IBMは、モバイル・エンゲージメント・オートメーションでリーダーに位置付けられました

IBMは、クロスチャネル・キャンペーン管理でリーダーに位置付けられました

IBMとShutterStockの戦略的提携について

パーソナライズされた体験を提供

マーケティング担当者は、より優れた顧客体験の設計と、よりスマートな意思決定を迅速に行う必要があります。そのためにはデータが欠かせません。IBMは業界をリードする、パーソナライズされたマーケティング機能でキャンペーンの自動化とアクションにつながる洞察を提供します。

クロスチャネルでマーケティングを自動化

顧客の獲得、育成、維持を3つの施策でパーソナライズ

オファリング

タブレット・デバイス

キャンペーンの実行

Eメール、モバイル通知、SNSなど、複数のチャネルを通じて一貫性を持ったキャンペーンの設計、自動化、測定が行えます。キャンペーンのパフォーマンスに対する洞察をもとに、最も効果的な施策を実行することができます。

詳細はこちら

オンラインとオフラインのチャネルで実行するオムニチャネルでのキャンペーンを実行するため、大量データを使い、オーディエンスの複雑なセグメント化が行えます。

詳細はこちら

コンピューターを使用する男性

リアルタイム・パーソナライゼーション

顧客接点ごとに、関連性の高いキャンペーンを作成します。ルール・アドバイザーがキャンペーンに最適なレコメンデーションとオファーを提示し、経験と勘に頼らずともパーソナライズされたキャンペーンの実行を実現します。

詳細はこちら (US)

デジタルとオフラインのチャネルを通じてパーソナライズされたオファリングを提示します。

詳細はこちら

 

タブレット・デバイス

コンテンツ管理

AIを活用して管理するコンテンツを理解し、ウェブ、モバイル・アプリ、組み込みデバイスなど、あらゆるチャネルにコンテンツを提供します。作業を効率的に進める一方、スマートな顧客体験を提供できます。

詳細はこちら

事例

マツモトキヨシ

顧客へのアプローチを最適化することで販売機会を拡大。オムニチャネル化を重点戦略として推進する中で、顧客分析から販促施策実行までを加速。

住信SBIネット銀行

キャンペーン・マネジメント・システムを構築し、e-メール配信を効率化。最適なタイミングでのキャンペーン実施により、きめ細かな顧客フォローアップを実現。

横浜銀行

プロモーションに一貫性がないという課題に対し、「IBM Interact」と「IBM Campaign」を活用して、多様なチャネルを総合し、個々のお客さまのニーズに沿った施策を実施できる体制を整備。

タワーレコード

音楽ソフト、映像ソフト、書籍などを店舗とオンラインで販売するタワーレコード株式会社。IBMのキャンペーン・オートメーション・ソリューションをいかに活用して顧客の離反率を低下させ収益を増加させたか。

マーケティング全体はこちらからご覧ください。