Enterprise Linux on Power Systemsが、現代のワークロードに適したスマートな選択肢となる理由

Linux on Power Systemsは、大量のデータを迅速かつ効率的にコスト効率よく処理して、リアルタイムの実用的なビジネス上の洞察を編み出すために構築された、オープンでスケーラブルなインフラストラクチャーを提供します。

投資の保護。

優れたエネルギー効率。リソースの共有。システムの最適化。高い使用効率とリスクの削減を実現。24時間365日体制で稼働。

ワールド・クラスの性能。

アクセラレーションを標準装備。柔軟なインフラストラクチャー。継続的なアプリケーション可用性。

データに合わせた構築

ビッグデータとアナリティクス。クラウド対応。SQLデータベースおよびNoSQLデータベース向けのオープン・ソース。

Linux用に構築されたサーバーに対応

IBM OpenPOWER LCサーバーは、競合するコモディティー・サーバーと比較して、最大2倍の性能と12倍のワークロード密度を実現します。

Linux on IBM Power Systemsは、グローバルな企業で使用されています。

ノースカロライナ大学が新しいビジネス・パートナーの発見を200倍高速化。

Algo-Logicが毎秒数百ギガビットの市場情報の取り込みを加速。

Allegiant TravelのITグループが1つのアプリケーションの時間を6時間から15分に短縮。

    Linux on Powerディストリビューターの紹介

    「POWERアーキテクチャーは、お客様に選択肢をもたらします。」
    Jim Totton
    Red Hat、プラットフォーム事業部門、VP兼GM
     
    Red Hatはオープン・ソース・ソリューションのリーディング・プロバイダーであり、IBMは最大規模のLinuxコントリビューターの1つです。Red Hat® Enterprise Linux®は、IT環境に卓越した価値をもたらす高性能なオペレーティング・システムです。

    「Linux on Powerの時代が到来しました。」
    Michael Miller
    SUSE、グローバル・アライアンス・アンド・マーケティング担当統括責任者
     
    SUSEとIBMは、あらゆる規模の企業が基幹業務システムを導入して保守する上で支援しています。SUSEは、俊敏性の向上、複雑さの管理容易性、コスト削減を実現する、信頼性の高い相互運用可能なLinuxとクラウド・インフラストラクチャーのソリューションを提供します。

    「お客様が求めるスケール、信頼性、性能を提供します。」
    -Mark Shuttleworth
    Canonical社、設立者 
    CanonicalとUbuntuコミュニティーはIBMと協力して、UbuntuサーバーとUbuntu OpenStackがIBM Power SystemsやIBMソフトウェア・アプリケーションとシームレスに連携するようにしています。Ubuntu for Power Systemsにより、スケールアウトとクラウドの市場への参入を容易にする OpenStackエコシステムが可能となります。

    リソース

    IDCアナリスト・レポート: デジタル変革のための新種のサーバー

    IDCが、単なるx86ベース・サーバーを超えるサーバーを評価するようITバイヤーを促す理由をお読みください。

    デジタル変革のための新種のサーバー

    LinuxおよびIBMのOpenPOWER LCでアプリケーションを開発すると、柔軟なスケーリング、基幹業務の回復力と信頼性、および性能といったメリットが得られます。

    お問い合わせはこちら: 1-866-872-3902 | 識別コード: Power

    IBMをフォローする

    IBMをフォローする