EDB Postgres Enterprise and Standard with IBM
オープンソースのPostgresSQLに基づくエンタープライズ・クラスのデータベースで、アプリケーションを開発し、実行できます。パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミスなど、どこにでも導入できます。
テクニカルガイドを読む
女性が大きなサーバールームで仕事について考え込んでいる
Postgres 14がリリースされました

開発者・管理者がデータに基づいたアプリケーションをデプロイするのに役立つ、さまざまな新機能。

詳細はこちら
概要

EDB Postgresは、統合型のオープンソースベースのSQLリレーショナル・データベース・ソリューションを提供します。エンタープライズ規模のデータ・ニーズに合わせ構築されています。豊富な拡張機能セットにより、コスト効率が高く、回復力のある実稼働環境および非実稼働環境をサポートします。組織は、IBMにより、EDB Postgresのライセンス供与、導入、サポートを受けることができ、高可用性、災害復旧、監視のためにテストされ、認定されたPostgreSQLを活用できます。

読む: Oracleワークロードのクラウドへの移行
メリット
柔軟な導入

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、仮想化、コンテナ、ベアメタルなど、ビジネスに必要なあらゆる環境に導入し、統合できます。

生産性を向上

JavaScript、JSON、Python、XMLなど、最新のプログラミング言語やIDEの開発者向けのサポートを提供します。

複数のデータ型

任意のデータ型を使用できます。EDB Postgresは、ほとんどの構造化データ、半構造化データ、非構造化データを、ネイティブに処理します。

最新のデータ・アーキテクチャを構築

IBM Cloud Pak for Data上で MongoDB Enterprise Advancedを実行することで、高度な分析とAIモデルをサポートします。

主要な機能

エンタープライズ・セキュリティー

EDBは、ANSI SQL GRANTとREVOKEを通じてセキュリティを提供します。LDAP、PAM、Kerberos向けの外部認証サポートを提供します。また、きめ細かなオブジェクト権限、運用監査、仮想プライベート・データベース、SQLインジェクション攻撃に対する保護も提供します。

    重要なワークロードの高度なパフォーマンス

    高度なパーティショニングにより、よりスマートで高速なパーティション・プルーニングが可能になります。重要なトランザクションが、他のワークロードよりもリソースを優先度を持つようにできます。Dynamic Runtime Instrumentation Tools Architecture (DRITA) は、システムとセッションの待機イベントを分析し、ボトルネックを特定できます。

    データベースの互換性により、移行作業を最小限に

    EDBは、変換レイヤーや高価なコンサルティング契約を必要とせずに、既存のPL / SQLプログラムとデータをネイティブに処理します。EDB互換性とは、期待されるパフォーマンスが維持され、知的資本が保護され、スタッフが重要なタスクに集中できることを意味します。

    DBAと開発者の機能

    EDBは、EDB*Loaderや拡張カタログビューなどのツールや機能を提供します。250以上の関数、一括コレクトとバインド、ユーザー定義オブジェクト・タイプなどを備えた21のパッケージが、プログラミングの労力を軽減し、処理を高速化します。

    主な製品
    IBM Cloud Pak for Data 次世代のIBM Cloud Pak for Dataは、より高速で信頼性の高いAI結果を実現するデータ・ファブリックを提供します。必要な場所から、適切なデータを、適切なタイミングで、適切な人に接続します。ハイブリッド・クラウド全体で1つのフルマネージド・エクスペリエンスを使用して、ビジネス対応AIのペタバイト規模のデータを取り込み、探索、準備、管理、管理、提供します。 IBM Cloud Pak for Dataの詳細はこちら

    Postgres 14の新機能

    拡張性とパフォーマンス PostgreSQL 14を使用することで、多数のパーティションがあるテーブルの更新と削除のパフォーマンスを大幅に向上できます。最も重要なことは、以前よりもさらに多くのパーティションに拡張できるようになり、PostgreSQLが以前よりもはるかに大規模なデータベースに対応できるようになったことです。さらに大きなJSONドキュメントやXMLドキュメントなどを含むアプリケーションを、TOASTデータの新しい圧縮オプションLZ4により強化することができます。新方式では最新の圧縮技術を採用し、文書データの圧縮・解凍速度が大幅に向上しました。

    セキュリティーの強化 今後のPostgreSQLのデフォルト認証はSCRAM-SHA-256に変更され、新規ユーザーがこの重要なセキュリティ機能を最大限に活用できるようになり、新規ユーザー向けのMD5は非推奨になります。
    標準化 LANGUAGE SQLを使用するサーバー側の関数とプロシージャは、SQL標準に準拠した関数本体を使用できるようになりました。グラフクエリのサポートは、SEARCH句とCYCLE句によって強化され、PostgreSQLでの複雑なグラフクエリの作成が容易になります。

    デベロッパーフレンドリー ストアド・プロシージャは、コードベース内でトランザクション制御を提供します。PostgreSQL 14では、OUTパラメータが実装されており、開発者はストアド・プロシージャで複数のパラメータを使用してデータを返すことができます。この機能はOracleでは一般的な機能であり、OracleからPostgreSQLへの移行を試みる開発者にとっては歓迎すべき追加機能です。

    IBMデータエコシステムの詳細はこちら IBMによるシングルストアDB

    SingleStore DBは、データ集約型のワークロード向けの最新のSQLデータベースです。ユビキタスに近い接続により、高速で大容量のデータ・ワークロードが実現します。

    MongoDB Enterprise Advanced with IBM

    堅牢で拡張可能、高い可用性を持つドキュメント・データベース・ソリューションにより、開発者はアプリをより迅速に構築し、データをより適切に配布できます。

    オープンソース・データベース

    IBMオープンソース・データベース・ソリューションは、リレーショナル・コンポーネントと非リレーショナル・コンポーネントの両方を含むハイブリッド・データ環境の実装に役立ちます。

    ユースケース

    Oracleからより多くのアプリケーションを移行 アドバンスト・キューイングは、金融取引、ユーザー・プロファイル・データ、記録システム情報に使用されるアプリケーションなど、Oracleから EDBへのさまざまなアプリケーションの移行をサポートします。

    大規模なデータセットの管理 EDB Postgres Advanced Server 9.6では、より多くのデータ型やプリペアドステートメントに対する高速プルーニングなどの堅牢なパーティショニング機能により、より大規模なデータセットを持つクライアントをサポートできるようになりました。
    より優れた構成の構築 クラスタリング、スケールアウト、統合機能を使用して、より堅牢で柔軟な構成を構築できます。同期適用確認を使用して、真に読み取り可能なスケーラブルなクラスターを構築できます。

    参考情報 IBM® Data Management for EDB Postgres Enterprise

    オープンソース・データベースを既存のデータ管理ソリューションに統合する方法をご紹介します。

    コンテナへのPostgresデータベースのデプロイ

    コンテナ化されたデータベースの利点と、EDBによるそのプロセスの加速方法についてご紹介します。

    EDBとIBMが複数年にわたるパートナーシップを発表

    IBMのお客様向けのEDB Postgresの活用方法をご紹介します。

    IBMとEDBがPostgreソリューションを強化

    オープンソース・データベースの使用方法と、Enterpriseエディションと Standardエディションの利点についてご紹介します。

    ヘルプデスク・サービス・チケット・アプリのコードパターン

    EDBとVue.jsを使用して、サポート・チケットを追跡するWebアプリケーションを作成できます。

    次のステップ

    PostgreSQLを使った最新のエンタープライズ対応データ・アーキテクチャの構築については、IBMエキスパートにご相談ください。

    「Journey to AI(AIへの道のり)」ブログ