IBM Watson OpenScaleとは

IBM Watson OpenScaleは、AIがどのように構築されたか、あるいはどこで実行されているかに関係なく、AIライフサイクル全体を通してその結果を追跡・測定するとともに、変化するビジネス状況にAIを適応させて管理します。

AIの結果に関するニュースと資料

451 Research Firestarterのロゴ2019

451 ResearchがWatson OpenScaleのイノベーションを評価

今やビジネス・ユーザーは、データ・サイエンティストの助けなしでモデルを精査できます。その方法をレポートでお読みください。

黒い背景の前のKelly Combs氏

KPMG: Watson OpenScaleによる信頼できるAIの管理

AIに関するIBM Women Leader賞を受賞したKelly Combs氏が、KPMG社のお客様のためのAIの管理と拡大に、どのようにWatson OpenScaleが役立ったかを説明します。

ピンクの背景の前のDinesh Nirmal

データの価値を引き出す方法を見る

AIの信頼性を高めてビジネスへの影響とリスクを制御するための、アーキテクチャーについての基調講演をご覧ください。

飛行機のプロペラの作業をする男性

Webセミナーを見る: 本番業務で使える「信頼できるAI」を作るためのポイント

AIを本番業務で使うために押さえるべきポイントと、OpenScaleでそれをどのように実現できるのかを、わかりやすくご紹介します。

Watson OpenScaleのAIバイアス検出のスクリーン・ショット

ブログ:IBMのAI倫理 – その原則と実践

本番環境でのAI活用において課題となるのが、そのAIの判断を「信頼」することができるのかという問題です。「信頼できるAI」に対するIBMのアプローチを説明します。

ウィンブルドンのテニスコート

AIがまとめたウィンブルドンのハイライト

高品質のコンテンツをファンに提供するための最適なハイライトを選ぶのに、OpenScaleがどのように役立ったかを説明します。

特長

AIの結果の測定および追跡

本番稼働AIのパフォーマンスとビジネス目標に与える影響を、アクション可能なメトリックを使用して、単一コンソールで追跡します。

AIをビジネス用に調整

ビジネス結果を適用して、AIの結果を改善して維持するための継続的なフィードバック・ループを作成します。

AIの管理と説明

ワークフロー間でAIの判定を追跡して説明することにより法規制遵守を維持し、インテリジェントにバイアスを検出して修正して結果を改善します。

ユースケース

信用リスクのモデル化

信用融資会社は、リスク・モデルのパフォーマンス、バイアス、および説明性を監視して、規制からリスクの影響度を制限し、顧客にとってより公正で説明可能な結果を生み出すことができます。

信用リスクのモデル化のグラフィック

説明可能な請求処理

保険引受業者は機械学習を使用して、請求のリスクをより一貫して正確に評価し、お客様にとって公正な結果を保証し、AIの推奨を規制やビジネス・インテリジェンスの目的のために説明することができます。

説明可能な請求処理のグラフィック

CSP資産の障害の予測

データ・サイエンティストは、機械学習モデルを構築してIT運用チームと協力して作業し、コミュニケーション・サービス・プロバイダー(CSP)に事前対応の資産保守を自信を持って推奨できます。

CSP資産の障害予測のグラフィック

AIモデル制御機能

Watson OpenScaleのAIバイアス検出を示すスクリーン・ショット

Watson OpenScaleによるAIモデルのバイアス緩和

Watson OpenScaleのデモで、信用リスクのシナリオにおいてAIモデルのバイアスを検出して緩和する様子をご覧ください。

AIの結果を説明するWatson OpenScaleを示すスクリーン・ショット

Watson OpenScaleによるAIの結果の説明

Watson OpenScaleのデモで、実行時にAIの結果をビジネス用語で説明する様子をご覧ください。

Watson OpenScaleのAIモデルのドリフト検出機能を示すスクリーン・ショット

Watson OpenScaleによるAIモデルのドリフトの修正

Watson OpenScaleのデモで、データをモニターおよび比較して、AIモデルのドリフトをユーザーに警告する様子をご覧ください。

Watson OpenScaleの利用を開始する

Watson OpenScaleの機能をご検討ください。AIがどこにあっても企業がそれを自動化して大規模に運用できるようにするオープン・プラットフォームです。AIライフサイクルのあらゆる段階についての洞察を得て、信頼性の高いAIの成果を企業にもたらします。