概要

IBM File Manager for z/OSは、IBM Determination Tools製品群のz/OSデータ・セット、Db2、CICS、IMS、WebSphere MQのデータを処理する場合に、ファイル処理機能を強化するための柔軟で使いやすいツールを提供します。File Managerは、Interactive System Productivity Facility(ISPF)の標準ブラウズ、編集、コピー、バッチ、印刷ユーティリティー機能を強化して、開発者がその構造化データをより効率的に処理できるようにします。

より迅速に開発するための広範なツール

編集と対話式の機能の幅広い製品群を活用して、開発を迅速化します。複数のファイル・ソースとフォーマットのデータを、素早く簡単に検索、コピー、編集、印刷、比較、表示できます。

対話式とバッチから選択できるオプション

COBOLとPL/Iのレコード・レイアウトでデータを処理する際に、対話式モードとバッチ・モードから選択できます。

直観的なカスタム・データの表示

表示、コピー、印刷の対象とするフィールドを選択することで、処理の方法をカスタマイズできます。

素早く簡単に開始できるテンプレート

特定の種類のデータ管理や分析をサポートするために作成されたテンプレートを使用できます。レコード内のデータを個別のフィールドとして表示して操作するには、カスタマイズしたデータの論理ビューを使用します。