IBM POWER8サーバーとは

オープン・ソースのビッグデータ・コンピューティングの分野を先導する IBM POWER8®サーバーには、Linux on IBM Power®の圧倒的な処理能力と、ディープ・ラーニングと連携する能力が備わっています。
POWER8サーバーは、SAP HANAのワークロードをサポートする、導入しやすいクラウド・ソリューションです。また、POWER8サーバーはIBM Watson®と連携して、Watsonをよりスマートにします。

POWER8サーバーの機能

並列処理能力

POWER8サーバーは、データ照会の並列処理により、他のプロセッサー・アーキテクチャーよりも高速に照会を解決します。

メモリー帯域幅の向上

コンピューター支援個人インタビュー(CAPI)機能を使用すると、プロセッサーはフラッシュ・ドライブと直接やりとりして、これらのドライブを拡張メモリーとして使用できます。インメモリー・データベースにキャッシュされているデータへのアクセスは、あらゆるプラットフォーム中最速です。

複雑な分析機能

IBM Watsonは大量の構造化データと半構造化データを取り込んで、そこから重要な情報を抽出しやすくする最適な形式にまとめます。以前は、何人ものデータ・サイエンティストがそのためのデータ照会環境を開発しなければなりませんでした。

クラウド・コンピューティングによるコスト削減

お客様はクラウド・コンピューティングを活用してデータをインテリジェントに管理、保管、アクセスし、大幅にコストを削減できます。

利点

クラウド内のLinuxのコンピュート機能への迅速なアクセスの実現

現在のインフラストラクチャーをクラウドへと容易に拡張し、開発者が迅速にLinuxで高い生産性を発揮できるようにします。

Linuxでのデータと分析のホスティング

テスト・データ、ドライブ・データ、ポート・データと分析ワークロードをLinuxで実行します。Linuxワークロード向けのパフォーマンス特性を証明するセキュアな環境が得られます。

ハイブリッド・アプリケーションの統合

システムを分析中のデータの近くに置くことで、パフォーマンスと効率を最大化します。

POWER8サーバーのバージョン

POWER8 C812L-S

基本額$1,064/月、8コア、3.85 GHz、64 GB RAM、1 x 1 TB HDD、冗長10 Gbpsアップリンク 予備電源機構

POWER8 C812L-M

基本額$1,582/月、10コア、3.49 GHz、256 GB RAM、2 x 4 TB HDD、冗長10 Gbpsアップリンク 予備電源機構

POWER8 C812L-L

基本額$2,062/月、10コア、3.49 GHz、512 GB RAM、2 x 6 TB HDD、冗長10 Gbpsアップリンク 予備電源機構

POWER8 C812L-SSD

基本額$2,062/月、10コア、3.49 GHz、512 GB RAM、2 x 960 GB SSD、冗長10 Gbpsアップリンク 予備電源機構

POWER8サーバーを今すぐ始めましょう