GDPRとは

2018年5月25日に、欧州連合(EU)で一般データ保護規則(GDPR)が発効されました。GDPRはすべてのEU加盟国全体に統一されたデータ保護規則の枠組みを構築し、個人データを管理する権利をデータ主体に与えるとともに、世界中のあらゆる場所でのデータのホスティングと処理に関する規則を課しています。

 

この規則では、EU内外における個人データの自由な移転に関する規則も導入されます。

規制により課される可能性のある重大な罰金について懸念する企業が数多く存在する一方で、先進的な企業やリーダーはGDPRをひとつのチャンスに変えるべく模索を進めています。

2018年予測: 欧州のプライバシー法が米国のMartechに影響し、AIの市場進出を遅らせる

重要:マーケティング担当者がGDPRを遵守する理由

マーケティング担当者は、GDPRジャーニーの最前線にいます。詳しくは、Forrester Researchの最新レポートをお読みください。

2018年予測: 欧州のプライバシー法が米国のMartechに影響し、AIの市場進出を遅らせる

待ったなし!GDPR対策

まだGDPRジャーニーに着手していませんか?こちらのマーケティング担当者用チェックリストを活用して、すぐに始めましょう。

  

主要なマーケティング分野のGDPRの影響

IBMは真摯にデータを保護する責任を負います。セキュリティーとプライバシーの業界リーダーとして、IBMは数々の先進的なソリューションを提供してまいりました。GDPR対策のジャーニーに取り組まれるお客様に、豊富な知識と経験をご提供します。

消去権限

消去権限

私を忘れて(forget me) リクエストのサポート

アクセス権限

アクセス権限

データ透明性の確保

調査権限

調査権限

データ主体へのデータの提供

確実な承諾

確実な承諾

ダブルオプトインの機能強化

Watson Marketingがお客様のGDPRジャーニーをサポートします。

ビジネスとマーケティングの専門知識と、AI機能に組み込まれた業界最高レベルのソリューションの両方をお届けできるのは、Watson Marketingだけです。

Watson Commerceがお客様のGDPRジャーニーをサポートします。

ビジネスとマーケティングの専門知識と、AI機能に組み込まれた業界最高レベルのソリューションの両方をお届けできるのは、Watson Marketingだけです。

GDPR を含むさまざまな法令および規則を遵守する責任はお客様にあります。IBM は法律上の助言を提供することはいたしません。また、IBM のサービスまたは製品が、お客様がいかなる法規も遵守されていることの裏付けとなると表明するものでも、保証するものでもありません。

IBMをフォローする

IBMをフォローする