再生可能エネルギー運動を促進
Raise Green と IBM Garage が IBM Cloud 上で太陽光発電プロジェクトのプラットフォームを開始

「シベリアのツンドラに立って永久凍土の融解の影響を研究しながら、私は気候変動がモデルの予測よりもはるかに速く進行していることについて考えていました」とマシュー・モロニー氏は述べています。解決に積極的に参加するために、モロニー氏は科学研究を離れ、環境工学とクリーン・エネルギー・プロジェクトの開発に携わりました。

一方、フランツ・ホッホシュトラッサー氏は2008年にバラク・オバマ大統領の選挙運動に参加し、米国政府およびホワイトハウス時代に気候変動への取り組みに取り組みました。彼は米国史上最大のクリーン・エネルギー投資の実施に貢献し、大統領の気候行動計画を立ち上げ、国連気候変動会議 COP-21 でのパリ協定の交渉を支援しました。彼らは現在、クリーン・エネルギーの導入を加速し、より多くの人々を気候変動対策への資金提供に参加させる新たな方法を携えて、COP-26に出席するためグラスゴーに向かっています。

モロニー氏とホッホシュトラッサー氏は、エール大学で環境管理の大学院学位を取得するために勉強していたときに出会いました。グリーン・ソリューションの規模を何百倍にも拡大し、政府や非営利団体だけでなく個人にも持続可能性に関わるより良い方法を提供するために、2人は気候変動ソリューションのための包括的なインパクト投資市場であるRaise Green(リンクはibm.comの外にあります)を共同で設立しました。 同社は、コミュニティーや個人が独自のクリーン・エネルギー・プロジェクトを作成、資金提供、建設、運営できるように支援します。Raise Green は株式クラウドファンディングとコミュニティー太陽光発電を組み合わせて、誰もがインパクト投資を利用できるようにしました。社会経済的地位が低いコミュニティーはクリーン・エネルギー・プロジェクトから直接利益を得ることができ、投資家はわずか 100 米ドルで立ち上げに賛同することができます。

規制された業界の新興企業として、Raise Green は間違いを犯すわけにはいきませんでした。同社は、そのコンセプトを次のレベルに引き上げるために、サステナビリティー・プロジェクト、気候データ、エネルギー分野での経験を持つ確立され信頼できるテクノロジーおよびソリューション・パートナーとしての評判を理由に、IBMと協力することを選択しました。

立ち上げ期間の短縮

 

太陽エネルギー・プロジェクトの立ち上げに必要な平均時間を10か月から10週間に75%削減

共創

 

Raise Green と IBM は、わずか8週間で Originator Engine POC を共同で作成しました

Raise Green は、誰もが直接気候変動対策に取り組む方法を得られるように構築されています。IBM Garage のスタッフは、非常にタイトな素晴らしいプロセスを実行し、私たちをアイデアの段階に進めてくれました。 Franz Hochstrasser Co-founder and Chief Executive Officer Raise Green
気候ソリューションの複雑さ

米国エネルギー情報局のデータによると、2020年に米国国内で生産された電力のうち再生可能エネルギーは約20%を占めました。気候危機の悲惨な影響を軽減するには、2050 年までに電力の 70% ~ 85% を再生可能エネルギーで構成する必要があります。

Raise Greenの最高経営責任者であるホッホストラッサー氏と最高執行責任者であるモロニー氏は、これらの統計を念頭に置きながら、ユーザー設計とエクスペリエンスの専門家であるIBM iX®と、デジタル・トランスフォーメーションのためのフレームワークであるIBM Garage™のチームと共同でソリューションを創造するためにロンドンで1週間を過ごしました。Raise Green と IBM は協力して、懸命に働き、熱心にプレーする単一の献身的なチームになりました。一緒に食事をしたり、サウスバンクのパブでサッカーについて話したり、モロニー氏に初めてのイングリッシュ・ブレックファストを紹介したりすることに加えて、チームは夜遅くまで気候変動対策の立ち上げの障害について話し合いました。

「クリーン・エネルギー・プロジェクトの開発は必要以上に困難です」とホッホシュトラッサー氏は説明します。「オバマ政権で働いていたとき、私は、地域やコミュニティー・レベルでの太陽光発電やその他の気候変動プロジェクトが、いかに資金調達が難しいかを目の当たりにしました。平均して、プロジェクト・マネージャーは 10 ~ 15 件の高価で複雑な法的文書を作成して提出する必要があり、弁護士と交渉したり、現地の微妙な違いの迷路を乗り越えたりするのに何時間もかかります。彼らは資金を確保し、会社を設立する方法を見つけ、許可を取得し、プロジェクト・モデルを完成させ、規制遵守を調査し、建設入札を調整する必要があります。地域規模の太陽光発電プロジェクトの費用は、安くても 100,000 米ドルです。

共同創設者の知識と経験があっても、IBM と提携する前の Raise Green の最初のパイロット・プロジェクトの開発には 10 か月かかりました。New Haven Community Solar は、非営利団体に 25% 割引で電力を販売するコミュニティ規模の太陽光発電プロジェクトです。このプロジェクトはこの種のものとしては初めてであり、大成功を収めましたが、Raise Green は、ビジネスや気候変動に関する背景がまったくない一般の人々が、より迅速に同様のプロジェクトを立ち上げる方法を見つけたいと考えていました。その解決策は、経験や収入に関係なく、誰でも複雑な太陽光発電プロジェクト開発をナビゲートできるデジタル・プラットフォームである Originator Engine でした。

アジャイルでユーザー中心の変革ソリューションの期間が4分の1に短縮

「Originator Engine は、クリーン・エネルギー・プロジェクトの作成、資金調達、構築のプロセス全体を合理化および簡素化します」とホッホシュトラッサー氏は説明します。「すべての電力会社、郡、コミュニティーには独自の法律とアプローチがあります。Originator Engine はこれらすべての情報と地域データを考慮に入れるので、ソリューションは米国内のどこでも機能するように拡張できます。」

Originator Engine のビジョンを洗練するために、チームはアジャイルでユーザー中心の IBM Garage方法論に従い、IBM Garage Enterprise Design Thinking® ワークショップにすぐに参加しました。「企業であろうと新興企業であろうと、誰もが数日かけてデザイン思考を行うべきです。なぜなら、変革が大幅に高速になるからです」とモロニー氏は言います。「私の友人には、『ボトルに入ったままではラベルが読めない』と言う人がいます。デザイン思考は、私たちにボトルから抜け出して、さまざまな側面からボトルを見る機会を与えてくれました。」

ユーザーを設計決定の中心に置くことで、プラットフォームの軌道を定義することができました。Raise GreenとIBMのチーム・メンバーは、ユーザーのインサイト、弱み、機会を把握するために、5人のユーザーと綿密なインタビューを行い、さまざまなスキル、能力、地域、情熱、動機を持つ何百人ものプロジェクト・クリエイターと話をしました。共同チームはカスタマー・ジャーニーを構築し、「プロジェクトの発案者」、つまり太陽光発電プロジェクトを立ち上げ、資金を提供したい熱心な気候変動活動家向けのユーザー・ペルソナを設計しました。ユーザーは必ずしもビジネスの洞察や太陽光開発の知識を持っているわけではないため、チームは知識と理解を構築するためのより強力な教育コンポーネントを組み込みました。

エンド・ユーザーは教育とガイダンスを必要としているため、IBM Garage と Raise Green は協力してツールを合理化し、ユーザー・エクスペリエンスを簡素化しています。Originator Engineの第 2 ラウンドの開発では、チームはユーザー・ジャーニーと、太陽光発電開発者および太陽光発電エンジニアリング、調達、請負 (EPC) 企業にも資金調達を利用してもらえるようにする方法に新たに焦点を当てています。この目的に最大限に応えるために、新しい法的テンプレートを迅速にアップロードしてソフトウェア・ツールの機能を拡張し、経験豊富な太陽光発電開発者と教育の両方に資料を提供する機能が新たに開発されました。これにより、より広範な形式の太陽光発電開発や気候関連ベンチャーが可能になり、より多くのユーザーが Originator Engine を利用して独自のプロジェクトを作成し、包括的金融を通じて資金を得ることができるようになります。

「Raise Green は、誰もが直接気候変動対策に取り組む方法を提供するために構築されています。IBM Garage のスタッフは、非常にタイトな作業で素晴らしいプロセスを実行し、私たちをアイデアの段階に進めてくれました」と Hochstrasser 氏は言います。「彼らは私たちの仮定のいくつかを実際にテストし、私たちを後押ししてくれました。私たちは、やりたいと思っている信じられないほど広範囲の未処理の作業を計画することができました。」

4 倍高速なソリューション

Originator Engineは、 IBM Cloud® の Red Hat® OpenShift® コンテナー・プラットフォームで動作します。Raise Green が Red Hat OpenShift を選択した理由は、オープンソース・テクノロジーの柔軟性により、スタートアップ企業がそのプラットフォームをサステナビリティーの他の分野に拡張し、カスタマイズを提供し、サードパーティへのアクセスを提供できるからです。Raise Green は、Kubernetes クラスター・アーキテクチャーの迅速な拡張とマイクロサービスのデプロイ機能を特に気に入っていました。

「IBM Garage の本当に強力な点は、深いベンチがあり、必要に応じて拡張できることです」とモロニー氏は言います。「特定のスプリントでは、Red Hat から 3 人か 4 人の異なる人材が必要になることがありました。彼らは現場に現れるのですが、彼らはすでにプロジェクトのことをすべて知っていました。彼らは一週間やって来て、その後姿を消しました。」

このチームは、IBM iX Experience Orchestrator(規制業種が安全で複雑なパーソナライズされたデジタル・フォームを作成、管理、公開、更新できるようにするソフトウェア・コンポーネント)と、IBM® Carbon Design System(リンクはibm.com外にあります。 IBM Cloud プラットフォームの視覚的なユーザー・エクスペリエンス、コードのガイドラインと標準の完全なセット。その結果、設計者はわずか 1 週間で、Originator Engine 用に 72 の画面を作成しました。テンプレートを作成し、数千ページのドキュメントを標準化されているがカスタマイズ可能なマスター・フォームに集約することにより、ユーザーは同じ情報を 2 回入力する必要がなくなります。また、フォームはバックエンド・システム、ビジネス・ルール、データに簡単に統合できます。

すべての人にクリーン・エネルギーを

Raise Green と IBM は、Originator Engine の概念実証 (POC) をわずか 8 週間で実現しました。投資家に POC をデモンストレーションできることは、実用最小限の製品 (MVP) を開発するための資金を集めるのに役立ち、Raise Green は 4 か月後に発売されました。このツールは非常に好評で、すでに賞を受賞しています。2021年7月、Raise Green Originator Engineは、International Data Corporation(IDC)の「Future of Digital Innovation Awards」(リンク先はibm.comの外にあります)の保険・金融サービス部門で、Goldman SachsやBank of Americaなどを抑えて最優秀賞に選ばれました。

Originator Engine を使用すると、ユーザーはクリーン・エネルギー・プロジェクト開発の複雑なプロセスをナビゲートできるため、経験や収入に関係なく、誰でも新しい太陽光発電ビジネスを立ち上げてクラウドファンディングを行うことができます。Originator Engine の目的は、ユーザーが太陽エネルギー・プロジェクトを約 75% 高速に立ち上げられるようにすることです。以前はこのプロセスに平均 10 か月かかっていましたが、Originator Engine を使用すると平均 10 週間で済むようになりました。Raise Green は 2020 年の設立以来、100 以上の新規ビジネス・プロジェクトをパイプラインに抱えており、Originator Engine は現在、週に 3 ~ 5 件のプロジェクトを受け付けています。

Raise Green は、チームが既存の MVP を反復し続けるにつれて、プロジェクトの提出が大幅に増加すると予想しています。開発の次の段階では、太陽光発電プロジェクトの構築と運営に焦点を当てます。これらには、プロジェクト・ファイナンス用の新しいテンプレート化およびカスタマイズされたドキュメント、拡張されたユーザー・ジャーニーと機能などが含まれます。誰でも太陽光発電プロジェクトを構築して実行するためのツールを提供する製品を作成するために、Raise Green は IBM Garage とそのユーザー中心の設計手法を利用しました。同社は、やがて、電気自動車の充電ステーション、風力エネルギー、都市農場など、他の地域や気候資産向けの運用システムを構築する予定です。

Raise Green は、情熱的な共同創設者、柔軟なテクノロジー、IBM からのサポートにより、ビジネスとその公平な影響の両方において、将来の成長に向けて有利な立場にあります。「私たちが行っていることの平等の要素は、この製品のアイデアと提供に深く根付いています。人々を置き去りにしては、クリーン・エネルギー経済に移行することはできません」とホッホシュトラッサー氏は結論づけています。「私たちの原動力は、単に気候変動に取り組むことではなく、誰もが役割を果たすことができる方法で取り組むことです。」

Raise Greenのロゴ
Raise Greenについて

Raise Green (リンクはibm.comの外にあります)は、コミュニテーィ主導型プロジェクト・ファイナンスのための金融テクノロジー企業です。このスタートアップ企業は、コミュニティー・ソーラーのような気候変動解決プロジェクトを立ち上げ、それに直接投資するために必要なツールをすべての個人に提供しています。マサチューセッツ州サマービルに本社を置くRaise Greenの従業員数は約10名で、2018年に設立されました。

次のステップ
お客様事例のPDFを見る 毎日の予報:異常気象と金融の安定 お客様事例はこちら デジタル農業プラットフォームを活用して成長を続ける地球を養う お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Software、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年11月、米国で作成

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Enterprise Design Thinking、IBM Cloud、およびIBM GarageはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade。

Red Hat®およびOpenShift®は、米国およびその他の国におけるRed Hat社またはその関連会社の登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。