Reckitt社のITチームと製造チームにとって、インダストリー4.0はもはや新しい概念ではありません。運用のデジタル化と自動化が避けられないことが、競争相手をしのぐための変化を促進しています。

モノのインターネット(IoT)センサーやネットワーキング、クラウド・テクノロジー、AI。これらの技術は、 今日ではほぼどこにでも存在して実用化されているため、インダストリー4.0の企業になることは、「守り、癒し、育む」ことを目指す消費財の会社にとって現実的なことです。

Reckitt社の製造部門のITディレクター、Ben Ellins氏は、この業界全体の大変化について次のように述べています。「私たちはサプライチェーンと製造スペースの世界で、間違いなく第4次産業革命を経験しています。過去30年間に製造業で採用されてきたすべてのコンピューター・テクノロジーは、これまでとは比較にならないほどデータを経済的かつ効率的に組み合わせて使用することで、合理的に改善を進められるほどに進化を遂げています」

そこに多くの企業にとっての問題点があります。どのようにすれば、異機種混合の工場テクノロジーをIoTテクノロジーに接続し、機械が生成する大量のデータを収集して理解し、そのデータに(通常は自動化により)対応して、安全性、生産性、効率性を向上させることができるかということです。

保守コストとアクティビティーの削減が

10%
予測される

サイクル・ベースの保守により、電力消費量の減少が

3%
推定される

インダストリー4.0変革への阻害要因

Reckitt社は、Air Wick、Calgon、Dettol、Durex、Lysol、Mucinex、Nurofenなど、衛生、健康、栄養の分野で世界で最も認知され信頼されているブランドを展開する企業です。Reckitt社は、世界約200ヶ国で毎日2000万個の製品を販売している、まさにグローバルな製造会社です。同社は、1819年に英国で単一の製粉所として始まって以来、合併と買収を通じて成長しました。そしてご想像のとおり、この成長によって同社の製造IT技術と成熟度に格差が生じています。

Ellins氏は、Reckitt社の各工場をコネクトしてデジタル化する技術はすでに利用可能でありコスト面でも問題はないと考えていますが、それらの工場をインダストリー4.0のために準備するには非常に多くの作業が行われます。「個人や企業のコンピューティングを保守、更新、保護するのと同じ方法では保守されてこなかった、工場主導のローカル・ソリューションが30年以上にわたって蔓延してきた状態でした」とEllins氏は述べています。これが、データのサイロ化、オペレーティング・システムの違い、複数の工場間での相互接続性の欠如につながりました。

製品が載っているReckitt社の工場のコンベヤー・ベルト

このため、Reckitt社全体で一貫したデータ管理と可用性を実現しようとした段階で、本当の課題が生じました。Ellins氏にとっては、「データの活用を始めることができる前に、工場でのデータや接続性に関する基準の基盤を築くことが非常に重要でした」

技術の成熟度も工場によって異なります。Reckitt社のデジタル・トランスフォーメーションのリーダー、Barney Carter氏はこれを身を持って体験していました。「生産性の計算の多くは、まだ手動で行われており、オペレーターやその入力データに依存しています。これは工場と会社の生産性に直接的な影響を及ぼします」

Reckitt社は、機械のデータの読み取りと報告をオペレーターに頼るのではなく、データを自動的に取得して必要とする人々に届けるための技術を実装することにしました。適切な情報を適切な時に適切な手に渡すことで、設備総合効率(OEE)、エネルギー効率、工場保守を改善できるためです。

「情報を直接機械から引き出すことができれば、情報の正確性を向上させることになると気がつきました」と、Carter氏は続けます。「取得する情報の量を改善し、オペレーター自身の負担を軽減できます」

「第4次産業革命の落とし穴の1つは、いわゆる『パイロットの苦行』と呼ばれるものだと思います」と、Ellins氏は言います。「単に技術的な理由でポイント・ソリューションを実装してしまうことも問題でした、価値を生み出すことよりコンセプトを重視してしまったということです」

「パイロットの苦行」なしの技術変革

このような課題を迅速に克服し、工場の大規模なデジタル化に向かって進むために、Reckitt社は「未来の工場」を構築し、拡張が容易なソリューションを実装して優れた製造を促進し、現代のデジタル技術を実現に導くことに着手しました。Reckitt社は技術コンセプトを証明するための余計なパイロット・プロジェクトにではなく、未来のための価値を生み出す技術に投資したいと考えました。

投資した技術は、他の拠点に再展開可能で、幅広いユース・ケースに適用可能である必要がありました。Reckitt社は社内産業革命の一環として、AIや機械学習からのメリットを会社として推進するのに役立つ、データ主導型の現代的なソリューションを求めていました。データの取り込み、使用、分析、共有は、デジタル対応工場にとって非常に重要なものになります。

工場生産ライン上のMucinex(風邪薬)の箱

「当社の業務データは非常に豊富ですが、その情報へのアクセスが欠如しているため、使用されているデータの量は非常に限られています」と、Carter氏は言います。「私たちは、スプレッドシートに没頭しなくても情報を見つけられるようにしたいと考えています。データ収集に費やす時間を減らし、データの活用にかける時間を増やしたいのです」

製造業全体がインダストリー4.0の軌道に乗っているため、Reckitt社もうかうかしてはいられません。「当社は数回の監査を受け、到達すべきレベルから遅れていることを認識しました」と、Carter氏は言います。「遅れていることはわかりましたが、ただ追いつこうとはしたくありませんでした。どうせなら、競争相手を飛び越えたいと思ったのです」

Reckitt社の英国ノッティンガム工場の保守チーム・リーダーであるJamie Barnes氏は、保守監視システムに対して行われたこれまでの検査を振り返りました。「私たちが調べていたシステムの中には、エンジニアにフィードバックを提供するための独自のダッシュボードがあるものもありました。しかし、それでもエンジニアは2つのシステムを使用する必要がありました。データをモニターするために1つ、そして作業指示書の作成、部品の予約などのためにもう1つです。これを自動的に行い、SAP保守システムと通信できるソリューションを求めていました」

Reckitt社はまた、製造業では無視されがちな要素である、サイバーセキュリティーに対処する必要もありました。「当社はスタンドアロン・システムやローカル・システムに依存していたため、サイバーセキュリティーは、この業界が最近まで本当に考えてこなかったことです。しかし、接続が増えるほど、私たちの資産は危険にさらされます。昨年だけで、英国の中小メーカーの50%が何らかのサイバー攻撃を受けました」と、Ellins氏は言います。「サイバーセキュリティーは、人々、製品、消費者の安全を確保するために、私たちが行うあらゆることに取り入れる必要があります」

クラウドとIoTでビジョンを現実に

未来の工場を立ち上げるために、Reckitt社は信頼できるアドバイザーとしてIBM®コンサルティングを選びました。ノッティンガム工場から世界中の他の工場に拡大して複製できるよう、拡張が容易なクラウド基盤とデータ・バックボーンの設計、構築、実装の支援を得るためです。

Reckitt社は、業界の専門知識、コラボレーションによるアプローチ、柔軟性を考慮して、IBMを選択しました。「IBMは、プロジェクトのアプローチにおいて、当社に最も自由を与えてくれて、進行に応じてプログラムの一部としてビジョンを構築しました」と、Carter氏は言います。そのビジョンは、広く製造業界における緊急課題とReckitt社特有の社内要因と機会を考慮していました。「IBMはそれらを融合させて、プログラム自体を考案しました」

防護具を着けて大きなタッチスクリーンを使用しているReckitt社の従業員

IBMとReckitt社は、成功戦略を共同で選択しました。Reckitt社が選択したMicrosoftテクノロジーとAzureクラウド・インフラストラクチャーをベースにした、IoTとクラウド・テクノロジーの組み合わせです。その後、IBMは実績のある方法論である、IBM® Garageのデザイン思考アプローチを使用して、工場の現場から役員室までのすべての人をソリューションの設計に組み込みました。

Carter氏は、「ITの都合でプログラム変更をするのではなく、工場の現場から上げられた声をなんとしてでも反映させたかったのです」と振り返りました。ワークショップにはあらゆるレベルから約25人が参加し、オペレーターと上級管理者の両方との共同セッションも含まれました。ただプロジェクトの開始前に新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生したため、このセッションは対面とオンラインの両方のミーティングのハイブリッド環境で行われました。

Reckitt社は当初、2019年11月にIBMにアプローチして、2020年3月に作業を開始する予定でしたが、その時には新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより工場閉鎖が余儀なくされ、IBMコンサルティング・チームの出張は停止されてしまいました。IBMコンサルティング・チームがノッティンガム工場を実際に訪問できたのは、2020年8月になってからのことでした。その時点でも、他の国からの出張や工場の人数が制限されたままだったので、プロジェクト・チームはハイブリッド方式で作業をしなければなりませんでした。

UKI IBMコンサルティングのパートナーで、サプライチェーンおよび調達実践リーダーであるTom Woodhamは次のように振り返ります。「私は、主にリモートのチームがオンライン・コラボレーション・ツールを使用して協力して作業し、オペレーターが必要とするソリューションを開発したやり方に本当に感銘を受けました。プロジェクトの目標を実現するために、誰もが新しい働き方を迅速に受け入れたのです」

勝利の方程式: 構築、拡大、反復

いくつかの設計ワークショップの後、IBMチームはノッティンガム工場のための変革ロードマップを作成しました。これは後に、他の工場サイト用の拡張が容易なテンプレートに進化しました。

IBMは、Microsoft Azure IoT HubとEdgeのテクノロジーをベースとするエンタープライズ・データとアーキテクチャー・プラットフォームを導入し、ノッティンガムの未来の工場の実装のデータ・バックボーンとしました。このプラットフォーム・ベースのアプローチで、すべての変革とイノベーションのベースラインとしてデータと接続性を考慮することで、Reckitt社は、グループ工場間でデジタル機能をより簡単に複製できるようになりました。

「この一貫性のあるデータ・バックボーンはノッティンガムのために確立したものですが、これが非常に重要なのです」と、Ellins氏は言います。「今では、これを別の工場に持って行き、「これがReckittのクラウドに接続するすべてのシステムのデータ・アーキテクチャーで、他のすべての工場にあるアーキテクチャーと同じですよ」と言えるのです」

デジタル・タブレットでReckitt社のデータ・プラットフォームを使用している男性

​​​​Reckitt社とIBMは、OEE、工場保守、エネルギー効率とサステナビリティーという3つのユースケースのそれぞれについて、ソリューションを適用して調整しました。

運用効率と製造効率を強化して向上させるために、Reckitt社は生産性データを自動的に収集し、工場の機械の資産監視を行う「接続されたOEE」ソリューションを導入しました。ユーザーは今では情報をすぐに利用できるようになり、データを手動で読み取る必要がなくなりました。ユーザーは、特に生産性の損失につながる要素を継続的に改善して軽減することに集中できるようになりました。

製造の保守に対処する際に、Reckitt社はカレンダー・ベースの保守スケジュールから、状態とサイクル・ベースのモデルに移行する必要がありました。「以前は時間ベースのスケジュールでしたので、機械の状態にかかわらず毎週または毎月保守をしていました」と、Barnes氏は言います。

新しい接続された保守プラットフォームは、データを製造現場のセンサーからクラウドに引き出し、そのデータを会社のSAPシステムに送信します。その後、実際の機械の状態(例えば機械が実行したサイクル数など)に基づいて、保守アクティビティーが自動的にトリガーされます。

Reckitt社は、エネルギー・メーターをクラウド・プラットフォームに接続することで、エネルギー効率を向上させたいとも考えました。今ではサイト・マネージャーはダッシュボードを使用して、エネルギー使用量の追跡、その傾向や異常の発見、Reckitt社の意欲的なサステナビリティーの目標に向けた進捗状況の追跡を行うことができます。

このソリューションは、工場の現場から役員室まで、誰もが使いやすくデータを確認できるように設計されています。そしてこのソリューションは、これ以上の大規模なインフラ投資を必要とせずに、他の工場サイトに複製されることになっています。「当社が差別化を狙って作り上げたものが、結果として拡張を可能にしたのです。またこれは当社がグループとして使用するプラットフォームで構築したので、拡張性にも非常に自信を持っています」と、Ellins氏は言います。

新しいスローガン: 接続性が重要

ノッティンガム工場は2021年5月に、Reckitt社で最初に運用された未来の工場となりました。6月までに、同社は既に工場保守コストの10%削減、電力消費量の3%削減を予測していました。また、設備データの可視性の向上により、根本原因分析に関する洞察が既に得られ、大幅な生産性向上を推進することが期待されています。

「接続性とデータ可視性を改善することで、当社の稼働状況を詳しく理解して分析し、どのように改善を進めるべきかを把握できるようになります」と、Ellins氏は言います。「そのデータに機械学習やAIアルゴリズムを適用すれば、Reckitt社はよりよく将来を予測し、計画できるようになります」

Reckitt社のデータ・ソフトウェアの例

その計画は今、OEEの改善によって始まります。部門マネージャーとオペレーターは、機械のデータにすぐアクセスできるようになったため、オペレーターはそのデータをスプレッドシートに入力する必要がなくなり、その後に関連情報を検索する必要もなくなりました。機械から自動的にアップロードされるデータは、より正確で信頼性も高いものです。この信頼できるデータを使用することで、マネージャーは、情報を検索してその妥当性を検証するのではなく、運用を分析するのに時間を費やすことができます。これにより、意思決定と問題解決が迅速化され、最終的に生産性が向上します。

カレンダー・ベースの保守から状態 / サイクル・ベースの保守に移行することも、Reckitt社の生産性と効率性を向上させるのに役立つと期待されます。自動化システムは、設定された条件が満たされた場合にのみ保守イベントをトリガーします。例えば、条件が許容範囲外になった場合や、資産が設定された時間稼働した場合などです。Barnes氏は「これは毎月すべてのマシンのすべての作業指示を完了しようとするのではなく、注意を要する資産のみを対象にして作業するので、エンジニアの効率を高めるのに役立ちます」と述べています。

「Reckitt社はまた、単一のデータ・バックボーンにより、機械学習とAIベースの運用と保守への道筋が得られました」と、IBMのWoodhamは言います。例えば、機械が故障する可能性がある時、またはすぐに保守を必要とする時を、データが明らかにできます。「機械学習のアルゴリズムの支援により、Reckitt社はデータを理解し、状況がどうなるか予測を始めることができます。様々な予測の結果を組み合わせることで、システムから指示を得ることができます。つまり誰かが問題を発見してから何をすべきかを決めるのではなく、データを使用して何をするべきかを決めて、問題を解決できます」

この種の予測分析は、今やデータ・バックボーンに接続されている、同社のエネルギー管理システムにも適用される可能性があります。Reckitt社は、エネルギー消費量の一貫したデータと工場レベルのビューが得られるようになったため、工場全体で手動による計測を置換できます。この可視性により、各工場は、削減する領域をターゲットにして、同社の全体的なサステナビリティーの目標の達成に役立てることができます。

「接続性が重要」という考えは、Ellins氏個人にとって、そして会社全体にとって新たなスローガンになりました。Reckitt社は他のサイトに拡大する際に、同じインフラストラクチャー・プラットフォームとデータ・バックボーン上でソリューションを構築します。「当社の工場にとって適切に拡張可能なデータ・プラットフォームを構築したと言えることが、重要なポイントです。そしてそれは成熟するに従って価値が追加され、増していくことになります」

未来の工場のソリューションの実装において、Ellins氏はITと運用技術(OT)の融合を、将来のハイブリッドのIT-OTインフラストラクチャーにすることも見通しています。「インダストリー4.0の変革の一環として、ITシステムがエンジニアリング・システムに接続する方法を確認しています。それらは同じ言語を使用しています」この融合により、Reckitt社は、ITシステムと運用システムの両方をカバーする堅固なサイバーセキュリティー環境も実装できます。

インダストリー4.0に備える

Reckitt社は、工場をインダストリー4.0の未来に発展させる基盤を築くことができたと確信しています。IBMは、Reckitt社が事前に選んだMicrosoftテクノロジーとAzureクラウドIoTプラットフォーム上でソリューションを設計、開発、実装するために必要なガイダンスをReckitt社に提供しました。

Carter氏は、IBMコンサルティング・チームが他の企業のテクノロジーを使用して作業できることを評価しました。「当社がIBMのテクノロジーではなく、Microsoft AzureをベースとしたLogixをIlaboから実装していたにもかかわらず、IBMにはその方面でも専門知識があることがわかりました。IBMから参加した人々は、非常に知識が豊富でした。そして作業に対するIBMの姿勢にも感心しました」

Reckitt社は、テクノロジー・ソリューションの中核セットを選択することにより、未来の工場を他のサイトに拡大し、主要なデジタル工場で同じプラットフォーム上にイノベーションを継続します。「今はこのインダストリー4.0の、未来の工場のアーキテクチャーがあるので、当社は最小限の努力でユースケースを反復して拡張できます。そして当社には拡張可能で反復可能な標準設計があります」と、Carter氏は言います。

この反復可能かつ拡張可能なアーキテクチャーは、Reckitt社の他の工場にロールアウトする準備ができています。「ノッティンガムの未来の工場は、その他の工場の指針のような立場になっています」と、Ellins氏は言います。「私たちは『これが皆が目指すべき目標ですよ』と言っています。私たちはこのプロセスを継続して、ノッティンガムに他の工場を先導してもらいます」

重要なこととして、未来の工場のインフラストラクチャーは拡張可能であり、ノッティンガム工場の3つのユースケースに適用可能ですが、各工場をそれぞれ独自のユースケースとニーズに合わせて適応させることもできるようになっています。Reckitt社は、各工場サイトがそれぞれの技術成熟度に基づいて、インフラストラクチャー上に構築してイノベーションを行うことを予測しています。それらの工場は、世界中の他のサイトの指針となることができます。

Reckitt社は拡張可能なデータ・プラットフォームによって、デジタル成熟度の次のレベルへの道をうまく進んでおり、競合他社に先んじているとEllins氏は感じています。未来の工場により、Reckitt社はデータと洞察を実稼働プロセスに戻す機会を得ています。

「最終的には、当社はいくつかの領域で完全に自動化し、接続されたデータを使用してプロセスを自動的に調整し、人的介入を業務プロセスからなくします」と、Ellins氏は言います。「それは労働力を減らすという意味ではありません。従業員には、より優れたこと、改善を推進してビジネス・チャンスを探し出すために人間だけができることに集中してもらうのです」

Reckitt社のロゴ

Reckitt Group PLCについて

Reckitt社(ibm.comの外部へのリンク)の歴史は、1819年に2人のReckitt兄弟によって建設された製粉所までたどることができます。現在英国のスラウに本社がある同社は、グローバルな市場向けに健康・衛生・栄養製品を生産しています。会社名はよく知られていないかもしれませんが、Lysol、Air Wick、Calgon、Airborne、Strepsils lozengesなど、そのブランドの多くが広く知られています。Reckitt社は世界中で4万3000人以上の従業員を雇用し、2020年には139億9000万ポンドの収益を達成しました。

製品・サービス
IBM® Consulting
IBM Garage
Microsoft Azureソリューション

© Copyright IBM Corporation 2021 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2021年9月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびIBM Garageは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、Webサイト(www.ibm.com/legal/copytrade)をご覧ください。

Microsoft、Windows、Windows NTおよびWindowsロゴは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標です。

本資料は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。