IBMのマーケティング・プラットフォーム製品はCenterbridge Partner社に譲渡され、新会社としてAcoustic社が設立されました。

「Watson Customer Experience Analyticsは、顧客体験の分析を得意とし、顧客の"問題"点を自動的に特定する」— Forrester社

事前に構築された統合により、デジタル分析データをWatsonに容易に接続

Watsonは、お客様のオムニチャネル・マーケティング活動向けの収益を向上するために、Google、Adobe®、その他のオンラインおよびオフラインのソースからのデータを接続します。お客様がデジタル・カスタマー・ジャーニーに後れをとっている理由と程度が分かると、エンゲージメントを改善する方法が見えてきます。

デジタル分析データを容易に接続
セッションの先を見る

カスタマー・ジャーニーの分析とのセッションの先を見る

顧客は、時間とチャネルをまたぎ、オンラインとオフラインで対話します。すべてのタッチポイントが意思決定に影響を与えるため、セッションのみに焦点を当てるだけではビジネスを推進できません。IBM® Watson Customer Experience Analyticsを使用して、それらのタッチポイントをまとめます。オムニチャネル分析により、顧客のロイヤルティー維持につながる方法が示されます。

さらに踏み込んで、コンバージョン率の向上を開始

統合されたIBM Tealeaf®ベースの行動分析により、ジャーニーからセッションに入ることができます。お客様が関与したり中止したりする理由を即時に理解し、それに応じて調整することができます。AIは、問題や異常をほぼリアルタイムで自動的に理解するだけでなく、関連する影響や原因を自動的に検出します。どのような調整を行うことが必要で、どの程度迅速に行動する必要があるかが分かります。

異常検出

WatsonにAdobeとGoogleのデータをプラス

分析プログラムを使用して、より優れた業績を実現します。Watsonがジャーニー分析と行動分析を使用して洞察を追加する方法を確認します。

The Forrester Wave:Customer Analytics Solutions (2018年6月)

IBMは、顧客分析ソリューションのリーダーです。すぐに使用できる強力な洞察を求めているマーケティング担当者と顧客の洞察のプロがWatsonをチームに追加することを検討すべき理由を確認します。

「Watson Customer Experience Analyticsは、顧客体験の分析を得意とし、顧客の"問題"点を自動的に特定する」

WatsonがGoogleまたはAdobeの分析データを使用する理由

業績が向上

既存の分析プログラムからのビジネス結果が向上します。

シンプルな実装

既存のタグ付けに基づくシンプルな実装です。

実用的なオムニチャネル顧客行動に関する洞察

実用的なオムニチャネル顧客行動に関する洞察がデジタル分析を補完します。

  • Adobeは、Adobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における登録商標または商標です。