開発・ 革新・ 変革

アジャイル環境では、重要なレベルのテストを開発ライフサイクルのより早い段階に移動する必要があります。 IBM Z Virtual Test Platformを使用することで、開発者とテスト担当者はアプリケーション統合テストを早い段階に移動し、自動化された継続的テスト・プロセスの一部として含めることができるため、障害をより早く検出できるようになりました。 このプラットフォームは、シフト・レフトと継続的テストの利点を組み合わせることで、お客様の組織がDevOpsの可能性を最大限実現できるようにします。

メリット

テストのシフト・レフト

アプリケーションの統合テストをプログラミング・ライフサイクルのより早い段階に移動します。

テストの自動化

テスト・プロセスを自動化して、俊敏なCI/CDパイプラインを実現します。

回帰テスト

コンパイラーのアップグレード、ABOの実装、SCMツールの移行後の回帰テストを自動化します。

IBM Z Virtual Test Platformの主な機能

  • アプリケーションの統合テストのシフト・レフト
  • 元のミドルウェアの必要なしのテスト実行
  • コピーブック変更後の確実な再構築
  • 回帰テスト
  • 継続的テストの自動化と有効化
  • 完全なスタブ

お客様事例

デモを見る

IBM Z DevOps部門のテスト・ポートフォリオのアーキテクトであるSuman Gopinathが、トランザクション・テストを開発サイクルのより早い段階にシフト・レフトし、導入前にテストできるようにするために、Z Virtual Test Platformがどのように役立つのかを詳しく説明します。

デモを見る(06:39)