iFarming
より多くの作物を。より少ない水で。より良い惑星のために。
ブドウ園で育つ紫色のブドウの接写

農家の水の使用量を減らすために、スタートアップ企業のiFarmingは新しいスマート灌漑ソリューションを開発しました。このプラットフォームは、IBM Watson®およびIBM Cloud®テクノロジーにサポートされており、IoTセンサー・データを使用して水供給のニーズを予測し、リアルタイムで灌漑を制御し、作物の成長や地元の気象に基づいて水位を調整します。

ビジネス上の課題

地域の干ばつに関する懸念に対処するために、iFarmingは、地元の農場が水の使用量をより適切に管理できるように支援し、計画された作物を地域当局が地域の気候に合わせてより適切にマッピングできるようにしたいと考えました。

変換

iFarmingは、IBM®テクノロジーを使用して、IoTセンサーから大量のデータをプルするスマート灌漑アプリを開発しました。これにより、農業手法を改善し、作物用の水の需要をより正確に予測し、過剰な水の供給を回避できるようになりました。

結果 灌漑の取り組みを植物の需要とより適切に調整することにより
40%の節水を実現
灌漑用に平均して25%のコスト削減と
併せて30%の生産性向上を実現
スケーラブルなオープンソースのクラウド・プラットフォームを使用して
柔軟性を向上
ビジネス上の課題の詳細
成長期

大部分が水で構成される地球にとって、水分補給を維持する取り組みは驚くほど困難です。植物は複雑な根系を発達させます。動物は一般的な水たまりの周りに局在します。そして太古の昔から、人類は主要な水源とともに社会を築き、これらの自然の湖や川から使用可能な水を家庭や畑に移送する技術を開発してきました。

しかし、地球の気温が上昇し、平均降水量が減少すると、これらの取り組みはすぐに不十分だと判明する可能性があります。

「最近、地中海諸国のすべてにとって、それは非常に困難な課題になっています」と、IBMビジネス・パートナーであり、欧州の多くのテクノロジー・ビジネスの親会社であるSofia Holdingの共同創設者であるAmine Lasramは説明します。「この地域ではここ5年間で降雨量が減少しており、人々は本当に苦しんでいます。そして、私たちの水使用量の約70パーセントは農業に使われています。」

このような高い需要と低い供給により、地中海全域の農家は水の無駄遣いをなくすというプレッシャーの増大に直面しています。そしてSofiaは、それを支援するのに最適な立場にあると信じていました。

すでに医療や自動車産業で活躍していた同社は、ITとモノのインターネット(IoT)の進歩を農業コミュニティーへの支援に再利用する方法を模索し始めました。その探求がiFarmingの設立につながりました。

「欧州では農業は大きなビジネスです」とLasramは詳しく説明します。「そして、iFarmingにより、この地域にスマート農業をもたらすことができます。」

アーモンド、オリーブ、オレンジのいずれを栽培している場合でも、平均的なユーザーは水の使用量を40%削減できています。 Amine Lasram Co-Founder Sofia Holding
概要と経緯の詳細
人工知能、IoT、そして水

新しいビジネスでは、最初の製品サービスとして、農家が植物の健康状態と灌漑のニーズをリアルタイムで監視できるようにするスマート灌漑プラットフォーム、Phyt’Eauを開発しました。Watson™テクノロジーを搭載したこのソリューションは、作物の性質、成長レベル、現在および予測される気象パターンに基づいて的を絞った水の供給の推奨を行うことができ、農家が水のやりすぎや水不足を避けるのに役立ちます。

「重要なのは水の使用量を減らすことです」とLasramは付け加えます。「私たちは各植物のストレス・ポイントを追跡し、水が必要かどうかを農家に伝えます。そして、ソフトウェアが灌漑システムと連携できていれば、コマンドを自動的に送信できます。」

IBMクラウド 環境でホストされ、 IBM Watson IoT® Platformで構築されたPhyt'Eauソリューションは、監視対象の田畑全体に設置されたセンサーや、IBM事業体の一社である The Weather Companyから気温と気圧のデータを積極的にプルします。このソリューションは、この情報の流れとIBMが提供する7日間の気象予測を利用して、各植物のストレス・ポイントを30分ごとに計算し、対応する水の供給の推奨事項を作成できます。

他のクラウド・プラットフォームも検討しましたが、他のクラウド・プラットフォームには同じサポートがありませんでした。IBMでは、クラウドを手に入れるだけでなく、人材も手に入れることができます。 Amine Lasram` Co-Founder Sofia Holding
成果の詳細
より少ない水。より少ない無駄遣い。

Phyt’Eauはすでにチュニジアとフランスの農場に展開されており、顕著な影響を与えています。

「アーモンド、オリーブ、オレンジのいずれを栽培している場合でも、平均的なユーザーは水の使用量を40%削減できました。そして、私たちはここフランスのゴルフコースでPhyt’Eauを使用しました。同システムは、彼らに30%の節水を提供できました。」

この水使用量の削減により、全体的な灌漑コストが25%削減され、農業活動の生産性が平均30%向上します。

iFarmingは、この節約に加えて、IBMから受けている継続的なレベルのサポートにも満足しています。「他のクラウド・プラットフォームも検討しましたが、他のクラウド・プラットフォームでは同じサポートがありませんでした。IBMでは、クラウドを手に入れるだけでなく、人材も手に入れることができます。当社は小さな会社ですが、契約した瞬間からフィードバックをくれて、「なぜそのようにしているのですか?また、これを試してみませんか?と尋ねてくれました。本当に助かりました。」

iFarmingがPhyt'Eauの実績を高め、より充実したコグニティブ・スキルを構築するのをさらに支援するため、IBMは同社にIBM Scale Zoneプログラムへのアクセスも提供しました。これは、スタートアップ企業を可能性のある大規模なクライアントにつなげるというIBMが推進する協力的な取り組みです。

「このように、IBMと提携できることを非常にうれしく思います」とLasramは締めくくりました。「これを他社と一緒にやっていたら、完全に違ったものになっていたでしょう。当社はその会社のアーキテクチャの推奨事項に従わなければならないからです。しかし、IBMが提供するのはオープンソースです。すべてを希望どおりにカスタマイズでき、IBMのセキュリティーとスケーラビリティーのメリットを利用することができます。」

iFarmingのロゴ
iFarmingについて

2017年に設立されたiFarming (リンクはibm.comの外部にあります)は、Sofia Holdingグループの一部です。この企業は、AIとIoTテクノロジーを日常の農業に組み込んで、農業業界の近代化に焦点を当てたソリューションを開発しています。この組織は現在チュニジアに本部を置き、フランスにも追加の事務所を置いています。

The Weather Company

IBM事業体の一社であるThe Weather Companyは、毎日250億を超えるパーソナライズされた実用的な予測を世界中で数百万の消費者、数千のマーケティング担当者や企業に提供しています。これは、WeatherのAPI、同社のビジネス・ソリューション部門、および The Weather Channel(リンクはibm.comの外にあります)と Weather Underground(リンクはibm.comの外にあります)のデジタル製品を通じて達成されます。同社の製品には、世界で最もダウンロードされている気象アプリ、25万カ所の個人用気象観測所のネットワーク、全米トップ20に入るウェブサイト、世界最大級のIoTデータ・プラットフォーム、業界をリードするビジネス・ソリューションなどがあります。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせください。

他の事例を見る IBMへのお問い合わせ
法務

© Copyright IBM Corporation 2019.IBM Corporation, IBM Watson, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2019年9月、米国で作成。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、IBM Watson、WatsonおよびWatson IoTはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。