インドの投資市場にサービスを提供する堅牢な金融プラットフォームを構築
Kotak CherryとIBMコンサルティング、AWSクラウド上に構築されたスケーラブルなカスタマーエクスペリエンス・プラットフォームを発表

インドのフィンテック導入率が87%と世界で最も高いのに対し、世界平均はわずか64%です(ibm.com外部リンク)。拡大する中間層からの対応可能な大きな需要、データアクセスの前例のない成長、デジタルインフラストラクチャーの成熟により、インドは世界最大のデジタル市場の一つに躍り出ることができました。2023年1月現在、インドには1100万を超える電子保管化された(demat)口座(ibm.com外部リンク)があります。これは株主が会社の株式や証券を電子的に保有できる口座であり、同国の投資管理に対する小売市場の前向きな傾向を示しています。

Kotak Mahindra Bank(Kotak)の子会社であるKotak Investment Advisors Ltd.は、急成長するインドのリテール投資市場にサービスを提供する大きな機会を認識し、資産管理を再構築するワンストップ・デジタル投資プラットフォームとしてKotak Cherryを立ち上げました。Kotakの専門知識をもとに構築されたCherryは、株式、債券、投資信託、その他の金融商品を通じて投資家の短期および長期の利益に応える厳選された総合的な投資ソリューションを提供します。

「デジタル取引に精通し、デジタル取引を好むデジタルネイティブの投資家を魅了して、それに応えることができるシームレスなエクスペリエンスを作成するつもりです」と、Kotak Cherryの最高業務責任者であるRohit Murarka氏は語ります。「また、私たちは投資家の過程や好みに関係なく、投資家の総合的なニーズに応える効率的な投資エコシステムも求めていました。」

「社内デジタルプラットフォームの構築は、堅牢で安全でオープンなアーキテクチャープラットフォームを提供するという当社のビジョンから生まれました。そのため、当社はそれをカスタム構築し、IPを保有しました」とKotak Cherryの最高技術責任者であるVishal Bhatia氏は述べています。「オンプレミスシステムを使用する多くの金融サービスとは異なり、Cherryはコンテナ化、マイクロサービス、テクノロジーのアップデート、クラウドが提供するスケーラビリティを活用できるように100%クラウドネイティブになるように設計しました。」

彼はさらに次のように続けます。「Kotak Cherryは、Webサイトを立ち上げてすぐに、パフォーマンスを妨げるさまざまな技術的問題に対処する必要がありました。最大の問題は安定性でした。定期的にサイトが停止していたのです。私たちはIBMと協力してシステムを安定化し、1日あたり1桁の停止にまで削減しました。それは「顧客感動」体験と信頼に役立っています」。

100%の可用性

 

1日に複数回停止していたプラットフォームの稼働時間を改善し、毎日100%サイト可用性を実現

99%の削減

 

創業以来サービスチケットの数を99%削減

私たちは常にIBMを私たちの旅のパートナーであると考えていました。私たちは共に成功を収めることに焦点を当ててきました。 Vishal Bhatia 最高技術責任者 Kotak Cherry
信頼ストラテジーの共創と実行

CherryのWebサイトがダウンするたびに、重要な顧客が失われていきました。プラットフォームの安定性の確保には時間が非常に重要でした。ハイブリッドクラウド・マネージメントのシニア・エンタープライズ・アーキテクトやその他の経験豊富なエキスパートをから成るIBM Consulting™サービスチームは、Kotak Cherryの経営陣と共創して安定性戦略を策定し、プラットフォームの安定性、レジリエンス、成長への準備を整えました。

行動計画は、アプリケーション管理サービスとアプリケーションのパフォーマンスを安定させることから始まりました。次に、アーキテクチャーのエンドツーエンドの評価とアーキテクチャーの設計の見直しが行われました。これらの変革的なステップにより、よりユーザーが使いやすいジャーニーと顧客エクスペリエンスの向上、およびサイトパフォーマンスのレポートの改善が実現しました。

「IBMから多くのサポートを受けたことで、アプリケーションの安定性が向上しました」とBhatia氏は言います。「彼らは、アーキテクチャー、ウェブ開発、バックエンド開発を助けてくれました。また、コードベースのクリーンアップ、サードパーティー向けのAPIラッパーの作成、サーキットブレーカーの実装、コンテナ化への移行も支援してくれました。」

IBMコンサルティングは、サーバーレス・テクノロジーや、リソースをより効率的に使用する他のテクノロジー(Quarkusを含む)などの重点的なソリューションを使用して、アーキテクチャーのスケーラビリティーに取り組みました。IBMは、従来のソリューションから、適切なクラウドサービスへの移行も支援しました。

Kotak Cherryプラットフォームは100%AWSクラウド上で動作します。「IBMはアーキテクチャーに関する優れた知識を持っており、デリバリーチームは適切なリソースをもたらしてくれることがわかりました」とBhatia氏は言います。「課題に直面すると、私たちはIBMがその課題を克服し、ビジネスチームをサポートしてくれると信じていました。」

安定したウェブサイトのパフォーマンスとページ間のスムーズな遷移が提供できたことで、Cherryは顧客の定着率を高めています。「今後は、プラットフォームに新しい製品を追加し続けることができます」と同氏。「これにより、顧客は当社のプラットフォームの完全なマルチアセットのメリットを享受できるようになります。」

ビジネスの成長に備えるため、Kotak CherryはDevOpsやマイクロサービスベースのアーキテクチャーなどのデジタル技術を採用し、弾力性、レジリエンス、ハイパースケーラーの需要に対応できるようにしました。「私たちは今、拡張性に関してIBMチームと協力しています」とBhatia氏は言います。「ですから、トラフィックが今の10倍になっても、私たちのシステムは負荷を確実に管理できるようになるでしょう。」

テクノロジーは非常に速いペースで変化しているので、IBMにグローバルなリソースプールがあり、常に問題を解決してくれる人材が揃っていることに感謝しています。 Rohit Murarka 最高業務責任者 Kotak Cherry
スタートアップ企業のスピードと俊敏性で仕事をする

Kotak Cherryの親会社であるKotak Investment Advisors Ltd.は、70,000名を超える従業員を抱えるインド最大かつ最も有名な金融会社の1つです。大企業のスタートアップ子会社として運営しているCherryは、Kotakのブランド名とリソースを自社の迅速かつ機敏な起業家的マインドセットと組み合わせることで、チームは新しいテクノロジーを実験し、新たなアイデアを適応させて、成長する顧客ベースにサービスを提供しています。「私たちはより大きな組織の一員であるにもかかわらず、フィンテックのように働いています」とBhatia氏。

社内では、Cherryデジタルプラットフォームの成長が大きな反響を呼んでいます。「既存企業は新時代のテクノロジー企業に挑戦状をたたきつけられているのです」とMurarka氏は言います。「Kotak Cherryは、デジタル・ファーストのスタートアップ企業のように競う方法を示しています。」

インドの個人投資市場で成長する準備は万端

安定性を確保するためにデジタルプラットフォームを再設計して以来、Cherryはパフォーマンスが大幅に向上しました。2023年3月現在の実績は以下のとおりです。 

  • サイトの停止を排除し、100%のアップタイムを実現
  • 創業以来サービスチケットを99%削減 
  • 1 日あたり2,000人の新規顧客のオンボーディングを可能に

 

「当社のサイトのパフォーマンスは以前よりもはるかに良くなっていて、製品も期待どおりに機能しています」とMurarka氏。「Kotak Cherryアプリを積極的に宣伝して以来、300万件を超える新規ダウンロードがあり、新規登録数は非常に順調に増加しています。」

AWSクラウドベースのCherryプラットフォームの安定性が保証されているため、Cherryは急速な成長に対応する拡張性を備えています。「当社は過去数年間で急速な成長を遂げましたが、当社の市場浸透レベルは依然として低い状態です」とBhatia氏は言います。

「インドの個人所得が伸びている今、当社にはまだまだ伸びしろがあります」とMurarka氏。「現在、アーキテクチャーの改善が行われている当社はこのサイクルからメリットを得るのに有利な立場にありますから、桁違いの成長を遂げることができるでしょう。」 

 

詳細については、IBM KotakアカウントのリードアカウントパートナーであるRupal Pandyaまでお問い合わせください。

Kotakのロゴ
Kotak Cherryについて 

2020年にスタートしたKotak Cherry (ibm.com外部リンク)は、インドの個人投資家が株式や債券、その他多くの資産を購入するためのワンストップ・プラットフォームです。Cherryはまた、顧客の投資の旅を支援するツール、ニュース、洞察を提供し、さまざまな資産クラスで57億米ドル以上の取引を調達、管理、または助言しているKotak Investment Advisors Ltd.の一部です。

次へ:
ケーススタディPDFを表示する Air India

クラウド接続を実現

お客様事例はこちら
Coca-Cola社

ミッションクリティカルなワークロードをクラウドに移行

お客様事例はこちら
Bouygues Telecom

AWS上でAIを拡張し、迅速なイノベーションを実現

お客様事例はこちら
脚注

© Copyright IBM Corporation 2023. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2023年3月、米国で作成。

IBM、IBMのロゴ、IBM Cloud、IBM Consultingは、米国およびその他の国々におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM 商標の最新リストは、ibm.com/trademark で入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって異なりますので、一般的に期待される結果を提供することはできません。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。