Man and woman looking at a tablet device discussing a business decision.

Cloud server softwareとは

自社のワークロードに最適なサーバー構成があっても、必要なオペレーティング・システム、制御パネル、データベース・アプリケーション、ユーティリティー・ソフトウェアがなければ意味がありません。IBM Cloudでは、さまざまな業界リーダーが提供する幅広いソフトウェア・オプションが用意されています。64ビットのオペレーティング・システム(多くは追加の月次コストなし)、仮想化レイヤー、セキュリティー、データベース、制御パネルの各ソフトウェアのすべてが提供されています。これらのオプションは、それぞれのベンダーのベスト・プラクティスをもとにインストールされ、お客様のソリューションのその他の製品とともに月次でライセンス交付され、課金されます。

Server softwareの機能

幅広い選択肢

IBM Cloudでは、先進のオープン・ソース版やエンタープライズ版のオペレーティング・システム、ユーティリティー、アプリケーションがサポートされています。

ベスト・プラクティス

インストール、構成、更新は、最高のパフォーマンスとセキュリティーを確保するように実行されます。

オンデマンド

インストール、再ロード、更新は、API、ポータル、またはモバイル・アプリケーションを介して自動化されて制御されます。

利用可能なソフトウェア・オプション

オペレーティング・システム

  • CentOS
  • CloudLinux
  • Debian
  • FreeBSD
  • Microsoft
  • Red Hat
  • Ubuntu
  • Vyatta仮想ルーター・アプライアンス

仮想化

  • Citrix XenServer
  • Microsoft Hyper-V
  • Virtuozzo
  • VMware ESXi
  • VMware vSphere

セキュリティー

  • APF Software Firewall
  • McAfee Anti-Virus
  • McAfee Host Intrusion Protection
  • McAfee Total Protection
  • Microsoft Windows Firewall

データベース

  • Basho Riak
  • IBM Cloud Analytics
  • Microsoft SQL Server (2012、2014、2016、2017)
  • MySQL
  • MongoDB

制御パネル

  • cPanel/WHM (Fantastico、RVSkin、Softaculous)
  • Plesk – ONYX

バックアップ

  • R1Soft Server Backup Manager Enterprise (Linux)
  • Veeam Backup and Replicationとエージェント・バックアップ

Software Defined Storage

  • NetApp ONTAP Select
  • OSNEXUS QuantaStor

利用を開始する

ソフトウェア・オプションは、サーバーのデプロイメント時にインストールするか、カスタマー・ポータル経由でオンデマンドでインストールでき、IBM Cloudプライベート・ネットワーク内にあるベンダー提供のプライベート・アップデート・サーバーから常に最新の状態に維持できます。