ホーム ケーススタディ モヒガン・サン モヒガン・サンは卓越性を実現
IBM Cognos Analytics ソフトウェアによるホテル運営の大幅な改善
Bean and Vine Terrace, Mohegan Sun

遠くからでも周囲のコネチカットの風景にそびえ立つのがわかるモヒガン・サンは、観光客を「遊びの世界」に誘います。カジノでサイコロを投げたり、プールサイドでリラックスしたり、ショーを見たり、買い物をしたり、食事をしたり、楽しむことができます。

ホテルのゲストが到着時に最も望まないことは、待つことです。

しかし、1,563 のホテル客室と 2 つの巨大なタワーを誇るこの施設では、1 日に 1,000 件のチェックインが発生する可能性があります。チェックアウトの遅延、人員配置の非効率、部屋の調整やハウスキーピングのリクエストが多すぎると、多くのゲストの不満を招きます。部屋の鍵を受け取り、荷物を預けて滞在を楽しみ始めるのを待つことになります。

これまで、ハウスキーピングやフロントデスクには十分な情報が提供されていませんでした。重要なデータは施設内の 1 か所しか存在せず、責任者がホテルの別のフロアで作業しながら更新を確認するのは面倒でした。

時間の節約

 

占有状況と在庫の可視性を強化し、フロア責任者の時間を 1 日あたり 最大 1 時間節約します

オペレーションの改善

 

スタッフが 迅速な 洞察にアクセスできるようにすることで、ハウスキーピングとフロントデスクの業務を改善します。

Cognos Analytics を使用することは、施設全体にとって有益です。その結果、調整が減り、コストが削減され、全体的な顧客満足度が向上しました。 Jesse Sturges Director of Strategic Marketing Mohegan Sun

モヒガン・サンのレベニュー管理アナリストである Johanna Thibdeau 氏は、ホテル運営に豊富な経験を持ち、ハウスキーピング・スタッフが独自にリアルタイム・データにアクセスできる機会があることに気づきました。「ハウスキーピングはデータを一切持ち込まず、責任者が部屋の状況を確認するために階段を上り下りしていました。」とThibdeau氏は言います。1 つのタワーに 36 のフロアがあるため、多くの責任者は最新情報を受け取るためだけに施設内を駆け回り、貴重な時間を無駄にしていました。

また、1人のハウスキーパーが65~90の客室を担当するため、手元に最新情報を用意することなく、ゲストの具体的な要望や調整に対応し続けることは、客室の維持管理、顧客サービス、人員配置にとって難しい課題でした。

オペレーション・チームには知られていませんが、モヒガン・サンには既にソリューションがありました。

世界がアップグレード

モヒガン・サンのレベニュー管理チームは、旧バージョンのIBM® Cognos® Business Intelligenceプラットフォームに長年依存していました。ただし、そのインターフェースは知識のある分析専門家により適していたため、ハウスキーピングやフロントデスクなど、分析にあまり重点を置いていない部門は、レポート作成や分析の洞察をレベニュー管理チームに依存する必要がありました。

「Cognos Business Intelligence を使い始めたとき、ホテルの占有状況、販売中の客室、必要最低限の基本情報を調べる定型レポートに使用していました。」と、同社の戦略マーケティング・ディレクターの Jesse Sturges 氏は述べています。

IBM Cognos Analytics 11 プラットフォームへのアップグレード後、まったく新しい世界のユーザー・フレンドリーなツールが利用できるようになり、レベニュー管理チームだけでなく、モヒガン・サン全体の他の部門もそれらを使用できるようになりました。

「チームがCognos Analyticsを活用し、複数のテーブルを使用し、本当に必要な情報を得ることに少しずつ精通するにつれて、私たちは自分たちの意思決定だけでなく、他部門の意思決定の推進にも貢献できるようになりました。」と、Sturges氏は話します。

モヒガン・サンがアップグレードされた Cognos Analytics ソフトウェアに慣れるのを支援するために、IBM Business Partner LPA Software Solutionsの専門家がレポート、ダッシュボード、データ・モジュールなどのトレーニングを行いました。

1 週間にわたる社内トレーニング・セッション中に、アイデアが浮かんできました。そこでレベニュー管理チームは、Cognos Analyticsのインタラクティブ・ダッシュボードをハウスキーピングとフロントデスク業務に使用することを思いつきました。

「レポート作成側の私たちにとって、Cognos Analytics は新しい機能を提供してくれましたが、ダッシュボードは最初は直接的な助けには見えませんでした」と、Sturges氏は言います。「その後、他の部門がセルフサービス・ダッシュボードを使用できるようにすれば、私たちがその部門のサポート部門になる必要がなくなり、他のことに取り組む時間を確保できることに気づきました。」

ハウスキーピングおよびフロントデスクのダッシュボードを作成すると、これらの部門がより自給自足的に仕事ができるようになり、大幅な業務改善と時間の節約も促進されます。各チームの特定のニーズに合わせて、情報や視覚的なプレゼンテーションを即座に変更し、詳細をカスタマイズし、データをフィルター処理することができました。

「私たちが本当に望んでいたものをダッシュボードに掘り下げるのに数週間かかりました。バックエンド・データセットとデータ・モジュールの作成には時間がかかりましたが、今でははるかに効率的になりました。非常に簡単に変更を実装したり、情報を追加したりできます。」と Thibdeau 氏は言います。

私たちが本当に望んでいたものまでダッシュボードを掘り下げるのに数週間かかりました。しかし、今でははるかに効率的です。変更を実装したり、情報を追加したりすることが非常に簡単に行えます。 Johanna Thibdeau Revenue Management Analyst Mohegan Sun
運営上の独立性

現在、部屋の占有率と在庫に関する重要なデータは、フロント・オフィスの大型スクリーンに表示され、全員が見ることができます。情報はフロントデスクやフロア責任者のタブレットでもご覧いただけます。Cognos Analytics データセットを使用すると、キャッシュされたデータが 3 ~ 5 分ごとに更新されるため、調整が発生すると、その変更がほぼリアルタイムで表示されます。

責任者は、部屋のステータスを確認するためにオフィスに急いで行く必要がなくなり、 1 人当たりの 1 日あたりの平均時間を節約できると同時に、エラーも削減されます。フロントデスクが部屋のステータスを割り当てるとすぐに、責任者がそのステータスを利用できるようになります。ハウスキーピングがどの部屋を優先すべきかを把握できれば、ゲストの待ち時間が大幅に短縮されます。

新しい Cognos Analytics ダッシュボードは、エクスペリエンスをパーソナライズすることで顧客サービスも向上します。すべてのゲストの名前と正確なニーズが、ゲストの部屋情報の横に画面に表示されるようになりました。

業務の独立性と洗練されたコミュニケーションにより、ハウスキーピングとフロントデスクの業務が大幅に改善されたため、他の部門も現在、Cognos Analytics ソリューションをオプションとして検討しています。 ホテル購買部門では、ダッシュボードを使用して注文を管理し、購入者を比較する可能性を模索しています。また、バレーやホスティングなど、より顧客重視の日常業務も同様です。

しかし、同ホテルの Cognos Analytics への取り組みはこれで終わりではありません。最近、モヒガン・サンはさらに新しいバージョンのプラットフォームにアップグレードしました。最新リリースの Cognos Analytics 11.1 では、自動化されたインサイト、探索機能、AI によるデータ準備など、強化されたレポート機能とダッシュボード機能が提供されます。各部門は分析を改良し、高度な分析と機械学習を使用して、より関連性の高い洞察を生成できます。

モヒガン・サンのロゴ
モヒガン・サンについて、LPA ソフトウェア ソリューション

"遊びの世界 "として知られるモヒガン・サン(リンクはibm.comの外にあります)は、アメリカのコネチカット州アンカスビルにあるゲームとエンターテインメントのデスティネーションです。ホテルは 2 つのガラスの塔で構成されており、2 つのユニークなカジノ、40 を超えるレストラン、バー、ラウンジ、10,000 席のアリーナ、2 つのスパ、会議施設があります。モヒガン・サンは Mohegan Tribe が所有し、Mohegan Gaming & Entertainment が管理しています。

LPA ソフトウェアソリューションについて

「遊びの世界」として知られるLPA(リンクはibm.comの外にあります)は、コンサルティング会社であり、フルサービスのIBMビジネスパートナーです。予測分析とコグニティブ分析、ビジネス・インテリジェンス、データ・サイエンス、ビッグ・データ、財務パフォーマンス管理に基づいた業界横断的なコンサルティングを提供します。そのコンサルタントは分析ソフトウェアとソリューションの専門家です。

次のステップ
お客様事例はこちら FleetPride はシームレスなサプライチェーン・マネジメントにより商取引の車輪を回転させ続けます お客様事例 アナリティクスとエネルギー産業に光を当てるHeather Gardner 「Journey to AI」ブログ IBM Cognos Analytics が Ventana の 2021 年分析およびデータ価値指数で模範的なベンダーに選出 「Journey to AI」ブログ
法務

© Copyright IBM Corporation 2021.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町 19-21

2021年7月、米国で制作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Cognosは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMビジネス・パートナーは独自の価格を設定しており、価格は異なる場合があります。 IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。