デジタル資産プラットフォーム - IBM Hyper Protect

秘密鍵、アプリケーション、データを保護するための安全性の高いホスト環境

男性が携帯電話を見ている一方で同僚はキーボードでタイプしている

概要

デジタル資産の概要とデジタル資産が重要な理由

暗号通貨、非代替トークン、ブロックチェーン、分散型台帳、スマートな契約、その他のブロックチェーン・ネイティブな概念や技術の採用は、小売と商業の両分野で急速に加速しています。

デジタル資産が成熟するにつれ、機関投資家は市場を動かし、金融会社は社債、不動産、デリバティブなどの以前は流動性がなかった資産クラスをトークン化しています。

この新しい金融ランドスケープに加わり、分散型台帳のテクノロジーの変革力を引き出すには、企業は、安全かつ迅速にデジタル資産を保存・転送し、暗号鍵の制御を維持できる能力が必要です。

デジタル資産の管理者や取引所にとって、秘密鍵、アプリケーション、データ、IBM® Hyper Protectデジタル資産プラットフォームを保護しなければならない発行プロバイダーと認可されたブロックチェーンは、エンドツーエンドのセキュリティーを提供するセキュアなホスト環境です。


メリット

コンフィデンシャル・コンピューティング機能を強化

IBMオープン・アプリケーション環境は、オンプレミスまたはクラウドで、トラステッド・コンピューティングのために設計されています。

デジタル資産管理の強化

LinuxONEのIBM Cloud® Hyper Protectサービスがアプリケーションと秘密鍵を非常にセキュアに保ちながらもアクセス可能な状態を維持します。

規制要件への対応

暗号通貨、管理業務リスク、規制のIBMの専門家が業界をリードします。

安全性の高い秘密鍵テクノロジー

サイバー攻撃や事故により資産が復旧不能となり損失することを回避します。

ユースケース

セキュアなプラットフォームの構築 オンプレミスまたはクラウドで、Hyper Protectデジタル資産プラットフォームは、デジタル資産管理の堅固な環境を提供します。 IBMを使用してデジタル資産プラットフォームを構築する方法は多数あります。

IBM Cloud上で構築 Hyper Protect Virtual Servers、Hyper Protect Crypto Services、Hyper Protect Database as a Serviceの使用を開始すると、お客様はIBM Cloud上に Hyper Protectデジタル資産管理プラットフォームを構築できます。

プライベートクラウド上に構築 顧客はLinuxONEのHyper Protect Virtual Serversを使用して、オンプレミスまたはクラウド上でHyper Protectデジタル資産プラットホームを構築する選択が可能となります。

ハイブリッドクラウド・プラットフォーム構築する 顧客はHyper Protect Virtual Serversから始めて、Hyper Protect Crypto Servicesを追加し、ハイブリッドクラウド・プラットフォームを構築できます。

お客様事例

参考情報

使ってみる

ブロックチェーンと分散型台帳テクノロジーの可能性を最大限に活用します。