IBM® Open Labsを無料で使用して、スキルを高めましょう

IBM Open Labsは、Red Hat OpenShift on IBM Cloud上のクラスター1つを、最大4時間無料でデプロイ、運用するための、対話式でブラウザー・ベースのラボを提供します。 ダウンロードまたは構成の必要はありません。

このラボは30人の同時ユーザーに対応し、コストはかかりません。

多数のユーザーのワークショップを計画している場合アカウントを作成し、リクエストを提出してください。

始めるにあたって

Red Hat® OpenShift® on IBM Cloud®を使用して、アプリケーションを導入、管理する方法について説明します

ステップ 1

IBM Cloudアカウントを無料で作成します。

ステップ2

OpenShiftチュートリアル概要のコースワークを完了します。

ステップ3

他のサービスとの容易な統合を学ぶ、OpenShiftの上級チュートリアルを確認します。

OpenShiftチュートリアルのコースワーク

ラボ1: Red Hat OpenShift on IBM Cloud

Red Hat OpenShift on IBM Cloudに関するこちらの入門コースを受講します。(60 分)

ラボ2: OperatorsとOpenShift 4

OpenShift Operatorsを使用して、IBM® Cloudant®と統合します。(45 分)

ラボ3: IBM® Log AnalysisとOpenShift 4

IBM Log AnalysisとOpenShiftを統合します。(30 分)

ラボ4: IBM Cloud® MonitoringとOpenShift 4

IBM Cloud MonitoringとOpenShiftを統合します。(30 分)

ラボ5: アプリケーション保護

OpenShiftによる最新のユーザー・セキュリティーとマイクロサービス・セキュリティーを学びます。(30 分)

引き続き無料で試す

IBM Cloudアカウントを作成して有効期限のない40以上の常時無料の製品にアクセスし、200米ドル分のクレジットに受け取りましょう。

Kubernetesのワールド・ツアーでスマートな構築を学ぶ

Red Hat OpenShiftを使用して、スピード、俊敏性、信頼性を備えたアプリケーションを構築する実践的な体験ができます。