ホーム ケーススタディ Iptor Sweden AB社 いつでもどこでもサプライチェーンの課題を解決
Iptor社は、IBM Power Virtual Serverを活用して、リモートワーカー向けのERPをサポートしています。
窓の前の机の上のノートパソコンで作業する家にいる男性

人々の働き方は変化しています。パンデミックにより、多くの仕事はオフィスから十分離れた場所でも完璧に遂行できることが明らかになりましたが、それは従業員に適切なツールが与えられた場合に限ります。企業は、いつでもどこでも仕事ができるように、最も重要な業務運営をサポートしてくれるソフトウェア・ベンダーに注目しています。

エンタープライズ・リソース・プランニング、サプライチェーン・マネジメント、プランニング、ロジスティクスのソフトウェアとサービスのリーダーである「Iptor Sweden AB」は、この課題に立ち向かう決意を固めています。同社は、お客様のビジネスを支える存在であり続けるためには、お客様と共に進化するのではなく、先に進化する必要があることを認識していました。

Iptor社の最高マーケティング・製品責任者兼マネージング・パートナーであるChristopher Catterfeld氏は、次のように説明しています。「新型コロナウイルス感染症の大流行で初めて、ITスタッフが自宅に閉じこもり、現場での実装やVPNに依存したサービスの脆弱性が明らかになりました。私たちは、お客様が競争力を維持できるようにするには、ERP とサプライチェーン・ソフトウェアにもっと簡単にアクセスできるようにする必要があることに気づきました。」

Iptor 社は、クラウド配信モデルを採用することで、自社のサービスを将来にわたって保証できるチャンスがあると考えました。この動きにより、同社は複雑さを増すことなく、お客様にさらなる機敏性と独立性を提供できるようになる。

「私たちのビジョンは、お客様がブラウザを介して、いつでもどこでも当社の柔軟でスケーラブルなサプライチェーン ERP ソフトウェアにアクセスできるようにすることでした。」と、 Catterfeld 氏は言います。「私たちは、従業員の学習曲線を最小限に抑え、従業員側の努力なしで継続的に価値を提供できるようにしたいと考えていました。」

インフラストラクチャーのコストを削減


Iptor 社は IBM Power Virtual Server を使用して IT インフラストラクチャー支出を最大80%削減

迅速なオンボーディング


2日ではなく1時間で、新規顧客のオンボーディングを可能にします

IT インフラストラクチャーへの投資を最大 80% 削減し、その管理に費やす時間を大幅に削減しました。IBM Power および Red Hat テクノロジーを通じて得られるエンドツーエンドの自動化およびオーケストレーション機能は、非常に優れています。 Christopher Catterfeld Chief Marketing and Product Officer and Managing Partner Iptor Sweden AB
クラウドを活用して飛躍

真のクラウド配信モデルへの移行を支えるために、Iptor 社は堅牢で信頼性の高いインフラストラクチャー・プラットフォームを探し始めました。同社は、インフラリソースを迅速かつコスト効率よく拡張するために、 Red Hat® Enterprise Linux® オペレーティングシステムを実行する IBM® Power® Systems Virtual Server を選択しました。クラウド機能を拡張する Iptor 社は、クラウドネイティブなアプリケーション開発のプラットフォームを提供するためにRed Hat OpenShiftを選択しました。

「私たちの優先事項は、グローバルな可用性、遅延や帯域幅の問題がないこと、高度なセキュリティー、そして実績のあるパートナーであることでした。」と、Catterfeldは振り返ります。「IBMは、これらすべて、そしてそれ以上のことを実現しています。IBM Power上で動作するようにアプリケーションを構築したのは、このプラットフォームが最も大量のトランザクションを処理できるからです。」

同氏は、さらに次のように続けています。「IBM Power Systems Virtual Server は、現在オンプレミスとオフプレミスの両方で、クライアントに愛され信頼されるようになった同じアーキテクチャーの利点を提供します。さらに、この製品では IBM Cloud のリソースとカタログへのアクセスが提供されるため、お客様の需要に合わせて簡単にスケールアップおよびスケールアウトできます。」

Iptor 社は IBM の支援を受けて、顧客が独自の条件でクラウドベースの機能を利用できるように、柔軟な API を備えたクラウド・インフラストラクチャーを構築しました。Iptor 社と IBM チームは、最初の顧客を新しいインフラストラクチャーに導入し、エッジコンピューティングの開拓を含む強力なエンゲージメントを構築しました。

「多くの人がデータセンターのホスティング・サービスと真のクラウドの違いを過小評価しています。」と、Catterfeld 氏は言います。「たとえば、お客様が何かを印刷したい場合はどうなりますか?IBM は、このような課題を解決するためにエッジコンピューティングを適用することを支援してくれたので、VPN を介したサービスへの接続が制限されることを回避できました。」

重要なのは、IBM Power Systems Virtual Server が提供する組み込みセキュリティーにより、Iptor はデータ保護を損なうことなくサービスへのアクセス性を高めることができます。

「IBM Power と Red Hat Enterprise Linux テクノロジーを利用して、スタックのすべての層にセキュリティーを組み込みました・」と、Catterfeld 氏はコメントしています。「ユーザーは、二要素認証によって承認されていることを確認することで、任意のブラウザーまたはデバイスを介して、当社のサービスにアクセスできます。IBMは現在、私たちと協力して製薬会社の顧客向けのデータ隠匿サービスに集中的に取り組んでいます。」

IBM の協力を得て、私たちのソリューション提供を適応させることで飛躍的に前進し、急速に変化するサプライチェーン、製薬、ヘルスケア、出版業界の企業に理想的に適合できるようにしました。 Christopher Catterfeld Chief Marketing and Product Officer and Managing Partner Iptor Sweden AB
インパクトを与える

Iptor 社は、IBM 技術に基づいた真にグローバルなサービスを提供できるようになり、お客様が世界のどこにいても一貫したエクスペリエンスを提供できるようになりました。同社は、新しい市場におけるサプライチェーンの複雑な課題を解決することで競争力を拡大しています。

「IBM Power Systems Virtual Server を使用することで、どこにいても同じ素晴らしいレベルのサービスを顧客に提供できます。」と、Catterfeld 氏は言います。「柔軟な IBM テクノロジーのサポートにより、私たちは継続的な導入モードに移行しました。その結果、お客様は常に最新かつ最高のソフトウェアを使用でき、簡単にスケールアップできます。」

内部的には、Iptor 社は IBM ソリューションを使用して新たな効率性を実現しています。たとえば、同社は IT インフラストラクチャーへの支出を大幅に削減し、管理プロセスを合理化しました。

「私たちにとって、IBM テクノロジーは常に安定性を象徴してきました。」と Catterfeld 氏は付け加えます。「IBM Power Systems Virtual Server を使用することで、お客様はクラウドで提供される製品の利便性とともにその安定性を活用できるようになります。同時に、IT インフラストラクチャーへの投資を最大 80% 削減し、その管理に費やす時間を大幅に削減しました。IBM Power および Red Hat テクノロジーを通じて得られるエンドツーエンドの自動化およびオーケストレーション機能は、本当に優れています。」

クラウド配信モデルを備えたプロバイダーへの進化において IBM と協力して、Iptor 社は業界の最前線での地位を強化しました。お客様のニーズを予測し、迅速に対応することで、同社は長期的な成功に投資しています。

Catterfeld 氏は次のように結論付けています。「お客様の成長を可能にするためには、市場の変化に迅速に適応する必要があります。IBMの協力を得て、当社のソリューション提供を適応させることで飛躍的に前進し、急速に変化するサプライチェーン、製薬、ヘルスケア、出版業界の企業に最適なものとなるようにしました。」

Iptor Sweden ABのロゴ
Iptor Sweden ABについて

Iptor(リンクはibm.comの外にあります)社は、エンタープライズ・リソース・プランニング、サプライチェーン・マネージメント、プランニング、ロジスティクス・ソフトウェアとサービスの国際的リーダーです。同社は、流通に重点を置いた組織が複雑な注文管理と履行の課題に対する革新的なソリューションを見つけられるよう支援することに特化しています。Iptor社は、40か国以上で1,250社の顧客にサービスを提供し、技術卸売、製薬、出版分野の企業に魅力的な価値を提供しています。

次へ:
お客様事例はこちら IBM Power Systems Virtual Serverの詳細については、こちらをご覧ください。 詳細はこちら FNZ社は、IBM Power Virtual Serverを活用して、ソフトウェアのテスト手法をアップグレードしています。 お客様事例はこちら Power Systems エンタープライズ・ワークロード向けに柔軟で安全かつスケーラブルなコンピューティング能力をプロビジョニング IBM Cloudのカタログはこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021.IBM Corporation, IBM Systems, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

米国で製作、2021年9月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Powerは、世界中の多くの管轄区で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade。

登録商標「Linux」は、世界範囲における本商標の所有者であるLinus Torvalds氏の独占的ライセンス所有者であるLinux Foundationから提供されたサブライセンスに基づき使用されています。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。