テクノロジーデュオが 5G 機能をエッジに大胆に推し進めます
重要な時に、Verizon社はAIを使用してネットワーク展開を加速
衛星から車両までのVerizon Businessの概要

第4次産業革命、つまりIndustry 4.0は順調に進んでいます。通信業界は、5Gの計り知れない可能性と威力を発揮する重要な局面を迎えています。

企業はプライベート5Gネットワークを提供し始めており、高速かつ大容量の接続を可能にし、企業全体のプロセスを自動化する新たな機会を生み出してしています。通信会社の顧客にとっての5Gのメリットの大部分は、データ・スループット・レートの向上、システム容量の増加、遅延の削減、エネルギーの節約、および妥当なコストでのデバイスの同時接続です。データを接続、収集、分析し、通信ネットワーク全体にアプリを導入するための新しい革新的な方法により、通信の機会は拡大し続けています。

しかし、想像もできないことが起こりました。パンデミックが全世界を揺るがしたのです。多くの人の人生は、何の前触れもなくひっくり返ってしまいました。病院は未曾有の混沌を経験しました。この状況は企業や産業企業を根底から揺るがし、日常のコミュニケーションに影響を与え、業務の軌道を大きく狂わせました。近未来の計画は粉々に砕け散り、世界の接続方法が何の前触れもなく永久的に変化し、デジタル・ネットワーク変革を加速する緊急性が高まりました。

広範囲のリーチを実現

 

5Gの全国展開が2億3,000万人以上に拡大

わずかな遅延

 

エンドツーエンドの遅延がわずか10ミリ秒に短縮

IBMとVerizon社は、何十年にもわたって協働しており、共通点がたくさんあります。当社はお客様を第一に考え、信頼、イノベーション、誠実さに強いこだわりを持っています。 Sowmyanarayan Sampath氏 グローバル・エンタープライズ社長 Verizon Business
重要なパートナーシップの再定義

Verizon Businessは、5Gによる新しいデジタル・トランスフォーメーションの最前線に立つ通信サービス・プロバイダー(CSP)の代表的存在です。エッジコンピューティングの出現とマルチアクセス・エッジコンピューティング(MEC)プラットフォームの導入により、新型コロナウイルス感染症の天文学的なインパクトは、次世代のビジネスを支える基盤を構築するという同社の計画を飛躍的に前進させました。

「昨年(2020年)は、誰も予想できるような年ではありませんでした。人命と歴史的瞬間が失われた悲劇であり、私たちはこの状況の中、顧客それぞれに対応しました」Verizon Businessの最高経営責任者(CEO)であるTami Erwin氏は述べています。「2021年を迎える今、私たちは顧客が何を求めているか、そして顧客にどのように異なるサービスを提供するかを再イメージし、再定義しています」

Verizon社の目標の1つは、運用内で実用的な洞察を構築し、生産性の向上と顧客コストの削減への道を切り開くことで、企業がリアルタイム接続へのアクセスを加速できるよう支援することです。Verizon社は単独でこの目標を追求し始めたわけではありません。IBMとの長年にわたる関係を拡大し、5GおよびMECのパワーをIBMのAIソリューションおよびRed Hatハイブリッドクラウド機能と組み合わせる戦略を立て始めました。

IBMのグローバル・コミュニケーション・セクターのゼネラル・マネージャーであるSteve Canepaは、こう述べています。「IBMとVerizonは、あらゆる業界の消費者と企業のために継続的なイノベーションを推進するという共通のビジョンの上に築かれた、長きにわたる協業の成功の歴史を持っています。長年にわたり、私たちはこの点を念頭に置き、協力して事業を展開してきました」

「パートナーシップの力について考えると、顧客のために団結して革新に取り組む能力が今ほど重要な時期はないでしょう」とErwin氏。「IBMのようなパートナーと一緒に協働し、IBMと私たちの専門知識や定義された顧客要件を組み合わせることで、より速く、より良いソリューションの顧客への提供につながります」

「Verizon社とIBMは両方とも、これらすべての取り組みに多くの価値をもたらすという野心を持っています。他にも同じことをする企業が出てくることでしょう」とCanepaは言います。「私たちが実現したいのは、その革新を可能にする、可能な限り最高のオープンで効率的な自動化されたテクノロジー環境を構築することです」

新しい世界を共に築く

Verizon社とIBMの粘り強いコラボレーションが始まったのは何年も前にさかのぼります。顧客がIndustry 4.0の可能性を最大限に活用できるよう支援するためでした。その結果、両社が提供できる最高の機能を統合した統合ソリューションが誕生しました。Verizon社はネットワークとエッジ・インフラストラクチャを提供し、IBMはその上で実行されるソフトウェアとハイブリッドクラウド・プラットフォームを提供します。

「強力なネットワーク計画がなければ、大規模な変革は成功しません」とVerizon Business のグローバル・エンタープライズ部門社長のSowmyanarayan Sampath氏は言います。「今こそ、その時です。だからこそ、IBMとVerizonが協力して、より迅速にこの問題に取り組むことが非常に重要です。私たちは、最も優れ、最も輝きを放ち、最も先進的なテクノロジーを一緒に検討していくことに重点を置く、2つの巨大企業なのです」

すべてをまとめる

Verizon社はIBMと協力して、あらゆる業種でのネットワーク拡張を加速するための豊富なツール・ベンチを使用して基盤を迅速に構築しました。製造、医療、教育プログラムから小売、エンターテインメントに至るさまざまな領域でこのコラボレーションは変革をもたらしました。まさにこれほど重要な時期はなかったでしょう。

デジタル変革ソリューションの加速を必要とする主要な業界の1つは、ガス、エネルギー・公益事業です。重要なインフラストラクチャの監視、障害の検出と対応、作業現場の安全とセキュリティはすべて、業界内での差し迫った課題でした。5GとMECのパワーをIBMのAIソリューションとハイブリッドクラウド・プラットフォームと組み合わせることで、リモートワークがさらに簡単になりました。

「パンデミックの間、私たちはますます多くの接続を導入しましたが、5Gが状況を変えました」Verizon Businessのテクノロジー戦略リーダー、Srini Kalapala氏は説明します。「私たちは、機械が相互に通信し、簡単な作業をリモートで実行できる、人間を超えた信頼性の高い接続を提供する必要があることを認識していました。」

顧客は、モノのインターネット(IoT)センサー、カメラ、ドローンを使用して、遠隔地からインフラストラクチャに関する情報にアクセスするためのツールを備えています。IBM Maximo Application Suiteなどのソリューションを導入すると、現場担当者にリモートでアラートを送信することで運用が合理化され、検査が可能になり、危険な状況をほぼリアルタイムでクライアントに通知できます。しかし、このような重い処理はすべて、クラウド・サーバーをエンドポイントの近くで実行して遅延を短縮できるエッジの速度がなければ不可能です。こうしたすべての要素によって、生産性が向上し、コストが削減され、投資収益率が向上し、さらに重要なことに企業全体の労働者の安全性が向上します。

「私たちが今構築しているソリューションは、かつてないほど重要になっていると思います。私たちは21世紀のインフラを構築し、第4次産業革命への扉を開いています」とErwin氏は付け加えます。「規模の大小を問わず、企業がテクノロジーを中核に据えた成功とは何かを再定義する中で、構築を加速し、適切なパートナーとともに構築することは非常に重要です。それこそが変革の推進であり、技術的なソリューションを提供するだけでなく、私たちがサービスを提供するお客様に代わって真に持続可能な変化を確実に提供することなのです」

スピードが最優先されるとき

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより世界が隔離され、ほぼすべての活動が停止せざるを得なくなったとき、大規模なデジタル展開が開始できるとはまだ考えられませんでした。しかしVerizon社とIBMの協力関係は、引き続き不可欠なものでした。両社は、以前に設定した実行計画を進化する可能性があることを理解し、独自の展開戦略を進めました。

「2020年2月、私たちは緊張していました。5Gの展開を遅らせる必要があるかもしれないと考えていました」とSampath氏は言います。「しかしスピードは加速しました。5Gをより迅速に導入するために、さらに5億ドルを費やすことを決定しました」

Verizon社はパンデミック中にIBMと継続的に協力し続けるための革新的な方法を見つけ、マシン・モビリティをさらに進化させてネットワークをより効果的にデジタル化しました。しかし、新型コロナウイルス感染症によって、広範に確立された接続インフラストラクチャの欠陥が急速に露呈し始めました。対処できるのは5Gとエッジコンピューティングだけでした。

Kalapala氏はこう説明します。「私たちは皆、離れていましたが、それでもコミュニケーションをとり、事業を進める必要がありました。新型コロナウイルスによって、接続が良好であれば通常のペースで運用できるが、そうでない場合は取り残されてしまうことが露呈しました」

一緒にもっと強く、もっと速く

Verizon社とIBMの協力により、5Gの展開は大幅に前進しました。2021年1月の時点で、テキサス州中部、タルサ、オクラホマ州、ニューヨーク州北部、ニューイングランド全域の2,400万人の顧客がVerizon社の5G全国サービスにアクセスできるようになりました。全体として、先進的な全国サービスにアクセスできる顧客の総数は、2,700以上の都市で2億 3,000万人以上に増加しました。

「パンデミックの影響で、主に5Gの導入に関しての動きが大幅に速くなりました。これはおそらく、私のキャリアの中で最も早いテクノロジー導入でした」とSampath氏。「デジタル変革と電子商取引に関しては、過去8~10年間で成し遂げたことよりもずっと多くを8~10週間で成し遂げたことは、この間で見えた希望だと言えるでしょう」

Verizon Businessのロゴ
Verizon Businessについて

Verizon (リンクはibm.comの外にあります)は、ニューヨークに本社を置く多国籍電気通信コングロマリットです。 1983年から2000年までBell Atlantic Communicationsとして知られていた同社は、従業員132,200人以上を擁する米国最大級の地域電話会社です。同社のネットワークとプラットフォームは世界中に広がり、音声、データ、ビデオのサービスとソリューションを提供しています。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ IBMニュースルーム

エンタープライズ・クライアントのデジタル・トランスフォーメーションを推進する新しいEdgeパートナー、テクノロジー、ソリューション

ブログを読む
IBMニュースルーム

IBMとVerizon Business、エンタープライズEdgeでの5GおよびAIソリューションで協力

ブログを読む
Boston Dynamics社

Edgeベースの分析がよりスマートな運用を推進:AIを搭載したモバイル・ロボットが労働力を拡大

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021.IBM Corporation, IBM Consulting, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

米国で製作、2021年9月

IBM、IBMロゴ、ibm.comおよびMaximoは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Webのibm.com/legal/copyright-trademarkでご確認いただけます。

Red Hat、JBoss、OpenShift、Fedora、Hibernate、Ansible、CloudForms、RHCA、RHCE、RHCSA、Ceph、およびGlusterは、米国およびその他の国におけるRed Hat社またはその関連会社の商標または登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。