人の働き方は変化しています。パンデミックによって、多くの仕事はオフィスから離れても問題なく遂行できることが明らかになりました。しかし、それは従業員に適切なツールが与えられた場合に限られます。企業は、最も重要な事業運営をサポートし、いつでもどこでも作業できるようにするソフトウェア・ベンダーに注目しています。

Iptor Sweden ABは、エンタープライズ・リソース・プランニング、サプライチェーン・マネジメント、計画立案とロジスティクス用のソフトウェアおよびサービスにおけるリーダーとして、この課題に立ち向かおうと決意しています。同社は、顧客のビジネスを可能にする存在であり続けるためには、顧客とともにではなく、顧客に先んじて進化する必要があると認識していました。

Iptor社の最高マーケティング・製品責任者兼マネージング・パートナーのChristopher Catterfeld氏は、次のように説明します。「新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、初めて、ITスタッフが自宅に閉じ込められ、オンサイトの実装やVPNに依存して機能するサービスの脆弱性が明らかになりました。私たちは、お客様が競争力を維持できるようにするには、ERPとサプライチェーン・ソフトウェアをより簡単に利用できるようにする必要があることに気付きました」

Iptor社はクラウド・デリバリー・モデルを採用することで、自社の事業展開を将来的に保証できると確信しました。これにより、同社は複雑さを増すことなく、顧客により大きな俊敏性と独立性を提供できるようになります。

「私たちのビジョンは、柔軟でスケーラブルなサプライ チェーンERPソフトウェアに、お客様がいつでもどこでもブラウザーでアクセスできるようにすることでした」と Catterfeld氏は言います。「私たちは、従業員の学習曲線を最小限に抑えると同時に、お客様にご負担をおかけせずに継続的に価値を提供できるようにしたいと考えていました」

IBM Power Virtual Serverにより、Iptor社はITインフラストラクチャーによる支出を最大で

80%

削減しています

新規顧客のオンボーディング時間はわずか

1時間

2日ではありません

クラウドで飛躍

真のクラウド・デリバリー・モデルへの移行を支えるために、Iptor社は堅牢で信頼性の高いインフラストラクチャー・プラットフォームの選定に着手しました。同社は、Red Hat® Enterprise Linux®オペレーティング・システムを実行するIBM® Power® Systems Virtual Serverを選択して、インフラストラクチャー・リソースを迅速かつ費用対効果の高い方法で拡張しました。クラウド機能を拡張するために、Iptor社はクラウドネイティブ・アプリケーション開発用のプラットフォームを提供するRed Hat OpenShiftを選択しました。

「当社の優先事項には、グローバルな可用性、遅延や帯域幅問題の解決、高いセキュリティーに加えて、実績のあるパートナーを必要としていました」とCatterfeld氏は振り返ります。「IBM は、これらすべての問題を解決しただけでなく、期待を超える結果を提供してくれます。このプラットフォームは最大のトランザクション量を処理できるため、IBM Powerで実行するようにアプリケーションを構築しました」

同氏はさらに、「IBM Power Systems Virtual Serverは、これまでクライアントからご愛顧とご信頼を頂いてきた同アーキテクチャーの利点を、今ではオンプレミスとオフプレミスの両方で提供しています。その上、このオファリングではIBM Cloudのリソースとカタログへのアクセスも可能となるため、お客様の需要に合わせて簡単にスケールアップすることもスケールアウトすることもできます」と言います。

Iptor社は、IBMの支援を受けて、柔軟なAPIを備えたクラウド・インフラストラクチャーを構築し、顧客がクラウド・ベースの機能を独自の条件で利用できるようにしました。Iptor社とIBMのチームは、最初のお客様を新しいインフラストラクチャーにオンボーディングし、エッジコンピューティングの調査を含む強力なエンゲージメントを構築しました。

「多くの人が、データセンターのホスティング・サービスと真のクラウドの違いを過小評価しています」とCatterfeld氏は言います。「例えば、お客様が何かを印刷したい場合はどうなりますか?IBMは、エッジコンピューティングを適用してこのような課題を解決できるよう支援してくれましたので、VPN経由での当社サービスへの接続の制限を避けることができました」

重要なポイントとして、IBM Power Systems Virtual Serverにはセキュリティー機能が組み込まれているため、Iptor社はデータ保護を犠牲にすることなく、サービスへのアクセシビリティーを向上させることができます。

Catterfeld氏は、「IBM PowerとRed Hat Enterprise Linuxテクノロジーにより、スタックのすべてのレイヤーにセキュリティーを導入しました。ユーザーは、承認されていることを保証する2要素認証を使用して、お好みのブラウザーやデバイスから当社のサービスにアクセスできます。IBMは現在、私たちとともに製薬業界のクライアント向けのデータ隠蔽サービスに集中的に取り組んでくれています」と述べています。

机に向かってノートPCに向かう女性の高角度の写真

インパクトを与える

Iptor社は、IBMテクノロジーをベースとする真にグローバルな製品をお届けできるようになり、世界中のお客様に一貫したエクスペリエンスを提供できるようになりました。同社は、新しい市場での複雑なサプライチェーンの課題を解決することで、競争力を拡大しています。

「IBM Power Systems Virtual Serverのおかげで、世界中のどのお客様にも同じレベルの優れたサービスを提供しています」とCatterfeld氏は語ります。「フレキシブルなIBMのテクノロジーに支えられて、当社は継続的なデプロイメント・モードに移行しました。その結果、お客様は常に最新かつ最高のソフトウェアを利用でき、簡単にスケールアップできるようになっています」

IBMのソリューションは、Iptor社内の業務効率向上にも貢献しています。例えば、同社は ITインフラストラクチャーへの支出を大幅に削減し、管理プロセスを合理化しました。

「当社にとって、IBMのテクノロジーは安定性の象徴です」とCatterfeld 氏は付言します。「IBM Power Systems Virtual Serverを使用することで、お客様はクラウド提供の利便性とともにその安定性を利用できるようになります。同時に、ITインフラストラクチャーへの投資を最大80%削減し、その管理に費やす時間を大幅に削減しました。IBM PowerとRed Hatテクノロジーによって得られるエンドツーエンドの自動化とオーケストレーション機能は、本当に優れています」

Iptor社はIBMとの協業によりクラウド・デリバリー・モデルを備えたプロバイダーに進化することで、業界の最前線での地位を強化しました。お客様のニーズを予測し、迅速に対応することで、同社は長期的な成功に投資しています。

Catterfeld 氏はこう締めくくります。「お客様の成長を可能にするためには、私たちが市場の変化に迅速に適応する必要があります。当社はIBMの支援により飛躍的な進歩を遂げ、急速に変化するサプライ チェーン、製薬、ヘルスケア、出版の各業界の企業にとって理想的なソリューションを提供できるようになりました」

Iptor Sweden AB logoのロゴ

Iptor Sweden ABについて

Iptor社(ibm.comの外部リンク)は、エンタープライズ・リソース・プランニング、サプライチェーン・マネジメント、計画立案とロジスティクス用のソフトウェアおよびサービスにおける国際的なリーダーです。同社は、流通に重点を置いた組織が複雑な注文管理とフルフィルメントの課題に対する革新的なソリューションを見つけるのを支援することを専門としています。Iptor社は、40か国以上で1,250ものお客様にサービスを提供し、技術職の取次業、製薬、出版部門のエンタープライズのお客様に魅力的な価値を提供しています。

製品・サービス

IBM® Power® Systems Virtual Server
Red Hat® Enterprise Linux
Red Hat OpenShift®

© Copyright IBM Corporation 2021 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2021年9月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびPowerは、米国やその他の国におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。 他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、Webサイト "Copyright and trademark information"(https://www.ibm.com/legal/copytrade)をご覧ください。

登録商標Linux®は、マークの所有者であるLinus Torvalds氏の独占的ライセンシーであるLinux Foundationからのサブライセンスに従い世界中で使用されています。

本資料は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。IBM 以外の製品とプログラムの操作またはサービスの評価および検証は、お客様の責任で行っていただきます。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティーの実施について: ITシステム・セキュリティーでは、エンタープライズ内外からの不正アクセスに対して防止、検出、対応を行い、システムや情報を保護することが求められます。深刻なネットワーク障害を経験した後、トルコのIsbank社は、ビジネスのレジリエンシーを確保するために自社のサーバー、アプリケーション、データを新しいデータセンターに移行する必要があり、移行中のネットワーク運用は継続する必要がありました。完全に安全と見なすことができる IT システムまたは IT 製品は存在せず、また単一の製品またはセキュリティー対策が、不正アクセスを防止する上で、完全に有効となることもありません。IBM のシステムおよび製品は、包括的なセキュリティーの取り組みの一部となるように設計されており、これらには必ず追加の運用手順が伴います。また、最高の効果を得るために、他のシステム、製品、またはサービスを必要とする場合があります。IBM は、何者かの悪意のある行為または違法行為によって、システム、製品、またはサービスのいずれも影響を受けないこと、またはお客様の企業がそれらの行為によって影響を受けないことを保証するものではありません。