在庫管理とは

インベントリー管理とは、製造業者から倉庫までと、これら施設から販売時点までのインベントリーの追跡のことです

駐車場の車の航空写真
インベントリー管理はどう機能するのか?

インベントリーとは、企業が利益のために顧客に販売することを意図している商品や材料のことです。 インベントリー管理は、サプライチェーンの重要な要素で、製造業者から倉庫まで、さらにはそれらの施設から販売時点までのインベントリーを追跡します。 インベントリー管理の目標は、適切な製品を適切な場所に適切なタイミングで配置することです。 このためには、インベントリーの可視性、つまり、いつ注文するか、いくら注文するか、どこに在庫を保管するかを知る必要があります。 インベントリー管理の基本的な手順は次のとおりです。

  1. インベントリーの購入:すぐに販売できる商品が購入され、倉庫に配送されるか、POSに直接配送されます。
  2. インベントリーの保管:インベントリーは必要になるまで保管されます。 商品または材料は、出荷の準備ができるまで、フルフィルメント・ネットワークを介して転送されます。
  3. インベントリーから収益:販売する製品の量は管理されています。 完成品は注文を履行するために引き出され、 製品は顧客に出荷されます。

インベントリーの可視性とは

マルチチャネルの注文履行のオペレーションでは、通常、インベントリーはサプライチェーン全体の多くの場所に分散しています。 インベントリーの可視性とは、自社が持つ在庫とそれがどこにあるかを知るということです。 企業は、お客様の注文の履行を保証し、出荷の所要時間を短縮し、在庫切れ、過剰販売、値下げを最小限に抑えるために、インベントリーを正確に表示する必要があります。

インベントリーのより優れたビューが必要な3つの理由

インベントリー管理が重要な理由

インベントリーは、企業の最も重要な資産になる可能性があります。 インベントリー管理は、サプライチェーンのすべての要素が収束する場所です。 必要なときに必要な場所でインベントリーが少なすぎると、運の悪いお客様が生じてしまう可能性があります。 しかし、大規模なインベントリーには独自の債務があります。つまり、在庫を保管して保険をかけるためのコストと、腐敗、盗難、損傷のリスクです。 複雑なサプライチェーンと製造プロセスを持つ企業は、手持ちのインベントリーが多すぎず、不十分すぎずという適切なバランスを見つける必要があります。

AIがインベントリーの課題をどう克服するかを読む

インベントリー管理の種類は?

定期的なインベントリー管理
定期的なインベントリー・システムとは、財務報告を目的としたインベントリー評価の方法で、一定の間隔で物理的にインベントリーの算定を実行します。 この会計方法では、期初にインベントリーを開始し、期中に新しいインベントリー購入を追加し、終了インベントリーを差し引いて売上原価(COGS)を導き出します。


バーコード・インベントリー管理
企業はバーコード・インベントリー管理システムを使用して、販売する各製品に番号を割り当てます。 また、いくつかのデータ・ポイントを、サプライヤー、製品の寸法、重量、さらには在庫数などの可変データまでの数値を関連付けることができます。


RFIDインベントリー管理
RFID(無線IDタグ)は、製品のIDを一意のシリアル番号形式でワイヤレスで送信して、アイテムを追跡し、詳細な製品情報を提供するシステムです。 RFIDに基づく倉庫管理システムは、効率を改善し、インベントリーの可視性を高め、受け取りと配達の迅速な自己記録を保証します。


効果的なインベントリー管理の主な機能

インベントリーの追跡

サプライチェーン全体でインベントリーがどこにあるかを正確に把握

注文管理

料金体系をカスタマイズし、見積書を送付、注文を追跡、返品を管理します。

転送マネジメント

最も価値のある場所に製品を移動します。

レポート作成と分析

将来の需要と販売量を予測するためにプロセスのパターンを分析します。

購入

発注書を作成および管理します。

配送機能

配送を自動化して、配達の遅れや誤った荷物の配達などのエラーを減らします。


インベントリー管理システムとは

スプレッドシート、手作業でカウントされた在庫レベル、および手動による発注は、主に高度なインベントリー追跡ソフトウェアに置き換えられました。 インベントリー管理システムは、エンドツーエンドの生産、ビジネス管理、需要予測、および会計を自動化することにより、在庫の注文、保管、使用のプロセスを簡素化できます。

保守、修理、運用(MRO)のインベントリーを最適化する

インベントリー管理の未来

グローバリゼーション、テクノロジー、および権限を与えられた消費者により、企業がインベントリーを管理する方法が変わっています。 サプライチェーンの事業者は、サプライチェーンのパフォーマンスをどのように改善できるかについての重要な洞察を提供するテクノロジーを使用します。 物流コストとパフォーマンスの異常値を発生前に予測し、自動化が大きなメリットをもたらす領域はどこかについての洞察が得られます。

将来的には、これらのテクノロジーはインベントリー管理を変革し続けます。

人工知能

インテリジェントな自己修正AIにより、インベントリー監視がより正確になり、材料の無駄が削減されます。

モノのインターネット

IoTセンサーからのデータは、インベントリーの場所とステータスに関する洞察を提供します。

ブロックチェーン

異種の関係者は、すべてのトランザクションの統一された不変の記録を通じて接続されます。

インテリジェントな注文管理

サプライチェーンは、需要予測と自動化を改善してインベントリーの可視性を習得します。

量子コンピューティング

前例のない計算能力が、以前は解決できなかった問題を解決します。

将来のサプライチェーンを形作る5つのトレンドの詳細はこちら