IBM Security™の新しいサービス:

IBM Cloud Pak® for Security for Security as a Service。企業全体にわたるゼロトラスト・アーキテクチャーの展開を簡素化します。

概要

セキュリティーの複雑さ

サイバー・レジリエンス・レポート(Cyber Resilient Organization Report)で詳細をお読みください。

プラットフォームのメリット

セキュリティー・プラットフォームに関するForrester社主導のWebセミナーをご覧ください。

注目のお客様事例

インシデント対応

複数のモニター画面を見る人

インシデント対応

堅固なセキュリティー・オーケストレーション機能、自動化機能、応答機能により、チーム同士のコラボレーションを進め、プレイブックを作成して管理することで、インシデント対応におけるすべての側面での一貫した作業が実現します。

脅威ハンティング

かけた眼鏡にスクリーンの画像が映っている人の顔のクローズアップ

脅威ハンティング

優先順位付けされた脅威インテリジェンス、フェデレーテッド・サーチ、スマートな照会ビルダーにより、アナリストは単一のコンソールでフィルタリングや分析を行えます。データを移動する必要がないため、脅威ハンティングにかかる時間が大幅に削減されます。

データ・セキュリティー

デスクの前でモニターの画面を見る人

データ・セキュリティー

IBM® Security Guardium® Insights for IBM Cloud Pak for Securityでは、さまざまな異なるデータ環境にまたがる完全なデータ・セキュリティーと監査データの可視性、リアルタイム制御、さらに自動化されたワークフローが実現されています。

機能

強力なコネクテッド・セキュリティー

脅威インテリジェンス

脅威を特定し、その危険度を分析して、優先順位を付けます。

フェデレーテッド検索

データを移動せずに、すべてのデータ・ソースを検索します。

オーケストレーションおよび自動化

サイバー脅威に迅速に対応し、素早く修復します。

データ・セキュリティー

データ・セキュリティーを一元管理し、データの脅威を分析して対応します。

リスク管理

セキュリティー・リスクの状況を把握し、優先順位を付け、修正します。

役割別の課題とメリット

ご自分の役割では、どのようにセキュリティー運用を実行できるかをご確認ください。

セキュリティー・リーダー

ユーザーの課題:

ツールの種類とデータの保存場所のばらつき。多くのポイント製品を統合する必要がある。スタッフとスキルが不足。

このソリューションは、以下のことに役立ちます。

どこに保存されているかにかかわらずデータに接続。オンプレミスであれ、クラウド上であれデプロイ。統合コンソールから管理。自動化による簡素化。

セキュリティー・アナリスト

ユーザーの課題:

完全な脅威の可視化に時間がかかりすぎる。アラートのトリアージと洞察が不十分。複数のツールによる脅威ハンティングが非効率

このソリューションは、以下のことに役立ちます。

カスタマイズされたスコアによる脅威の優先順位付け。ケースの自動作成。データ・ソース全体でのフェデレーテッド・サーチの実行。

インシデント・レスポンダー

ユーザーの課題:

大量のデータを手動で処理。複数のツール間でプロセスを定義する必要性。異種のチーム間でのアクションの調整。

このソリューションは、以下のことに役立ちます。

ツールの統合。タスクとロギングの自動化。インシデント対応用のプレイブックの作成。統合コンソールを利用したコラボレーション。

Testimonial