毎年、夏の終わりの2週間、70万人以上がニューヨークのフラッシング・メドウズを訪れ、世界トップクラスのテニス・プレーヤーが熱戦を繰り広げる全米オープンテニス選手権を観戦します。全米オープンテニス(以下全米オープン)は世界で最も観客動員数が多いスポーツ・イベントの1つに挙げられます。

ただし世界中の1,000万人を超えるテニス・ファンは、全米オープンのアプリやWebサイトを通じてこのトーナメントをフォローしています。そして、より多くのファンが毎年、戻ってくるようにするために、全米テニス協会(USTA)は30年以上IBMと協力して、世界最高クラスのデジタル・エクスペリエンスを開発して提供し、その特徴や機能を常に進化させてきました。

「全米オープンのデジタル・エクスペリエンスは、世界中のファン、ひいては私たちにとって非常に重要なものです」こう述べるのはUSTAの最高商務責任者であるKirsten Corio氏です。「そのため、私たちは現代のテニス・ファンの需要を満たすべく常にイノベーションを実践しながら、そのニーズを予測し、これまでにない新しいエクスペリエンスでファンを驚かせていく必要があります。」

IBM™ Consultingのエクスペリエンス・デザイン・パートナーであるIBM® iXは、全米オープンが最先端の顧客体験を維持できるよう、USTAとともに強力なイノベーション・プラットフォームを共同開発しました。このプラットフォームではハイブリッドクラウドとAIのオープンで柔軟な組み合わせを活用して、膨大な量のテニス・データを意味のある洞察に変換できます。

インタラクティブ・エクスペリエンスを

1,000万人
の全世界のファンに向けて

収集して分析

700万
を超えるデータ・ポイント

Match Insights with IBM Watson

2022年のデジタル・エクスペリエンスの中心となるのは、Match Insights with Watsonです。これらのAIが生成するファクト・シートは、高度なデータ分析と自然言語処理を使用して、何百万ものデータ・ポイントを抽出し、シングルスの試合すべてについて有意義な洞察を提供します。

例えば、テニス・ファンは、IBM Power Index with Watsonを調べることで、今回のトーナメントで最も勢いのある選手を確認できます。また各試合の前に、「勝利の可能性」が高いのはどちらの選手かIBM® Watsonの分析結果を参照できます。Win Factorsでは分析の背景にあるWatsonの根拠も確認できます。このWin Factorsは、「説明可能性」と呼ばれる要素を使用してAIのブラックボックスを解消する新しい機能です。

「AIは、私たちの個人的な生活や専門的な活動の一部になりつつあります」とIBMコンサルティングのパートナーであるShannon Millerは述べています。「自宅でスマート・スピーカーと対話をしたり、オンラインで興味がありそうな映画をおすすめされたり、ソーシャル・メディアのフィードをチェックしたりする際には、必ずその背後にAIがあります。ただし特にビジネス環境では、機械が自ら学習した場合に、特定の結論に至ったその根拠を知ることが重要になります。だからこそ、私たちは「説明可能性」に注目しているのです。」

Match Insightsアプリケーションが表示されたタブレットを持つ女性

プラットフォームのイノベーション

Match Insights with Watsonに見られるような新しい機能を毎年開発するには、USTAは目的を定め、スピーディーに動く必要があります。このプロセスは、全米オープンが終了した翌週に開始されます。IBMコンサルティングは、共創に向けた高度なコラボレーション・アプローチであるIBM™ Garage Methodologyを使用して作業を開始します。

「お客様と関わる際には、お客様が求める最終状態に向かって進むあらゆる段階で緊密に連携し、アイデアを出し、反復し、適応させていくことが重要です」Millerはこう説明します。

IBMコンサルティングは、新しいアイデアをデジタルの現実に変換するため、全米オープン向けのイノベーション・プラットフォームを構築しました。このプラットフォームでは、さまざまなソースの構造化データと非構造化データを処理し、テクノロジーを統合することができます。

「かつて、イノベーションのサイクルは年単位で評価されていました」とUSTAのCorio氏は述べています。「しかし現在、イノベーションは数週間や数日単位で評価され、しかも至るところで生まれる可能性があります。そのため私たちには、あらゆる種類のデータを処理し、データを洞察に変換するプロセスを自動化し、デジタル環境全体を保護しながらすべてを実現する柔軟性の高いプラットフォームが必要だったのです。」

データ

デジタル・エクスペリエンスの素材はデータですが、全米オープンのトーナメントでは多くのデータが創り出されます。まず、全米オープンは男子128名、女子128名のシングルスの選手が出場し、各トーナメントで合計7ラウンドが行われます。選手ごとに、年齢、身長、体重、世界ランキング、最近の試合結果など、独自のデータ・セットが存在します。しかし、そのデータはまだ序の口です。

トーナメントの期間中、累積で12万5,000を上回るポイントがプレイされます。そして、そのようなポイントの各々が独自のデータ・セット(サーブの方向、スピード、リターン・ショットの種類、ウィナー・ショットの種類、ラリーの回数やボールの位置など)を生成します。その結果、トーナメント中に生成されるデータ・ポイントは合計で700万以上になります。

ただし、IBM Match Insights with Watsonにさらに特質や背景を追加するために、全米オープンでは数字の枠を超える必要がありました。そのため、チームは何十万ものさまざまなソースから何百万もの記事の言語と感情を分析し、IBM Power Index with Watsonなどで、ユニークかつ有益な洞察を深めます。

「これは、複数のデータ・ソースやさまざまなパートナーを取り込んだ、大規模なデータ管理作業です」とMillerは説明します。「統計やスコアなどのハード・データと、メディアの解説などの非構造化データを組み合わせたときに、まさに魔法が起きます。それでテニス・ファンは各試合の全体像をつかむことができるのです。」

自動化

このプロセスを自動化するために、IBMコンサルティングは、高度な分析を使用してハード・データを理解する自動化ワークフローを構築し、IBM Watson Natural Language Understandingを使用して、各選手に対するメディアのコメントの量と所感を評価しました。その結果、Power Indexと「勝利の可能性」を予測するための、深い洞察が得られるようになりました。

Win Factorsでは、プラットフォームはAI Explainability 360ツールキットを採用し、AI分析のブラックボックスを解消し、Watsonの結論の背景となる実際の根拠を提示します。全米オープンにおいて、このコンテンツはファンが見て楽しめるものであり、役にも立ちます。しかし企業にとっては、AIが特定の結論に達した根拠を把握することが極めて重要です。これは、特にAIを活用した意思決定に依存する企業が増えているためです。

データおよびAIサービスの統合とオーケストレーションは、ハイブリッドクラウド・アーキテクチャーと、Red Hat® OpenShift®(ibm.com外部へのリンク)で実行されているコンテナ化アプリケーションによって実現されます。全米オープンのハイブリッド・マルチクラウド・アーキテクチャーは、4つのパブリッククラウドと3つのプライベートクラウドで構成され、さまざまなソースのデータを活用し、幅広いパートナーの機能を統合しています。

セキュリティー

トーナメント期間中、全米オープンのデジタル・プラットフォームに4,000万件を超えるセキュリティー・インシデントが発生することは珍しくありません。脅威の種類はさまざまですが、その大部分は防御の隙間を探すもので、それほど深刻なものはありません。

ただし、全米オープンでは、ノイズと警告を分けるために、IBM Security QRadarソフトウェアを使用しています。これは各セキュリティー・イベントの重大度を評定して脅威を評価し、重要でない問題を無視し、最も緊急性の高い問題のみをセキュリティー・アナリストに渡します。

さらにIBM Cloud Pak for SecurityソリューションのThreat Intelligence Insightsでは、数百万のセキュリティーに関するブログ、記事、その他の資料を分析し、脅威に対する最適な対処方法をアナリストに提示し、アナリストの能力を約60倍に高めます。

「このプラットフォームは、数年前には不可能だったことを可能にします」とCorio氏は語ります。「これらのデータすべてを管理し、AIによる洞察を生み出し、環境を保護しています。IBMは私たちのために一致団結してすべてを行ってくれています。このパートナーシップの未来に何があるのか、とても楽しみです。」

製品・サービス

全米テニス協会のロゴ

全米テニス協会 (USTA)について

1881年に創立されたUSTA(ibm.comの外部へのリンク)は、全米のテニスを総括する運営団体です。全米オープンテニス (ibm.comの外部へのリンク)は、同協会のグランド・スラム大会です。1968年に初めて開催され、その年はArthur Asheが男子シングルスのタイトルを獲得しました。全米オープンは毎年9月に、ニューヨーク州クイーンズ区フラッシング地区にあるUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターで開催されます。

© Copyright IBM Corporation 2022. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2022年8月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud Pak、IBM Consulting、IBM Garage、IBM iX、IBM Security、IBM Watson、QRadar、およびIBM Securityは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、Webサイト(www.ibm.com/legal/copytrade)をご覧ください。

Red Hat®およびOpenShift®は、米国およびその他の国におけるRed Hat,Inc.の商標または登録商標です。

本資料は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティーの実施について: ITシステム・セキュリティーでは、エンタープライズ内外からの不正アクセスに対して防止、検知、対応を行い、システムや情報を保護することが求められます。深刻なネットワーク障害を経験した後、トルコのIsbank社は、ビジネスのレジリエンシーを確保するために自社のサーバー、アプリケーション、データを新しいデータセンターに移行する必要があり、移行中のネットワーク運用は継続する必要がありました。完全に安全と見なすことができるITシステムまたはIT製品は存在せず、また単一の製品またはセキュリティー対策が、不正アクセスを防止する上で、完全に有効となることもありません。IBMのシステムおよび製品は、包括的なセキュリティーの取り組みの一部となるように設計されており、これらには必ず追加の運用手順が伴います。また、最高の効果を得るために、他のシステム、製品、またはサービスを必要とする場合があります。IBMは、何者かの悪意のある行為または違法行為によって、システム、製品、またはサービスのいずれも影響を受けないこと、またはお客様のエンタープライズがそれらの行為によって影響を受けないことを保証するものではありません。