ハイブリッドクラウドのための仮想化

仮想化は、ハイブリッドクラウドへの道のりにおける重要なステップです。サーバー仮想化によりITインフラストラクチャーを最適化するには、物理サーバー・リソースを共有して、より多くのサーバーの必要性を低減し、新しいワークロードのプロビジョニングを加速し、ワークロードの増大に合わせてリソースをコスト効率良く拡張します。

メリット

仮想化はハイブリッドクラウドへの道のりを支えます。組織は仮想化により、IT支出を削減し、俊敏性とレジリエンシーを実現し、ワークロードをより効果的に分離できるようになります。

IT費用の削減

数千ものワークロードを仮想マシンとして1つの物理サーバーに統合します。

俊敏性とレジリエンシーの実現

新しい仮想マシンを素早くプロビジョニングし、既存の仮想マシンのライブ・マイグレーションを行います。

ワークロードの分離

仮想マシンを分離することにより、ワークロードを相互および管理者から保護します。

仮想サーバー・テクノロジー

論理区画

最高の保護レベルを備えた(EAL5+認定)LPARに物理サーバーを分割します。

仮想化ソフトウェア

拡張性、管理、およびパフォーマンスを提供するハイパーバイザーにより、より多くのVMを使用可能にします。

オープンソースの仮想化

オープンソースのKVMハイパーバイザーと一緒に使い慣れたツールを使用して、仮想マシンを構築および管理します。

分離の強化された仮想化ソリューション

オンプレミスの仮想サーバー

ハイブリッド・マルチクラウド環境向けの基幹業務アプリケーションを安全に構築、導入、管理します。

クラウド内の仮想サーバー

パブリッククラウド内のワークロードに関する権限を獲得し、仮想サーバー環境でビジネスを保護します。

分離された仮想マシン

きめ細かく大規模な分離により、内外の脅威からワークロードを保護します。

バージニア州最高裁判所

コスト節減により新しいデジタル・サービスへの投資が可能になり、スタッフの時間を解放して他の優先事項に取り組めるようになっただけでなく、フロア・スペースも広がりました。

Vitec AutoData社

ITアーキテクチャーのTCOを削減し、重要なサービスの拡張性、セキュリティー、信頼性を強化し、クライアントのオンボーディングを促進しました。

Fort Vale Engineering社

スループットを増加させ、システムを統合することで保守コストを削減し、詳細な更新情報を提供することで顧客体験を向上させました。

参考情報

仮想化の学習ハブ

仮想化の仕組みを理解し、これがどのようにクラウド・コンピューティングを可能にするかをご覧ください。

仮想化の研修

IBM Z環境およびLinuxONE環境での仮想化の実装と管理に関する技術研修にご参加ください。

仮想化のヒント

仮想化テクノロジーと、ハイパーバイザーのゲストとしてLinuxを実行する方法について説明します。

次のステップ