米国最大の 5G ネットワークにおける AI を活用した自動化
T-Mobile が AIOps を使用して効率と信頼性を最大化する方法

2020 年 4 月、T-Mobile は競争上の飛躍を遂げ、米国の電気通信市場を変革しました。同社はSprintを買収し、国内最大の5Gネットワークを形成しました。

もちろん、この拡大には大きなリスクも伴いました。競争の激しい通信市場では、顧客は合併に猶予期間を設けませんでした。T-Mobile は、全体的に一貫した信頼性とサービス品質を提供し続けながら、2 つの大規模ネットワークを統合する必要がありました。

それを実現できるかどうかは、ネットワーク管理にかかっています。T-Mobileは、IBM Cloud Pak® for Watson AIOpsのツールを使って管理を統合し、2つの広大なネットワークを1つにし、AIを活用した自動化によって信頼性と効率の両方を最大化している。

膨大な数の障害

 

T-Mobile が Sprint を買収したとき、約 1 日あたり 300 万件の追加障害が生じました。

処理時間の短縮

 

IBM Cloud Pak for Watson AIOps による平均障害処理時間は 5 分から 19 秒に短縮しました。

目標の生産システムの 10 分の 1 の規模で、アラーム総量の 90% を処理しました。すべてのSNMPアラームは、単一のSNMPプローブを経由し、遅延や障害もなく届いていた。一方、ネットワークに存在する別の管理システムでは、同じ量のために10台のSNMPゲートウェイが必要で、複数の障害や処理遅延が発生していた。 Tom Higdon Principal Event Management Architect T-Mobile
2倍の複雑さにもかかわらず品質を最大化

「ネットワーク管理は、T-Mobile ネットワークを使用する人々や企業に当社が提供するサービス品質の主要な主要な要素です」と、T-Mobile の主席イベント管理アーキテクトである Tom Higdon 氏は述べています。「ネットワーク管理は、自社が提供するすべての優れたサービスが実際に顧客に利用可能であり、顧客が期待どおりに実行できるようにする方法です。」

また、世界最大級の通信ネットワークを運用する場合、ネットワーク管理も非常に複雑になります。Higdon 氏は次のように説明しています。「これは単なるワイヤレス ネットワークではありません。ワイヤレス ネットワークは他のサポート ネットワークとインフラストラクチャ、つまりデータ センター、IP ベースの機器、アプリケーションとサービス、セル サイト、スイッチ サイト、および関連するすべての機器に依存しているからです。」

T-Mobile が Sprint を買収したとき、その範囲と複雑さは基本的に 2 倍になりました。「合併 1 日目、ネットワーク管理を提供するために必要な範囲が、監視対象のデバイスの数が 50 万台近くに増加しました。これにより、相関関係のある 1 日あたり約 300 万件の新たな障害が発生しました。」と Higdon 氏は言います。

さらに、2 つのネットワークには、明確で成熟した管理システムがありました。「それぞれのシステムが 10 年以上存在していたので、統合の複雑さが増しました」と Higdon 氏は説明します。このシステムには、2 つの異なるコア管理プラットフォームが含まれていました。1 つは IBM® Netcool® ソリューション (現在は IBM Cloud Pak for Watson AIOps に組み込まれています) に基づいています、もう 1 つはサードパーティの管理ソリューションに基づいており、さらにコア プラットフォームにフィードされるマルチベンダーの一連の監視ツールをベースとしています。

T-Mobile は、最高のネットワーク パフォーマンスを提供することに重点を置き、毎日数百万件の障害の中から対処可能な項目を特定する最良の方法を模索しました。同社はまた、さらなる自動化を組み込んで、ネットワーク管理をこれまで以上に効率化し、ネットワーク自体の信頼性を高めることも目指しています。

ネットワーク管理の柔軟性と効率性

「合併後すぐに、私たちは IBM が自社の製品スイートに投資していること、そして IBM が私たちとの真のパートナーシップを望んでいたことを知りました。そうすれば、私たちはお互いに進化し、両方が成功できるでしょう。」とHigdon氏は振り返ります。そのため、技術的および非技術的な差別化要因がいくつか現れ始めました。これにより、Watson AIOps ソリューションの導入を進めるという決定に至りました。」

当面の優先事項は、異種の障害管理プラットフォームを統合することでした。これは骨の折れる作業であり、迅速に行う必要がありました。 幸いなことに、ヒグドン氏と彼の同僚は、IBM ソリューションが他の管理および監視ツールからのデータを組み込むのに十分な柔軟性があることを発見しました。「私たちはすぐに成功裏に統合しました。 これは私たちが新しいビジネスとして最初に行ったことの 1 つです」とヒグドン氏は言います。「IBM 製品スイートのコネクターとアダプターは、最小限のカスタマイズで迅速に導入および構成でき、データの取得を開始し、障害およびイベント情報を充実させることができます。これにより、ネットワーク運用チームを統合することができました。」

統合されたネットワーク管理プラットフォームを製品リリースに向けて準備する際、T-Mobile は劇的な効率の向上を達成しました。「目標の生産システムの 10 分の 1 の規模で、アラーム総量の 90% を処理しました。すべてのSNMPアラームは、単一のSNMPプローブを経由して、遅延も障害もなく届いていました。一方、ネットワークに存在する別の管理システムでは、同じ量のために10台のSNMPゲートウェイが必要で、複数の障害や処理遅延が発生していました」

 

実用的なインサイトを劇的に加速

買収したプラットフォームと元のプラットフォームとの間のオペレーションが統合されたことで、Higdon氏と彼のチームは現在、管理のさらなる合理化、通常のネットワーク・オペレーションの「ノイズ」の削減、問題の検出と解決、あるいは理想的には予防への最短経路の構築に注力している。 「私たちは、本質的に汎用的な、いわゆるフレームワークを作成して実装しています。これは、複数のタイプの問題に対処し、適切な結果を得るのに役立ちます」とヒグドン氏は言います。たとえば、Higdon は、最近実装されたワイヤレス コア アラーム相関フレームワークについて説明しています。「相関はほぼ瞬時に実行できます。 それが差別化要因です。 私たちが話しているのは、毎分何千もの障害を遡ってスキャンする必要がないということです。瞬時に完了します。」

そして、Higdon氏によると、そのようなフレームワークの作成は比較的簡単です。「Watson AIOps のツールは、やはり柔軟性が高く、これらのフレームワークの作成を支援するアダプターを備えています。それが最大の強みです。 大規模なコーディングは必要ありません。 多少の改造は必要だが、非常に簡単なものになる傾向があります。このソリューションは、非常に多くの異なるものと一般的に対話する方法を提供します。これは、私たちのニーズを満たすために簡単に適応できる内部機能を提供します。」

Higdon 氏と彼のチームは、実用的な洞察をユーザーに提供することがすでに劇的に加速しています。「私たちは、あらゆるレベルで完全なローカルおよび地理的冗長性を提供するように Watson AIOps 導入を設計しました。さらに、最小限の遅延で必要な障害ボリュームを処理できるようにターゲット システムを拡張しました。最小限のAIOpsコンポーネントを使用して全障害量の90%を処理した場合、障害発生から、エンリッチメント、相関、抑制をすべて行ったシステムを経由して、ユーザーが表示するまでの平均時間は19秒であることがわかりました。 レガシーシステムは5分近くありました。」

次のステップ:AIによるクローズドループオートメーション

現在、T-Mobile は、IBM Watson AIOps の AI および機械学習機能が、さらに優れた応答性を実現し、ネットワークの信頼性をさらに強化するのにどのように役立つかをテストしています。

「私たちはインテリジェンスを提供してくれる AI を探しています。それは、相関数のしきい値をどのように設定すべきかという形でのインテリジェンスである可能性があります。それとも、私たちには明らかではない関係があるのでしょうか?私たち人間が多大な時間と労力を費やさなければ習得できないものです。」

ネットワーク管理の目標は、事後対応的な管理からプロアクティブな管理、そして最終的には予測的な管理に移行することです。Higdon は、AIOps を使用して次のステップに進み、クローズドループの自動化を実現しようとしています。「それが私たちが最終的に目指しているところです。 ツールに大量のデータを取り込ませ、そのデータを理解して推奨事項を作成し、場合によっては意図ベースのオーケストレーションや自動化も実現します。」

これは、非常に競争の激しい業界において、これほどの規模のネットワークを持つ貴重な利点となります。「容量を増やす必要があります。 ツールにその情報をインテリジェントな自動化プラットフォームに渡し、変更を反映させます。すべて人間の介入なし。 それが私たちの計画であり、その閉ループであり、私たちが今もそこに向かって突き進んでいるのです。」

T-Mobileロゴ
T-Mobileについて

T-Mobile (リンクはibm.comの外にあります)は、世界有数の急成長を遂げているモバイル通信プロバイダーです。ドイツのボンに本社を置く Deutsche Telekom AG の子会社である T-Mobile は、ヨーロッパ、米国、カリブ海の消費者および企業顧客にサービスを提供しています。 2020 年には、550 万人の純顧客が追加され、684 億ドルの収益を達成しました。

次の一歩を踏み出しましょう

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

PDFファイルを読む 他の事例を見る 急上昇する経済のエンジンを構築する

急上昇する経済のエンジンを構築する

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年11月、米国で作成

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、およびWatsonは、世界の多くの国で法的に登録されているInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM 商標の最新リストは、ibm.com/trademark でご覧いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。