サステナビリティーの先駆者になる
人工知能(AI)、データ、コラボレーション、共感をうまく使うことで繁栄への道筋を構築します
サステナビリティーに関する洞察をメールで受け取る
トンネルがあり、持続的に機能する交通手段を備えた大都市を表すサステナビリティーのイラスト
私たちは変化のアーキテクトです

気候変動と利害関係者や消費者からの外的圧力の高まりに直面して、企業は重要なサステナビリティー目標を達成するために競い合っています。ただし、これらの目標は、効果的に測定できる場合にのみ価値があります。サステナビリティーを追求するには、組織の文化、運用モデル、および日常のワークフローに根付く必要があるコミットメントによって推進されるトランスフォーメーションが必要です。

すべての章を表示
 
重要な洞察:CEO(最高経営責任者)の80%は、サステナビリティーへの投資が5年以内に業績をもたらすことを期待しています

多くの経営幹部は依然としてサステナビリティーと収益性を補完的ではなく相反するものと見なしていますが、CEO(最高経営責任者)の80%はサステナビリティー投資が5年以内にビジネスの成果をもたらすことを期待しています。1サステナビリティーを規制要件または利害関係者の期待と見なすことから、運用効率、トランスフォーメーション、利益、成長の機会と捉え直すように考え方をシフトしなければなりません。

何よりも、持続可能性を高めることは、イノベーションを起こすチャンスでもあります。 Kareem Yusuf, Ph.D. シニアバイスプレジデント、製品管理および成長 IBMのサステナビリティー・ソフトウェア
朗報:誰も一人でサステナビリティーに取り組んでいません

同僚、テクノロジー、データ、AI、パートナーのエコシステムから支援を受けることができます。まず、ビジネスの優先順位と運用上の機会を評価する必要があり、これは4つの考え方に分類できます。

重要な洞察:86%の企業がサステナビリティー戦略を持つ一方、その戦略に基づいて行動を取っているのは35%に過ぎません。²
あなたの考え方はどちらですか 評価

お客様の組織はまだサステナビリティーに投資していません。環境への取り組みはビジネス戦略の一部ではありません。今こそ、エンドツーエンド運用の現在の状態を確認しましょう。

ビルドから開始
コンプライアンス

規制要件を満たし、一定の水準の環境、社会、ガバナンス(ESG)レポートに投資する必要があります。主にテクノロジーを使用してパフォーマンスを監視します。お客様のアプローチは、利害関係者を巻き込むことに関するものである場合、事前対応型というより事後対応型と言えます。

ビルドを開始する
運用

お客様はすでにサステナビリティーを機会と義務の対立と見なしています。特にデータを活用して、運用の改善に投資しています。AIの力を解放して、データをより有意義で実用的なものにすることができます。手動プロセスから自動プロセスに移行して、可視性を高め、サステナビリティーの目標に向けた進捗を促進する必要があります。

運用化開始
トランスフォーメーション

環境的および社会的影響は、組織の使命とビジネス戦略に不可欠です。データ、イノベーション、エコシステムのパートナーを利用して、あらゆるレベルでサステナビリティーの取り組みを実行しています。また、AIがどのようにジャーニーを迅速化し、ビジネスの成果を加速できるかを知りたいと思っています。

運用化開始
次のステップ

ビジネスの未来がサステナビリティーにかかっていることは明らかです。ただし、そのビジョンを実現するために、企業は現在の目標を運用可能にし、オートメーション、透明性、信頼性をサポートするテクノロジーを採用する必要があります。

お客様は現在の考え方を評価することで最初の一歩を踏み出しました。それでは、2つのトラックを開始し、詳細を学びましょう。

Neste

柔軟性と再生可能燃料の推進 持続可能な航空燃料のトップメーカーであるNeste社は2015年、気候変動と闘い、環境保護を促進することを約束しました。今日、廃棄物と残留物は、同社の再生可能原材料の総インプットの90%以上を占めています。

IBM® Global Real Estate

施設向けのサステナビリティー・テクノロジー IBM Global Real Estateは、IBM Sustainability Softwareを使用して、より持続可能な施設管理を実現するために日々の運営上の意思決定に洞察を組み込んでいます。効果的なサステナビリティー主導の取り組みで2つの賞を受賞しています。

ニューヨーク州電力公社(NYPA)

VISION2030戦略の進歩 NYPAは、デジタル・トランスフォーメーションをサポートするために、資産管理システムをIBM® Maximo®ソフトウェアに統合しました。資産、インベントリー、計画、保守、作業指示モジュールなど、いくつかのMaximoソリューションを使用して、生成と送信操作を管理しました。

続けてお読みください

サステナビリティーの先駆者になるには、利害関係者からの要求に応えながらイノベーションを推進する戦略的ロードマップが必要です。

第2章を読む:サステナビリティー・ロードマップを構築
 
接続を維持

サステナビリティーに関する詳細なレポート、分析、洞察を入手して、目的と収益上の目標を一致させましょう。

サインアップしてサステナビリティーの最新情報を入手
出典

¹ 7つの賭け、IBM Institute for Business Value、2023年5月
² トランスフォーメーションの触媒としてのサステナビリティー、IBM Institute for Business Value、2022年1月