ホーム ケーススタディ TechD 宝くじ/デジタルゲーミング企業が顧客体験の改善に注力
TechD + IBM
リードスペース用のwatsonx.aiデジタル・レンダリング

ゲーム/宝くじサービス・プロバイダーにとって、インタラクティブ・ゲーム、モバイル・アプリケーション、Eコマース・プラットフォームなど魅力的で安全なオンライン宝くじ体験を構築することは、顧客エンゲージメントを高め、サポートする州や県の宝くじの収益を増やすうえで必要不可欠です。 プレイヤーからの問い合わせに正確かつタイムリーに対応することは、テンポの速い業界においてエンドユーザーのポジティブな体験を維持するうえで欠かせません。

北米の宝くじ/デジタル・ゲーム企業は、プレイヤーからの問い合わせに迅速かつ確実に対応するという課題に直面していました。 複数の州、複数の管轄区域にまたがるこの企業では、受けた問い合わせの量と、それぞれの宝くじに適用される現地の法律、各ゲームに適用される独自の規則に従って、それぞれの回答に求められる具体性によって対応に遅れが生じていました。 プレーヤーは対応の遅れに不満を抱いていました。当選金、当選者の発表、季節やその他のプロモーションなど、情報はほぼリアルタイムで変化するため、対応のスピードがさらに遅くなるリスクがありました。正確で確実な情報をプレーヤーに提供することは非常に重要でした。矛盾があれば混乱や不満が生じ、プレーヤーのエンゲージメント、ひいてはゲームや宝くじの収益がリスクにさらされる可能性があるためです。

40~60% カスタマー・サポート・チームの負担が軽減 改善: 即座の対応により、プレーヤーの満足度と参加者数が向上 バーチャル・エージェント 複数の州の宝くじやオンライン・ゲーム・プラットフォームを効果的かつ効率的に処理
バーチャル・アシスタントは、複数の州の宝くじやオンライン・ゲーム・プラットフォームのプレーヤーからの問い合わせを効率的に処理し、カスタマー・サポート・チームの負担を40~60%削減しました。 プレーヤーは即座に対応を受けられたので、満足度の向上と参加者の増加につながりました。 Joy Marie Curtis氏 シニア・プロジェクト・マネージャー TechD
IBM watsonx、TechD、NeuralSeekによるAI機能への賭け

このゲームと宝くじのプロバイダーは、顧客体験の課題に対処するためにAIエンタープライズ・テクノロジー・プロバイダーを探していました。 同社はIBMビジネス・パートナー、Technology Dynamics(TechD)のサービス機能を利用しました。TechDのバーチャル・アシスタント・ベースのソリューション設計は、IBM® watsonx AssistantおよびIBM Cloud®と連携して大規模言語モデル(LLM)と企業のナレッジベースを適用するように設計された自然言語AIプラットフォーム、NeuralSeek(ibm.com外部のリンク)に基づいています。この AI ベースのソリューションは操作を合理化し、プレイヤーに信頼できる支援を提供しました。 仮想エージェント ソリューションを通じて、プレイヤーは時間や質問の複雑さに関係なく、宝くじやオンライン ゲーム プラットフォームで数秒で具体的な回答を受け取ることができるようになりました。

NeuralSeekの自然言語応答と組み込みのデータ分析機能は、勝者の発表や特別イベントなど、プレーヤーの問い合わせに対してリアルタイムで一貫した正確な応答を提供します。 さらに、TechDソリューションは、複数の州やプラットフォームにわたる何千人ものプレーヤーの個人識別情報(PII)を保護します。

成果:プレイヤーの満足度と運営効率の向上

TechDのアプローチは、宝くじ/デジタル・ゲーミング業界のリーダーとしての同顧客の地位を確固たるものにしました。この業界では、同社がサービスを提供する州および管轄区域の収益を高める上でプレーヤーのエンゲージメントと応答性が不可欠です。 バーチャル・アシスタントは、大量の問い合わせに的確に回答するだけでなく、カスタマー・サポート・チームの負担を40~60%削減し、より価値の高いプレーヤー中心のサービスやプロジェクトに労力を振り向けることにも役立っています。

TechD社のロゴ
TechDについて

IBM ビジネス パートナー、TechD(ibm.com外部のリンク)は2009年以来、企業や組織がIBMのデータ、AI、分析、データ管理システム、ハイブリッドクラウド、セキュリティー・ソリューションの実装を最適化できるよう支援してきました。 TechDはIBMと提携して、オンプレミスまたはクラウドでセキュリティーおよびガバナンスと併せてIBMデータ・ウェアハウジングと分析の導入を数百件成功させ、顧客の前進を支援してきました。 同社は、複数の業界の組織にコンサルティング・サービス、ソリューション、トレーニングを提供しています。 ビジネス・インテリジェンス、分析、データ・ウェアハウスの信頼できるエキスパートとして、TechDはデータとクラウド管理の専門知識を通じて組織を支援、変革し、組織との関係を構築しています。

watsonx.ai™は、企業のニーズに合わせて、AIソリューションを構築する支援をしています。
watsonx.aiの詳細はこちら 無料評価版を試す
法務

© Copyright IBM Corporation 2024.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒105-5531 東京都港区虎ノ門二丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

2024年2月、アメリカ合衆国で制作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM watsonx、およびwatsonxは、米国やその他の国と地域におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。現時点でのIBMの商標リストについては、ibm.com/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって各クライアントの結果は異なるため、一般的に予測される結果を提示することはできません。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。