IBM Cloud®準拠:ISO 31000
コンピューターのインターフェースを操作する人の周りに、セキュリティ・シールドと台座上の地球儀が描かれているイラスト
ISO 31000とは

ISO31000は、国際標準化機構(ISO)が2009年から発行している一連の規格で、組織のリスク管理に役立つように設計されています。シリーズの最初の規格であるISO 31000:2018は、リスク管理フレームワークの設計と実装に焦点を当てた一連のリスク管理ガイドラインです。これは、不確実性や予期せぬ出来事によって引き起こされる損害を特定し、最小限に抑えるためのプロセスです。

ISO-31000に準拠したリスク管理プロセスを備えた組織は、予測不可能な出来事に直面した場合でも、一定レベルの保証、事業継続性、経済的回復力、安定性を備えています。

レポートおよびその他のドキュメンテーション

IBM 31000 - IBM Cloud®インフラストラクチャー証明書

IBMの見解

IBMインフラストラクチャー管理システム(IMS)およびIBMインフラストラクチャー・アズ・ア・サービス(IaaS)製品は、Bureau Veritasの認証による認定されたISO 31000:2018に準拠したリスク管理フレームワークを導入しています。

IBM ISO 31000の認証は公開され、一般に入手可能です。以下のサービスは、ISO31000の認証を取得しています。以下のサービスでは、毎年1回以上、ISOの証明書を発行しています。

次のステップ

コンプライアンス・プログラムについて、ご質問がありますか?保護されたコンプライアンス・レポートが必要ですか?当社がお手伝いいたします。

コンプライアンス・プログラムの詳細はこちら