IBM Supply Chain Intelligence Suiteをおすすめする理由

18日から21日かかっていた作業が数時間に

重大なサプライチェーン中断の管理に要する時間の削減¹

18%

在庫レベルの低下²

7日から2.2秒に

店舗から農家まで製品を追跡するために要する時間の削減³

IBM Supply Chain Intelligence Suiteのスイートの概要が表示されている、開かれた状態のノートPC

IBM Supply Chain Intelligence Suiteによる運用の変革

IBM Supply Chain Intelligence Suiteは、従来の変革アプローチによるサプライチェーンの混乱解消に苦戦している組織に、AIベースの最適化と自動化のソリューションをもたらします。サプライチェーンのレジリエンシーを向上し、俊敏性を高めるとともに、実行可能な洞察、よりスマートなワークフロー、インテリジェントな自動化によって、価値実現までの時間を短縮します。

主要な機能:

  • マルチエンタープライズのリアルタイムの可視性
  • 実行可能な洞察、予測、および推奨事項
  • 機能横断的なワークフロー・オーケストレーション
  • 製品固有の追跡可能性とトレーサビリティー
  • ブロックチェーンによる不変性と信頼性

メリット

価値の提供を加速化

統合されたユーザー・エクスペリエンスから洞察を得て措置を講じます。 新しいインテリジェンスによって明らかにされる最優先問題を特定し、処理します。 例外による管理を使用して問題に対処します。

俊敏性の向上

リアルタイムかつ双方向の情報フローに合わせてサプライチェーンの参加者の調整を行い、意思決定をスピードアップします。 計画から実行までの時間を短縮します。 より迅速な対応で顧客体験を向上させます。

レジリエンスの向上

エンドツーエンドの可視性を得て、問題解決の管理コストを削減します。 組み込みAIを使用して例外を特定および予測し、中断を最小限に抑えます。 サービス提供のコストを最適化します。

詳細はこちら

サプライチェーンの再考

IBMのエキスパートが登壇し、実際にIBM Supply Chain Intelligence Suiteがどのように動作するのかを、主なユースケースに焦点を当てた製品デモでご紹介します。

AIと自動化を使用してサプライチェーンのレジリエンシーを高め、運用を最適化

最も複雑なサプライチェーンの課題に、次世代ソリューションでどのように対処できるかをご紹介します。

リーダーに学ぶ: よりレジリエントなサプライチェーンを構築するための主要ステップ

サプライチェーンの脆弱性と対処方法について、業界リーダーの動向をご覧ください。

お客様事例

1つかみのコーヒー豆を持ってコーヒー処理装置のそばに立つ労働者

Farmer Connect社

コーヒー業界向けに構築されたこのブロックチェーン・プラットフォームは、農家と消費者を結び、共有価値を構築して業界を変革しています。

どんよりとしたもやの中からブドウ棚の列を見下ろした空中写真

IBMとeProvenance社がVinAssure™を発表

ブロックチェーンでワインの品質と完全性を維持しています。 VinAssureが、効率性、トレーサビリティー、収益性の向上にどのように役立つかをご覧ください。

水路の上にかかる橋を走行する車やトラックを見下ろした空中写真

IBM Supply Chain

IBMがどのようにAIを利用して、既存の在庫ソリューションとERPシステムを拡張してつなげる、コントロール・タワー・ソリューションを作り上げたのかをご紹介します。

次のステップ