IBM Cloud® DatabasesとIBM Cloud Satellite™

IBM Cloud Satelliteにより、マネージド・クラウドネイティブ・データベースをどこにでも導入できます

概要

IBM Messages for RabbitMQとは?

IBM® Messages for RabbitMQは、IBM Cloud®上で、ブローカーとして複数のメッセージング・プロトコルをサポートします。 また、カスタマイズ可能な持続性レベル、配信設定、公開確認を用いて、メッセージのルーティング、トラッキング、キューイングを行うことができます。

主要な機能

Messages for RabbitMQの特長

自動化対応

IBM Cloud Schematics with TerraformやRed Hat® Ansible®サポートなど、統合されたInfrastructure as Codeツールを追加料金なしで利用することで、グローバルなスケールに対応できます。

高度なセキュリティー

IBM® Key Protectで、暗号化用に独自の鍵を指定できます。 各デプロイメントは、プライベート・ネットワーキング、データベース内監査などをサポートします。

弾力的なスケーリング

Messages for RabbitMQを使用すると、要件に合わせてディスクとRAMを個別に拡大縮小することができます。 API呼び出しを利用して、ビジネスの成長に合わせて容易に規模を拡大できます。

オープンソース互換性

このサービスには、RabbitMQのAPI、データ・フォーマット、クライアントとの互換性があります。 RabbitMQの完全互換品として、Messages for RabbitMQを使用できます。

高可用性

標準構成には、高可用性用に構成された、3つのデータ・メンバーが含まれています。 デプロイメントは複数のアベイラビリティー・ゾーンを使用します。

完全管理型

開発者は、日常的なタスクではなく、アプリケーションの構築に集中できます。 すぐに使える統合機能により、アクセス管理と監査を拡張します。

お客様による導入事例

Webアプリケーションとモバイル・アプリケーション

Webアプリケーションとモバイル・アプリケーションでのMessages for RabbitMQの使用例を示すアーキテクチャー図

Webアプリケーションとモバイル・アプリケーション

数百万のユーザーを処理できる、拡張性の高いエンタープライズ・アプリケーションを構築します。

モノのインターネット

IoTソリューションでのMessages for RabbitMQの使用例を示すアーキテクチャー図

モノのインターネット

エッジからデータをパブリッシュおよびサブスクライブし、MQTTメッセージング・プロトコルを使用したデバイス間通信を可能にします。

関連製品

IBM Cloudant®

Web、モバイル、IoT、サーバーレスの各アプリケーションのための、拡張性の高いJSON文書データベースです。

IBM Watson® IoT

優れたIoTプラットフォームと業界インテリジェンスを使用して、接続された資産の価値を最大化します。

使ってみる

IBM Cloud Messages for RabbitMQの詳細をご覧ください。