State Farm
DevOps のスピードと俊敏性と、エンタープライズ サーバーの堅牢性とセキュリティーを組み合わせます。
詳細はこちら
満面の笑みを浮かべて誰かと握手する女性

相互保険会社のState Farm社は、提供する商品とサービスにおいて顧客にとって最初で最良の選択肢となるというビジョンを持っています。このビジョンを達成するにあたり、同社ではIBM Zを含むすべてのプラットフォームで革新を進め、企業全体で一貫して高速で生産性の高いDevOpsを実現しています。

ビジネス上の課題

State Farm社は、基幹システムと統合された新しいデジタル・サービスの開発を加速させたいと考えており、すべてのエンタープライズ・プラットフォームでツールと開発アプローチを標準化することを目指していました。

概要と経緯

同社は、最新の業界標準ツールを使用して、IBM z/OSシステム上にDevOpsパイプラインとプラクティスを実装し、多様なテクノロジー環境で一貫性のある最新の開発プラクティスを推進しています。

成果 増やす
すべてのプラットフォームで最新のアプローチを通じて効率を高め、熟練したリソースを拡大
加速させる
標準化の推進による新たなデジタル・サービスをリリース
異種の
ビジネス・クリティカルなアプリケーションから基幹システムやサービスにアクセス
ビジネス上の課題の詳細
高まる期待

相互保険会社のState Farm社は、商品とサービスにおいて顧客にとって最良の選択肢となることを目指しています。これまでは、業界の厳しい規制によって競争の公平性が保たれていましたが、最近では、規制が緩和されたことから、より新しくアジャイルなデジタル競合他社にも市場が開放され、顧客の期待が高まったことから、State Farm社はより迅速な革新を迫られています。

State Farm社のテスト担当ITアーキテクト、Mark Moncelle氏は次のように述べています。「当社の顧客は現在、当社とのやり取りが対面、オンライン、モバイル・アプリ経由に関係なく、同じレベルの機能性、アクセス、そして目標達成能力を期待しています。新しいセルフサービスツールを構築する際、市場投入までの時間は、急速な変化に対応できる開発手法を持っているかどうかにかかっています。」

State Farm社は、50年以上にわたって試行錯誤を重ねて信頼を得てきたIBM Zサーバー上で稼働する既存の基幹システムから競争上の優位性を最大限に引き出すと同時に、小規模で機敏なライバルよりも先を行きたいと考えていました。同社が保有する他のプラットフォームにおいてはDevOpsへと進化していましたが、エンタープライズ・システムでは新しい開発手法を活用していませんでした。

Moncelle氏は次のようにコメントしています。「自分のスペースでは好きなだけアジャイルになれますが、連携するチームやプロセスがアジャイルでなければ、変更を迅速に提供することはできません。これが大規模組織の現実ですが、商品だけでなく、すべてをより速く稼働させる必要があります。」

「当社の分散チームは、エンタープライズ・システム上で常時稼働するサービスにアクセスできましたが、バックエンド・サービスに変更を加える必要がある場合、反復サイクルが数週間、場合によっては数か月続くことがありました。」

すべてのエンタープライズ・システムで開発サイクルを標準化するために、State Farm社はクロスプラットフォームのDevOpsアプローチをサポートする新しいツールを導入したいと考えていました。

State Farm社のテクノロジー・アーキテクチャ担当ディレクターのKrupal Swami氏は次のように述べています。「戦略的な観点から見ると、すべてのテクノロジー・プラットフォームは、企業の課題解決を支援するために等しくアクセスできるものでなければなりません。テクノロジーがビジネス目標の妨げになるようなことがあってはなりません。」

同氏は次のように付け加えました。「当社が利用しているIBM zのシステムは、堅牢で安全、かつ信頼性の高い基盤で成長を支援するものです。私たちは、Zの開発担当者が効率性と速度の向上を達成できるようにサポートするだけでなく、新入社員がプラットフォーム上で快適に仕事ができるように支援し、プラットフォーム間で全員が協力して迅速なイノベーションを実現できるようにしたいと考えていました。」

最新のDevOpsツールとプラクティスを開発することで、企業全体で単一の高速開発が可能になります。 Mark Moncelle氏 ITアーキテクト State Farm
概要と経緯の詳細
DevOpsの拡張

State Farm社は、分散プラットフォーム向けDevOpsの実装で成果を挙げたことを踏まえ、同じ改善点の多くがIBM z/OSシステムにも適用できると認識しました。「メインフレーム・プロセスの成熟度と分散システムから学んだ教訓を認識することで、DevOpsを実装して実際の改善点を確認できる強力な基盤が持てたと感じました」と Moncelle氏は言います。

すべての企業システムで開発サイクルを標準化するにあたり、State Farm社ではオープンソース、自社で開発したプロプライエタリのツールを組み合わせて使用し、既存のコア・アプリケーションの保守と新機能の構築に最新の統合DevOpsシステムを提供しています。State Farm社は、GitやJenkinsのような人気のあるオープンソースのツールを使用することで、これらのツールに関する幅広い知識を同社内と業界の両方で活用することができました。

また、同社では、IBM Developer for z/OSを含む最新の統合開発環境(IDE)も稼働しており、よりシームレスで統合されたエクスペリエンスを開発者に提供しています。「IBM Developer for z/OSはGitにシームレスに統合されているため、開発者は移行しやすくなっています」とMoncelle氏は述べています。「私たちは開発ツールには一切関知せず、開発者には単一ソリューションの使用を強制していません。IBM Developer for z/OSは優れたソリューションで、他のソリューションも並行して使い続けています。私たちにとって、これはオープンなDevOpsの考え方の一部にすぎません。フレームワーク全体を変更することなく、ツールの入れ替えができます。」

IBM Developer for z/OSには統合デバッガーが含まれており、開発者はコンテキストに応じてコードを即座にチェックして調整できます。

Moncelle氏は次のように述べています。「コードが開発者の手元から離れたらすぐに、セキュリティに関するヒントを提供し、潜在的な問題について迅速にフィードバックを提供できます。当初は懐疑的だった人たちもこの変更を非常に支持しており、これが開発サイクルの短縮につながっていると見ています。」

同氏は次のように付け加えました。「一般的に言えば、以前は手作業で人間の努力に依存していた多くの作業が、現在では自動化されつつあります。これにより開発者の時間と労力が節約され、開発者はイノベーションにさらに集中できるようになり、継続的な改善の好循環が生まれます。」

アジャイルなDevOpsプラクティスをIBM Zに導入することで、当社は今後も開発サイクルを加速させ、最終的には新しいサービスをより早くお客様に提供し、お客様の期待に応え続けていきたいと思います。 Krupal Swami氏 テクノロジー・アーキテクチャ・ディレクター State Farm
成果の詳細
高まる期待

柔軟性に欠ける開発サイクルとバッチ駆動のテストを継続的な開発と統合に置き換えることで、基幹システムにおける新機能の提供を加速させ、他のプラットフォーム上のアプリケーションに対するニーズに合わせて進化し続けることを保証します。GitやIBM Developer for z/OSなどのツールは、開発者がこうした継続的な開発アプローチをサポートするアジャイルなDevOpsプラクティスを採用するのに役立っています。

Moncelle氏は次のように述べています。「最新のDevOpsツールとプラクティスを開発することで、企業全体で単一の高速開発が可能になります。」

GitやJenkins、そしてIBM UrbanCode DeployなどのツールがIBM Zに追加されたことで、State Farm社はDevOpsのプラクティスを組織全体に一貫して広げることができるようになりました。一般的な言い方をすると、すべてのプラットフォームで柔軟で最新のツールを利用できるため、商品チームは新しいアプリケーションに対応し、市場投入までの時間を短縮できます。

State Farm社は現在、機械学習、静的コード解析、IBM Infosphere Optim Test Data Fabricationの使用など、最先端の技術を駆使して、z/OSだけでなく他のプラットフォームでのテスト用に、かつてない規模で現実的なテスト・データを自動的に生成することに取り組んでいます。こうした取り組みは、継続的なテストを通じて達成できる高品質のサービスとともに、新規顧客向けのアプリケーションが必要な安定性を確実に提供するのに役立つはずです。「データ集約型アプリケーションのテスト方法に根本的な違いが見られ、より大規模なDevOps改善の新たな可能性が開かれると期待しています」とMoncelle氏は言います。

Swami氏は次のように付け加えています。「IBM Z上で稼働するシステムに変更を加える際に障壁となっていたインターフェースやツールをすべて排除したいと考えています。私たちが最初に行った変更の1つは、z/OS用の旧式SCM(ソースコード管理システム)をGitに置き換えることでした。」

「最新の開発ツールは、現在IBM Zプラットフォームの経験がない、あるいは触れる機会もない若い開発者がいる新たな拠点にエンタープライズ・サーバーを解放するのに役立ちます」とSwami氏は言います。

現在、State Farm社では、多くのミッションクリティカルなワークロードが、12台のIBM Zサーバー上にある250のアクティブなLPARにわたるIBM z/OS上で実行されており、分散プラットフォーム上で実行されている補助アプリケーションにサービスとデータを提供しています。

Swami氏は次のようにコメントしています。「10年前に可用性の高いシステムを構築したときは、まっさらな状態からスタートし、IBMと緊密に協力して、GDPS、Parallel Sysplex、Db2データ共有などのテクノロジーを使用して、継続的な可用性を実現するシステムを設計しました。また、特定のリソースに依存したり、特定のLPARで実行する必要がないようなアプリケーション設計も実施しました。シスプレックスのワークロード・バランシングなどの機能は、アプリケーションがどのシステムで実行されているかを知る必要をなくし、保守の実行に合わせてシステムがワークロードを移動できるようにする上でとても重要でした。」

将来に目を向けると、開発プラクティスの標準化は、開発者がまったく新しいツールやアプローチに慣れる必要があることを心配することなく、企業がワークロードに最適なプラットフォームを選択できることを意味します。

State Farm社はアプリケーションをクラウドに拡張し始めており、オンプレミスとオフサイトのコンピューティング・リソースを組み合わせた新しいハイブリッドクラウドのインフラストラクチャにおいて、IBM Zが引き続き重要な役割を果たすと同社は予想しています。DevOpsへの標準化によって、当然のことながら、このアプローチは促進され、それぞれのケースで最適なプラットフォームにワークロードが向けられる、プラットフォームに依存しない哲学がサポートされます。

Swami氏は次のように結んでいます。「アジャイルなDevOpsプラクティスをIBM Zに導入することで、今後も開発サイクルを加速させ、最終的には新しいサービスをより早く顧客に提供し、競争上の優位性を維持していきます。」

State Farm社のロゴ
State Farm

State Farm社の使命は、人々が日常生活のリスクを管理し、予期せぬ事態から回復し、夢を実現できるよう支援することです。同社とその関連会社は、米国最大の自動車・住宅保険会社です。約19,000の代理店と約58,000人の従業員が、8,100万件以上の自動車保険、火災保険、生命保険、健康保険、商業保険、200万件以上の銀行口座、投資計画サービス口座など、約8,400万件の保険と口座にサービスを提供しています。商用自動車保険に加え、レンタカー、事業主、ボート、オートバイの補償もあります。State Farm Mutual Automobile Insurance Companyは、State Farm系列会社の親会社です。State Farm社は、2019年のフォーチュン500大企業リストで36位にランクされています。詳細については、 https://www.statefarm.com(ibm.com外部へのリンク)をご覧ください。

詳細情報はこちら

IBM Dependency Based Buildの詳細については、ウェブサイトhttps://developer.ibm.com/mainframe/products/ibm-dependency-based-build/をご覧ください。

IBM Infosphere Optim Test Data Fabricationの詳細については、ウェブサイトhttps://www.ibm.com/jp-ja/marketplace/infosphere-optim-test-data-fabricationをご覧ください。

IBM ZおよびIBM Developer for z/OSの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、ウェブサイトhttps://www.ibm.com/marketplace/z14およびhttps://www.ibm.com/marketplace/developer-for-z-systemsをご覧ください。

IBM DevOpsソリューションまたはIBM UrbanCodeソフトウェアの詳細については、ウェブサイトhttps://www.ibm.com/jp-ja/cloud/devopsおよび https://www.ibm.com/cloud/urbancodeをご覧ください。

脚注

© Copyright IBM Corporation 2019. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.2015年7月、米国で制作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM ZおよびIBM z14はInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の現在のリストは、Webページ「著作権および登録商標情報」www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlでご確認いただけます。

IBMが事業を展開している国または地域であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。