加速するディープ・ラーニングによる「画像認識」

AIによる画像認識および解析の精度はすでに人間の認識能力を超えるほどに成熟しています。熟練技術者に依存していた目視検査や設備の故障予知などの領域で、「ディープ・ラーニング(深層学習)」を活用した状況の自動判断を進めようとする機運が高まっています。

しかしながら、実際に自社で実装するには、ディープ・ラーニングに関する専門知識を持つデータ・サイエンティストによる、膨大かつ地道な作業が必要になるなど、長くて険しい道のりがあると考えている企業がまだまだ多いのが実情です。

IBMなら、ディープ・ラーニングやプログラムの専門知識がなくても大丈夫!

IBMは、専門スキルを持った人材の不足や実装に必要な膨大な作業時間といった課題を一挙に解決し、ディープ・ラーニングによる画像認識を高速に処理する環境を提供します。リアルタイム性、オンプレミス環境でのデータ管理、大量のデータ処理が求められる業務に最適です。画像分類ならば最短15分、物体検出ならば最短1時間で実装可能です。

活用例

エレクトロニクスにおける異常監視や目視検査

電気・電子産業における目視検査

重・金属工業における外観検査

「AI画像認識」導入の課題を解決する、IBMのソリューションとは?

AI画像認識の活用は黎明期から進行期に移ろうとしています。

AIを組み込んだアプリケーション開発やビジネスプロセスの変革をはやく確実に実行するために、効率的にデータサイエンスを使用できる環境を整えることが必要です。

“「精度の高いディープ・ラーニング」を実現する3つの視点”ビデオでは、実現に向けた課題を解決するための重要な3つの視点を解説します。

Webセミナーでは、実際に学習処理の自動化とコーディングレス化する方法を、画像認識デモや事例を通して詳しく紹介します。ぜひ2本ともご覧ください。(Webセミナーの視聴には登録が必要です。)

お客様に最適なソリューションをご紹介します。お気軽にお問い合わせください。

スパコン・ランキング世界1位のSummitで採用された、AI向け最新マシーンAC922を使ってみませんか?今なら特別価格でご提供!今すぐお問い合わせください。

業界随一のパフォーマンスを誇るIBMストレージ・ソリューションで、現場データで製品開発力を高める方法をご紹介します。

お問い合わせはこちら: 0120-550-210 | 識別コード: Power