5月26日Webセミナー:サイバー脅威の最新動向と対策

IBMのセキュリティー機関X-Forceの日本責任者が解説

 <脅威インテリジェンス・レポート 2022 公開中>

概要

IBM Security Verifyの強み

IAMのユースケース

サービス利用者IAM

対話式の小売店Webサイトを示すノートPCの画面

サービス利用者IAM

サービス利用者向けの、オンデマンドでパーソナライズされた信頼できるエクスペリエンスを促進します。 簡単な登録、スムーズなエンゲージメントを実現し、プライバシーに配慮したプロファイルの管理・運営を行います。

従業員IAM

アプリのライブラリーを示すノートPCの画面

従業員IAM

従業員の生産性を向上し、ITのモダナイゼーションを実現して、IDをゼロトラスト・イニシアチブに組み込むことで、組織を保護します。

機能

シングル・サインオン

クラウド・アプリケーションとオンプレミス・アプリケーションのアクセス制御を一元管理します。

リスク・ベース認証

AIによる状況に応じたリスク判断で、必要な時だけ多要素認証を実施するなど、よりスムーズで安全な認証を提供します。

拡張認証

セキュリティー層を追加します。または完全にパスワードなしで認証します。

ライフサイクル管理

アプリケーション・アクセスとビジネス・ガバナンス・ワークフローを結びつけます。

ID分析

ユーザー、資格、アプリケーション全体でリスクがないかスキャンします。

同意管理

プライバシー法に対応できるように、詳細な要件をテンプレート化します。

無料評価版を始める

構成ガイドとアプリケーションのヘルプからすぐに開始できます。