正確でタイムリーな洞察による品質の最適化

従来の生産品質検査は、高額で時間がかかり、エラーが発生しやすいものです。IBM Watson IoT™を活用した高度な分析、機械学習、AI技術により、潜在的な品質問題をこれまでにないほど早期により明確に特定することができます。インダストリー4.0の利点を生かして、欠陥を減らし、コストを削減し、最終的には生産量を向上させます。

製品およびプロセスの品質の向上

品質問題を迅速に検出し、コストの嵩む誤ったアラームを削減します。使用するデータ・ポイントの数を大幅に減らし、信頼性の高いアラートに基づいた迅速な対応を実現して、品質を高めます。

製品およびプロセスの品質

品質不良の原因を素早く特定

検査ラインでAIを活用しましょう。障害が発生しているところを正確に認識することで、時間をかけて継続的に改善できます。

目視検査による品質向上

音響データで障害を検出

音響データを機械学習やAI技術と組み合わせて、品質の欠陥や機器の誤動作を認識し、検出します。障害を予測して、工場がより安全に、よりスマートで効率的になるようにします。

音響検査による品質向上

このソリューションを支える製品

IBM Maximo PQI Maximo Visual Insights

機械学習、エッジ・プロセッシング、イメージ・キャプチャー、および人間の専門知識を使用して、目視検査を変革して生産コストを削減します。

IBM Maximo PQI Maximo Acoustic Insights

AIアルゴリズムを使用してリアルタイムに音響認識を行い、機器の劣化を早期に検出します。

資産管理を最適化するその他の方法

お客様事例

LCDメーカーが品質検査を改善

Shenzhen China Star Optoelectronics Technology社は、生産を次のレベルに進めるために、IBMと提携して製品検査の加速化と自動化を行い、コストを削減しながら生産品質とスループットを大幅に向上させました。

このソリューションの実用例