AMD EPYC

IBM Cloud Bare Metal Servers上の第3世代AMD EPYCプロセッサーを使用して、最も要求の厳しいワークロード向けのクラウドを構築します

オープン・オフィスにいる労働者

概要

AMD EPYCの能力でデータ量の大きいワークロードに対応

IBM Cloud® Bare Metal Servers上の新規AMD EPYCプロセッサーは、パフォーマンスの制約を克服して、データ分析やグローバルなゲーム用クラウド、および流体力学アプリなどのデータ量の多い計算タスクのためにスループットを最適化します。


メリット

CPUの選択

第2または第3世代のAMD EPYCプロセッサーから、コストとパフォーマンスのニーズに最適なものを選択します。

要求の厳しいワークロード用

AMDの高度に差別化されたコア・カウント、クロック速度、およびメモリー帯域幅のオプションを使用して、カスタマイズとプロビジョンを行います。

帯域幅の特典

Bare Metal Serverを毎月使用する場合は、20 TBのアウトバウンドのデータ転送が含まれます。

オンデマンド・プロビジョニング

IBM Cloud Bare Metal Servers上では、プロセッサーをわずか3時間でアクティブ化します。

サーバーあたり最大128コア

第3世代のAMD EPYC 7763プロセッサーを搭載したIBM Cloud Bare Metal Serversは、CPUあたり64コア、またはデュアル・プロセッサー・サーバーあたり128コアを生成します。

最大ブースト3.6 GHz*

高いクロック速度により、集約型コンピューティング・タスクの解決時間を短縮して、プラットフォームの生産性を向上することができます。

大量メモリーの帯域幅

8つのメモリー・チャネルおよびCPUあたり最大4096 GBのRAMを取得します。

セキュア・ブート

AMD EPYCアーキテクチャーは、メイン・メモリーとVMメモリーの暗号化を提供して、ブート・プロセスの保護に役立ちます。

ユースケース

流体力学 熱伝導プロパティーを分析し、リアルタイムで通気のモデリングを予測します。 卓越したメモリー帯域幅は、複雑なシステム・アプリケーションを確実に活用することに役立ちます。 研究を読む(PDF、709 KB)

ゲーム 高性能のCPUを使用して、より高いゲームの性能をプロビジョンし、エンコード、コンパイル、ディスク入出力、暗号化、計算、メモリー、Java、eSpeakまたはPOV-Ray要件に対応します。 概要を読む(573 KB)

データベース・マネジメント 計算主体のワークロードが高い数のコアとメモリー対応を活用している間、豊富な入出力帯域幅を使用します。 研究を読む(PDF、772 KB)

IBMソリューション

IBM Cloud Bare Metal Servers

IBM Cloud Bare Metal Serversを、お好みのIBM Cloudインフラストラクチャー上で、いかなるワークロード要件にも対応したカスタマイズと導入を行います。 従来のインフラストラクチャーとVPCインフラストラクチャーの両方の導入については、お客様の単一テナント専用で使用可能で、標準装備されたセキュリティーのメリットと計算リソースの制御を得ることができます。

詳細はこちら

参考情報

次の ステップ

IBM Cloud Bare Metal Serverカタログ内のカスタマイズに関する全オプションを見て、コストを見積もり、見積書を保存します。

脚注

* AMD EPYCプロセッサー向けの最大ブーストとは、サーバー・システム向けの通常の運用状況下で、プロセッサーのいかなる単一コアでも達成可能な最大頻度のことです。

**20 TBの帯域幅は米国、カナダ、EUのデータセンターが対象です。他のすべてのデータセンターでは5 TBの帯域幅となります。 新しい料金と特典を他の(現在または将来の)割引と組み合わせることはできません。