IBM Cloud Hyper Protect DBaaSとは

この最先端のソリューションは、機密データを含むエンタープライズ・ワークロード向けの、安全性の高いデータベース環境を提供します。IBM Cloud™ Hyper Protect DBaaSにより、標準化されたAPIを通じて、MongoDBやPostgreSQLなどの複数のデータベース・タイプをプロビジョン、管理、保守、およびモニターすることができます。Hyper Protect DBaaSはLinuxONEテクノロジーに基づいて構築されており、優れた垂直スケーラビリティーとパフォーマンスに加え、組み込みの暗号化を提供します。データ漏えいおよび特権ユーザーによるデータ改ざんの脅威に対するデータの保護に役立ち、データ所有者に高いレベルのデータの機密性を提供します。

セキュリティーを示す抽象的なアイコンの画像

特長

データの機密性

LinuxONEテクノロジーは、内部の脅威に対して、ワークロードの分離、管理者アクセスの制限、および改ざん保護を提供します。データ所有者はデータの完全な制御を維持できます。

開発者フレンドリー

このサービスの機能により、標準化されたAPIを通じて、MongoDB ESまたはPostgreSQLなどの複数のデータベース・タイプをプロビジョン、管理、保守、およびモニターすることができます。この高い安全性を備えたデータ・ストアは、専門的なスキルがなくても簡単にプロビジョンできます。

完全管理型

開発者は、可用性、バックアップ、ロギング、モニタリング、スケーリング、ハードウェア・セットアップ、ソフトウェア・パッチの管理ではなく、アプリケーションの作成に重点的に取り組むことができます。

高可用性

IBM Cloud Hyper Protect DBaaSの導入環境はすべて、可用性の高いクラスター構成として構築されています。メインフレームでホストされる導入済みインスタンスにはそれぞれ3つのノード・クラスターがあります。

IBM Cloud Hyper Protect DBaaSの利用を開始する