェアは必要ありません。


IBM Z Virtual Test Platform が実際のハードウェア (開発 LPAR およびテスト LPAR) 上ですでにライセンス供与されている場合は、ZD&T に IBM Z Virtual Test Platform をインストールできます。

はい、IBM Z Virtual Test Platform の資格を持つお客様の場合

次のステップ

z/OS を活用したハイブリッド・アプリケーションの詳細な統合テストはこちらです。IBM Z 担当者との 30 分間の無料ミーティングをスケジュールします。

無料評価版
その他の参考情報 資料 サポート IBM Redbooks® サポートとサービス グローバル・ファイナンシング 柔軟な料金体系 教育とトレーニング ZVTP Community 自動テストコミュニティー 開発者コミュニティー パートナー 参考情報