APMとは

資産パフォーマンス管理(APM)は、強力なAIデータと分析を使用して、エンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)システムを拡張します。信頼性を中心とした保守によって、計画外の修理作業を最小限に抑え、資産の可用性を高め、コストを削減し、機器の故障のリスクを軽減します。

トレンド

機器から学ぶべきときです

予測保守分析は、資産の障害を発生前に予測するためのインテリジェンスを提供します。生産を予防保守から予測保守に移行して、コストのかかる不要な修理を削減し、24時間最適な効率で工場を稼働し続けられるようにします。

電力/ガスの供給を支える設備と送配電網を最適化

相互接続されたエネルギーや電力/ガスの資産の全体像を把握できます。IoT、AI、分析を適用して、資産の正常性、予測保守、修復管理を総合的に見て、より多くの情報に基づいた意思決定を行います。

データに基づいた設備管理の最適化

状態、コスト、パフォーマンス、残り耐用年数などのデータをIoTで取得・監視し、資産の正常性を確認することで、メンテナンスや投資に優先順位をつけた資産計画に基づく運用をすることができます。故障発生や予期せぬダウンタイムの後を追うメンテナンスではなく、資産の現在の正常性に基づいたメンテナンスや交換作業へと変革を進めましょう。

設備の故障を予知して、未然に対応

資産の正常性を予測します。履歴およびリアルタイムの資産パフォーマンス・データ、保守レコード、検査レポート、環境データを使用して、パフォーマンス要因を相関させて資産の劣化や障害を予測します。

資産の障害を予測

AIが現場作業員の障害対応をアシスト

すべての保守技術者が最高の技術者になり、初回の修理率を向上させ、平均修理時間を短縮します。推奨される修理内容を明確に提示して、どんなに複雑な機器にも最適な保守を達成します。

機器のニーズの把握

重要資産の可視化とリスクの理解

重要な資産に重点を置きます。検査、保守、修理、および運用(MRO)のインベントリーをより適切に管理し、交換か修理かの決定を優先順位付けします。

このソリューションを支える製品

IBM Maximo APM - Asset Health Insights

IBM Maximo®との緊密な統合により、IoT、外部および過去のデータと資産モデルを使用して、資産の正常性を判別します。状態ベースの保守への移行を促進します。

IBM Maximo APM - Predictive Maintenance Insights

コストがかさむ不要な予防保守の落とし穴を回避します。データと高度な分析を使用して、重要な機器が故障する恐れのある時機を見極め、適切なアクションを取れるようにします。

IBM Maximo APM - Equipment Maintenance Assistant

深く効果的な洞察でより適切に障害を診断し、推奨される修理内容を明確にすることで、初回修理完了率を高めます。

資産管理を最適化するその他の方法

お客様事例

Sandvik社がIoTを深掘りする

Sandvik社はWatson IoT™と連携して、よりスマートで、より安全で、効率的な運用サービスをお客様に提供しています。さまざまなリソースから送られる装置データやアプリケーションデータが自動的に分析され、地下数千フィートの環境でもパフォーマンスと生産性を向上させます。

このソリューションの実用例