Omni Remotes
成功へのチャネルホッピング: Omni Remotes が IBM Cloud Bare Metal Servers 上の SAP HANA ソリューションに移行
詳細はこちら
リビングのソファに座る3人

チャネルホッピングが好きなら、Omni Remotes 製品をすでに使っている可能性がありますOmni Remotes は、フィリップスから独立した後、IBM® と協力して、IBM Cloud® ベアメタル サーバー上の SAP HANA データベースで実行される SAP ソリューションへの迅速な移行を支援しました。同社は、時間と費用を節約するシンプルなシステムとプロセスを採用し、IT コストを削減しています。

ビジネス上の課題

Philipsの売却決定を受けて、Omni Remotes は、新しく独立した会社をサポートするためのまったく新しいビジネス プロセスとシステムを、厳しい期限内に構築する必要がありました。

変換

Omni Remotes は、 IBM Services®によってサポートされる、IBM Cloud Bare Metal Servers 上で実行される堅牢な SAP® Business Suite アプリケーションと SAP HANA® データベースに基づいて、洗練された新しいビジネス プロセスを作成しました。

結果 93%
新規ベンダーの立ち上げを加速し、市場投入までの時間を短縮
50%高速化
より賢明な意思決定を促進するための、優れたデータによる財務統合
40% 速く
新製品紹介などの重要なレポートの作成
ビジネス上の課題の詳細
大きなビジネス変革の口火を切る

ダイベストメントは劇的な激変を引き起こす可能性があります。Philipsが、テレビ、ハイファイ、および同様の電子機器のリモコンを製造および販売する部門を分離することを決定したとき、Omni Remotesとして知られる新しく設立された会社は、迅速に対応する必要がありました。

Omni Remotes のオペレーションディレクターである Miguel Vidal 氏は次のように語り始めます。「当社には、売却日から独立した会社として運営を開始するための 1 年の猶予が与えられました。そのため、その期間内に、当社の業務をフィリップスの業務から切り離し、新しいビジネスをサポートするエンタープライズ アプリケーションと IT インフラストラクチャを見つけて導入する必要がありました。

「これまで、私たちはフィリップスのグローバル企業全体をサポートする SAP の単一インスタンスを使用して業務を管理していました。長年にわたり、これらの SAP システムは、フィリップスのさまざまなビジネス ユニットすべてのニーズを満たすために大幅にカスタマイズされてきました。さらに、このソリューションには、はるかに小規模で多様性に欠ける企業である Omni Remotes にはまったく必要のない高度な機能が含まれていました。

「スリム化されたシステムに切り替えることで、コストを削減し、ビジネスの機敏性を新たなレベルに引き上げ、競争力を高めることができると考えていました。しかし最も重要なのは、迫り来る期限までに新しいビジネス システムを立ち上げて稼働させる必要があるということでした。私たちは、私たちのビジョンを現実に変えてくれるベンダーを探すことにしました。」

IBM は当社のビジネスを理解しており、エンドツーエンドのソリューションを通じて、お客様とともに成長するために必要な規模と機敏性を提供することができました。 Alain Perrot Chief Executive Officer Omni Remotes
概要と経緯の詳細
全力で取り組む

Omni Remotes は、その困難な取り組みに対するサポートを IBM に依頼しました。

「私たちが戦略的パートナーとして IBM を選んだのは、Philipsの一員だったときに IBM と協力した前向きな経験に基づいています」とMiguel Vidalは振り返ります。「当時から、IBM チームはすでに当社のビジネスとプロセスをよく理解しており、これも大きな利点でした。さらに、IBM チームは、私たちの要件をさらに深く理解するために大幅な追加の時間と労力を費やしたため、私たちは彼らの提案がすべての条件を満たすものであると確信していました。さらに、IBM は、世界中のすべてのサイトにサポートを提供できる数少ないベンダーの 1 つでした。」

Omni Remotes の最高経営責任者である Alain Perrot 氏は次のように付け加えています。「IBM は強力な競争相手でしたが、魅力的な価値提案を持っていたため、最終的には当社が選択するベンダーになりました。彼らは私たちのビジネスを理解しており、エンドツーエンドのソリューションを通じて、私たちが顧客とともに成長するために必要な規模と機敏性を私たちに提供することができました。」

IBM サービスの専門家チームは、資材管理、販売および流通、生産計画、財務および制御のモジュールを含む、さまざまな SAP Business Suite アプリケーションを設計および導入しました。IBM チームは、SAP の稼働開始に向けたアプリケーションのサポートも提供しました。

Omni Remotes の IT マネージャーである Vijaya Kumar 氏は次のように説明します。基本的に、SAP が必要な機能を提供し、将来の成長に向けた余裕があったため、SAP を使い続けることにしました。さらに、当社の従業員はすでに SAP に精通しており、プラットフォームを気に入っていたため、費用のかかるトレーニングを避けることができました。

「SAP HANA プラットフォームには強力で説得力のあるロードマップがあるため、SAP アプリケーションを SAP HANA データベースで実行することにしました。 SAP にはパイプラインにアップグレードと追加機能の宝庫があり、それらはすべて SAP HANA プラットフォームで利用できるようになります。」

IBM チームは、顧客の販売および流通モデルの複雑さを軽減することに重点を置き、Omni Remotes の主要地域に基づいてグローバル SAP テンプレートを設計しました。Omni Remotes は、グローバル SAP テンプレートを使用することで、低コストで中国への展開を完了することができました。

IBM ServicesはSAPアプリケーションと関連管理サービスを IBM Cloud Bare Metal Servers上に統合し、Omni Remotesがクラウド対応のパフォーマンスとスケーラビリティの恩恵を受けられるようにした。シンガポールの Omni Remotes オフィスは、SAP アプリケーションの災害復旧サイトをホストしています。

Vijaya Kumar 氏はさらに次のように続けます。「コストを抑えるために、社内の IT チームを非常にスリムに維持したいと考えています。そのため、クラウド ソリューションは当社のビジネスに最適でした。さらに、IT 従業員を IT インフラストラクチャの管理と保守の負担から解放することで、彼らが当社のコア ビジネスに集中できるようになります。

「IBM Cloud Bare Metal Servers に簡単に接続できるため、独自のインフラストラクチャを最初から設計、購入、セットアップすることを心配する必要がありませんでした。事業移行完了までの期限が迫っていたことを考えると、これは大きな利点でした。

「ビジネスが成長するにつれて、独自の物理サーバーのセットを拡張する必要があるという遅延や複雑さに直面することなく、必要に応じて追加の容量をリクエストするだけで済みます。それに加えて、私たちにとって、IBM Cloud Bare Metal Servers のサブスクリプションは、独自のデータセンターを運営するよりも安く済みました。」

IBMからの素晴らしいサポートにより、Omni Remotesは新しい環境への複雑な切り替えをスムーズに完了することができました。 同社は、新しい SAP 環境をシンガポール、中国、米国、ベルギーのオフィスに展開しました。

Miguel Vidal は次のように述べています。「IBM からの優れたサポートのおかげで、当社は売却期限に間に合うように、わずか 6 か月で新しい SAP ソリューションを導入することができました。さらに、IBM チームは、商用業務を中断することなく移行を完了する方法を示してくれました。」

Omni Remotes のビジネス SIOP マネージャーである Jean Ong 氏は次のようにコメントしています。「IBM チームとの仕事の経験は素晴らしいものでした。コンサルタントは非常に経験豊富で、データをフィリップスのシステムから新しい環境に移行するときなど、難しいタスクの際に優れたサポートを提供してくれました。」

Omni Remotes の財務管理者である Eunice Ng 氏は次のように付け加えています。「IBM チームは、システムとプロセスを簡素化し、標準の SAP 機能を使用して最大限の有用性を得る方法を示してくれました。その結果、将来のアップグレードや拡張で問題が発生する可能性がある、時間のかかるカスタマイズを回避することができました。」

Omni Remotes の従業員は、IBM Cloud Bare Metal Servers 上で実行される新しい SAP ソリューションに満足しています。

Vijaya Kumar 氏は次のように述べています。「IBM は、SAP ソリューションから最大限のメリットを得ることができる高いパフォーマンスと、ビジネスに不可欠なサービスを常に利用できるようにする卓越した信頼性を提供します。SAP ソリューションを IBM Cloud Bare Metal Servers に移行することで、社内の IT 管理コストと作業負荷が削減され、純粋な運用部門からビジネスの目標達成を支援する戦略部門に変わりました。」

当社は包括的なビジネス変革を経験し、より無駄がなく、よりスマートに、より機敏に生まれ変わりました。IBM の優れたサポート、IBM Cloud Bare Metal Servers の高品質なサービス、SAP の最先端テクノロジーがなければ、これを実現することはできませんでした。 Miguel Vidal Director of Operations Omni Remotes
成果の詳細
ビジネスの状況を正確に把握

IBM の支援により、Omni Remotes は、機敏なビジネスに合わせて設計された洗練された SAP ソリューションとプロセスに移行しました。

Miguel Vidal 氏はさらに次のように続けます。「はるかに小規模な組織であるため、大企業にあるような構造の多くは必要ありません。そこで、売却後、Philipsのシステムを複製するのではなく、必要な要素のみを再構築することにしました。当社は事業をボトムアップから再構築することに成功し、スリムで柔軟性の高い新しい企業へと変貌することができました。この余分な重量を取り除くことで、私たちは敏捷性を新たな高みに引き上げました。」

Omni Remotes が大企業の一部であったとき、Omni Remotes は調達や研究開発などの分野で別々のシステムを運用していました。IBM チームは、Omni Remotes がこれらの機能を SAP の範囲に取り込み、プロセスとシステム環境を簡素化するのを支援しました。

Vijaya Kumar氏は次のように詳しく述べています。「センサーベースのモノのインターネット技術と並んで家電管理用の自動化アプリケーションなどの新たなトレンドは、私たちの業界の様相を変えることを約束しています。時代の先を行くには、活気に満ちた革新的な研究開発部門と、市場投入までの時間を短縮する必要があります。」

Jean Ong 氏はさらに、「当社の研究開発機能とサプライチェーンを SAP に導入することで、主要なプロセスに必要な時間を短縮することができました。たとえば、新しいベンダーを設立するのに以前は約 3 週間かかっていましたが、現在はわずか 1 日で完了し、93% 早くなりました。

「これらの改善は、IBM が設計し、SAP テクノロジーに基づいて構築されたソリューションによって実現された、よりシンプルなプロセスとよりスマートな意思決定の組み合わせによって実現されました。

「同様に、新製品の紹介や部品表などの重要なレポートの作成も 40% 高速化されています。当社が研究開発とイノベーションにおいて市場リーダーであり続けるためには、製品開発の容易さとスピードが不可欠です。

「これらの分野でさらなる改善を達成することで、市場投入までの時間を短縮し、新たな成長機会を活用し、最終的にはエキサイティングな新製品をより早く顧客に届けられるようにしたいと考えています。

また、Omni Remotes は、調達プロセスに強力な管理を導入し、評判の良いサプライヤーのみから商品を、取引が確認されると調整したり上書きしたりできない合意された価格で受け入れることを保証しています。これらの予防措置は、完成品の品質の向上、顧客満足度の向上、調達リスクの軽減につながります。

さらに、追加のアプリケーションの必要性を排除し、統合された SAP ソリューションに統合することで、Omni Remotes は IT ランドスケープの総所有コストを削減することができます。

SAP ランドスケープの範囲を拡大したことも、財務チームに大きな成果をもたらしました。

Omni RemotesのビジネスSIOPマネージャーであるJean Ong氏は次のように説明しています。「私たちが大企業にいた頃、財務データは複数の異なるシステムに分散していました。 コストや売上などの数値の概要を把握するには、さまざまなシステムのデータを手動でコンパイルし、必要な情報が表示されるまで再フォーマットする必要がありました。

「そのプロセスには時間がかかり、手作業に大きく依存していたために、大きなミスの余地が残されていました。今、私たちはすべての財務情報をひとつのシステムで管理している。 その結果、手動によるデータ転送の必要性がなくなり、財務健全化に費やす時間を 50% 削減することができました。」

毎年約200の新モデルを生み出しているOmni Remotesにとって、こうした財務管理は特に重要です。 投資と生産コストを理解することは、Omni Remotesが製品に正しい価格をつけ、望ましいマージンを達成し、資本をより効果的に配分するのに役立ちます。

「さらに、リアルタイムの数値を簡単に抽出し、財務データとサプライチェーンの両方の観点から、さまざまなサイトで何が起こっているかの概要を得ることができます。これらの洞察は、より賢明なビジネス上の意思決定の基盤として機能します。たとえば、在庫レベルを需要に対してチェックし、必要な調整を行うことができます。同様に、生産コストやコスト配分などの分野について洞察を得ることができ、ビジネスをより明確に把握できます。」

高品質のデータと透明性の向上により、Omni Remotes のビジネスがよりスマートになります。

Miguel Vidal 氏は次のように付け加えています。「過去には、在庫記録が実際の倉庫の在庫と一致しないなどの問題に悩まされることがありました。さらに、サプライチェーンの可視性の悪さに起因する問題が発生することがありました。たとえば、ある地域が社内発注の数量を減らす予定だったが、他のチームがそのメッセージを受け取らなかったため、在庫を生産し続け、最終的に過剰在庫が発生したというインシデントが発生しました。

「現在、SAP は真実の単一バージョンとして機能するため、このようなエラーが発生する可能性は大幅に低くなります。最終的には、このような間違いを回避することで、無駄を削減し、効率的な業務を維持することができます。

「さらに、在庫の精度が向上することで、顧客が希望する製品の在庫があるかどうかについて、より信頼性の高い情報を提供できるため、より良い顧客サービスを提供できるようになります。」

Omni Remotes は、その成功に基づいて、物流と財務に SAP S/4HANA を導入することを計画しています。その目標は、プラットフォームの直感的なユーザー インターフェイスを活用し、意思決定者向けにドリルダウン分析を行うことです。たとえば、管理者は、まず世界全体の数字の概要を取得し、次にドリルダウンして各国または地域の結果を確認することで、販売実績を監視できます。

さらに先では、Omni Remotes がモバイル テクノロジーを活用する予定です。具体的には、同社は、SAP S/4HANA で利用可能な SAP Fiori アプリを活用し、意思決定者や営業担当者にモバイル データ アクセスを提供することを目指しています。これにより、重要なデータの可視性がさらに高まり、承認などのプロセスを迅速化できるようになります。

これらの新しい分野に拡大し、さらに革新的な SAP 製品を展開するにつれて、Omni Remotes は信頼性の高い、高性能の IBM Cloud Bare Metal Servers を信頼できるようになります。SAP テクノロジーと IBM Cloud 機能の組み合わせにより、Omni Remotes が新しい国や新しい製品で拡大するにつれて、究極の拡張性が提供されます。

Miguel Vidalはこう締めくくります:「私たちは包括的なビジネス変革を遂げ、よりスリムに、より賢く、より機敏になりました。 IBM の優れたサポート、IBM Cloud Bare Metal Servers の高品質なサービス、SAP の最先端テクノロジーがなければ、これを実現することはできませんでした。」

Omni Remotesのロゴ
Omni Remotes

Omni Remotes(リンク先はIBM社外)は、世界有数のOEMリモコンプロバイダーであり、これまでに10億個以上のリモコンを生産し、700種類以上のモデルをグローバルに提供しています。同社はシンガポールに本社を置き、中国、ベルギー、ブラジル、インド、台湾、米国でも事業を展開しています。

次のステップ

IBM SAP Allianceの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイトibm.com/sapにアクセスしてください。

PDFファイルを読む 他の事例を見る
法務

© Copyright IBM Corporation 2020. IBM Systems, Route 100, Somers, NY 10589.

2022年11月、米国で作成

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloudは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。

IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

© 2019 SAP SEAll rights reserved.SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツ連邦共和国およびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。